2007.08.28

総力戦引き分け…流れを呼んだストレート

(5)
カテゴリ:今日のカープ
先のジャイアンツ戦で不始末を演じた投手陣が踏ん張ったことは評価すべきだろうと思う。なにより,タイガースに与えたダメージは大きいと思う。あちらさんだって絶対に勝たねばならぬ試合。それを,JFK,しかも藤川を引っ張ってまで勝ちに行ったのにサヨナラに結びつけられそうなチャンスすら作らせなかった。これで,やっぱりカープとはやりにくいという潜在意識を持ってくれれば,少なくとも明日明後日の試合に与える影響は大きいと思う。

先発した小山田。正直言って,3回の時点ではもう終戦のサイレンが鳴りかけたかと思った。ところが,そこであがいていた中で,ほとんどやけくそで投げたストレートが思った以上の威力を発揮した。これに目をつけて,140km台後半のスピードがあるストレートと変化球のコンビネーションを一瞬にして作り上げた倉のインサイドワークはやはり素晴らしいといわざるを得ない。もちろん,はっきり言ってタイガースの打線が振れていないことは一応割り引く必要はあるだろうけれども。

ただ,3回裏の3点も梵が取れそうな当たりを抜かせてしまい,廣瀬のレーザービームを倉が落球し,挙げ句前進守備で正面のセカンドゴロを山崎がこぼしたというミスの3連発の結果ではある。それがなければ果たしてどうなっていたか・・・


一方,攻撃陣。機能したのは4回表だけではどうしようもない。あれだって,ツーシーム系のボールを捨ててかかっただけで能見がすっかり馬脚を現してしまったおかげなのであって,もう少しまともなピッチャーが投げていたらそのままひねられていたかもしれない。相も変わらぬ終盤の詰めの甘さといい,もう少し何とかならないものかと思う。もちろん,1回表のディレイドスチールと,3点目のホームを踏んだ栗原の走塁は評価したい。逆に,タイガースは走塁,特にリードとか一歩目のスタートが全くなっていなかったがために,終盤のチャンスをつぶしてしまったのであって,これが結局この試合をの流れを決めてしまったのかもしれない。これは,今日のABCラジオ解説の福本豊氏がさんざんぼやいていたところであるが。

もちろん,今のカープは勝つことしか許されない状況なのであって,引き分けというのは負けが増えなかった以上の意味を持たないところではある。しかし,間違っても点をやれない展開でランナーこそ許したものの点を許しそうな気配を見せなかった流れを作れたことは,必ず明日以降の試合に繋がると思う。もちろん,

相手より1点でも多く点を取るということをもう少し真剣に追求してもらう必要はあると思うが。

そう言えば甲子園ではまだ負けていない。
bana

にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeople

↑ポチッと,クリックしていただけると励みになります。よろしくお願いします。






TWITTER

最終更新日  2007.08.28 23:14:31
コメント(5) | コメントを書く
[今日のカープ] カテゴリの最新記事