14727507 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ろー・ふぁーむ・かるぴお by pridegreen

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


pridegreen

Calendar

Free Space


スキマ時間でお小遣いを稼ごう!

ポイントサイト

{ モバトク - MOBATOKU - }



★ 業界最高水準のポイント還元率! ★


初心者でも
★ カンタンにポイントが貯まる! ★


★ 会員数100万人以上が ★
利用しているから安心!


貯めたポイントは
★ 現金やAmazonギフト券に ★
交換できる!




モバトクで

♪ポイントを貯める方法はたくさん♪




◆無料ゲーム◆

ゲームで遊ぶだけでポイントが貯まる!

条件をクリアすると
ボーナスポイントがもらえる★



◆アンケート回答◆

カンタンな質問に答えるだけで
ポイントGETできる!



◆広告クリック◆

バナーをクリックするだけで
ポイントが貯まる!

毎日ポイントがもらえる
ラッキーコンテンツ♪



◆無料の会員登録やカード発行◆

無料でできる広告がたくさん!
種類も豊富!

色々試してみよう★




貯めたポイントは

現金やAmazonギフト券、
iTunesCardに交換できる!

ポイント交換先もたくさんあるから便利♪




▼▽▼登録はカンタン1分!▼▽▼

さっそくお小遣いを稼ごう!

http://pc.mtoku.jp/lp/startup/?f=rbf&u=1286581
2021.10.15
XML
カテゴリ:今日のカープ
昨日は本業で遅くなってしまい,帰途につくころには試合が終わってしまっていた。したがって文字列でしか見ていない。それに,帰宅して一息ついたころには23時を過ぎていたので,PCの前に座って雑文ものす気にもならず,結果的に更新をサボった。まあ,別に更新しようとすまいとだれも困らないのであるから,それでよい。ただ,書きたいことは結構あったので,まとめてものしてみる。

まず昨日の試合について。よく勝ったと思う。選手によくモラールが残っていたと思う。なんせ一昨日のあのほんと八百長まがいのバカオカの試合運びは選手のモラールを地の果てまで落とすには十分だと思っていたから,まあ無理だろうと考えていた。それを打破したのは何だったのだろうか。私にはわからないが,まあ可能な限り上の順位にチャレンジせんとする心意気が残っているのだと善意に解釈したい。あるいは,戦力外通告を受けた同郷同学年の今村の分までという大瀬良の思いがチーム全体に通じたのか。

その戦力外通告だが,私は二つ物言いをしたい。まずは今村に対する鈴木清明のことば。本当にハジメと一緒にこいつもまとめてどつきちゃんちゃこしてやりたくなった。冷淡,そして他人事。意訳したら「やりたければどこにでも行けば?」ということである。チームを焦土と化した野村謙二郎の時代から三連覇の栄光の時代までチームを支えた功労者に対する労い,感謝の意が全くない。ふざけるなといいたい。

そして二年で戦力外となった鈴木寛人。彼はカープのヘボコーチに壊された犠牲者である。彼ほどの素質を持ったピッチャーがわずか2年で現役を終えたことへの怒りが収まらない。これはもう彼にかかわったコーチ,監督全員クビにならないとおかしいほどの失態である。しかし,来年ものうのうとコーチやるんだろう。まったく許せない。

もの知らぬ自称カープファンや現体制絶対護持派の岩盤層のあほうどもは二言目には「育成のカープ」というが,鈴木寛人はそれが嘘っぱちであることを知らしめた生き証人である。育成能力がないからこういう事態が起こる。その育成能力のなさの根幹は,畢竟コーチが全部だめだめだからということに尽きる。これは一二軍,そして投手野手を問わず,お前らに何ができると言ってやりたい。できるというなら成果を示してみろってんだ。え?森下?栗林?誠也?まさか。

その意味では,方向性に疑問視はしたものの一昨年の1巡目指名に森下,昨年の1巡目指名に栗林という完成度の高い投手の一本釣りをしたということは,ある意味正しいこととなる。そう,素材型をとってもヘボコーチが全部壊してしまうから。そして今年は投手だけでなく野手でも中村,末包というこれも社会人で完成された大物打ちを獲得したということは,「育成のカープ」なる看板は嘘でしたと先行自白しているのに等しいといってよいのではないか。

そんな中,ジャイアンツは今日も負けて9連敗となった。これでゲーム差は4。明日は直接対決があって,さらに残り試合が4試合多いことを考えれば,明日の結果いかんではもっと詰められることも可能になるのだ。もちろんカープの逆転CSの可能性は霧の彼方からうすぼんやりと靄がかかって見える程度になったくらいであるが,こうなったら最後まであきらめずに戦ってほしいところではあるし,ジャイアンツの現状はみるからに非常に悪いから,もしやもしやにひかされるところだ。しかし,そうなると絶対にありえない佐々岡続投にお墨付きを与えようとするアンポンタンが跋扈しかねないのは,あじきなきことである。

何があろうと佐々岡続投はあり得ない。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021.10.15 21:45:16
コメント(6) | コメントを書く
[今日のカープ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.