2020/02/23

醜悪な,あまりにも醜悪なReturns その8

カテゴリ:今日のカープ
サンフレッチェ快勝,カープもオープン戦連勝という日にこのシリーズを持ち込むのはいかがなものかと思ったのだが,やはりこれは今日書かずにはいられないと思ったので,敢えて今日認めることとする。サンフレとカープについては,明日天使さんと悪魔さんがまとめて解説をしてくれることになったので,それを乞うご期待ということにして。

既に報じられているとおり,今日はカープ球団が性懲りもなくチケット対策の一環として「抽選券」を配付したところである。こんなバカバカしいことをやる球団は本当に吐き気,いや怒りを覚えるところである。なんでも今年は20万枚以上準備しているから一度に来ないでねというアナウンスをしたとかで,昨年のようなバカバカしい狂騒曲はなかったようだが,それでも朝一番で1000人近くの人が詰めかけて,結局配布開始時間を前倒ししたらしい。

なんでもかんでも現体制を狂信的に支持する向きの見解をいちいちチェックするほど私も暇ではないので,そういう向きがこれについて何と言っているかは分からない。今年は球団の対策がうまくいったから混乱が起こらなかったんだなどともし嘯いているとしたら,本当に死んだ方がよいと思う。それはさておき。

今回の一連の報道で,もはや在広プレスは滅びた方がよいことがよく分かった。彼らはもはやプレスではない。カープ球団の広報でしかない。要するに存在価値を失ったということである。

彼らは,明らかにカープ球団の間違った運営の結果であるこの問題を,新型コロナウイルス対応の問題にすり変えた。まことに恥ずべきことである。そんなところが論点ではないのだ。カープ球団のチケットの売り捌き方や如何というのが本来の筋ではないか。それを追及するのが在広のファンに対する使命といってよいと思う。しかし,彼らはそれに対しては口を噤んでいる。だったらもうプレスとしての使命を終えたということだ。単なる球団広報だ。

そもそも,在広プレスなんて広島においては唾棄すべき利権屋に他ならない。「市民球場であるべき地」におけるイベント利権のために低脳らっきょ頭と連み,サンフレッチェのスタジアム構想を妨害し続けた下手人でもある。だから,カープ球団に不利益になるようなことなど書いたり報じたりできるわけがない。単なる宦官集団でしかないのだ。

今回の問題,いやカープ球団の抱えている問題の根っこにあるのは,畢竟カープ球団はハジメの私利私欲を満たすだけの存在でしかないということである。そのために都合に悪いものは暴力を使ってでも排除するというハジメの姿勢が全てなのである。だったら,ハジメをさも素晴らしいオーナーであるかのように祭り上げること自体悪質なプロパガンダといわざるを得ない。

要するに,これに対する批判的な視線を持てないようなカープファンサークルって,単なるカルトということなんだよね。狂信者の存在だけでも疎ましいのだが,それをプレスという権威で裏打ちするのは,犯罪的と言うべきではないか。

言いたいことは言わせてもらうよ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People

PVアクセスランキング にほんブログ村





TWITTER

Last updated  2020/02/23 09:12:19 PM
コメント(0) | コメントを書く