2021/05/13

死に体佐々岡,辞任は不可避。

(11)
カテゴリ:今日のカープ
昨日の記事をアップしてしばらく後に,佐々岡のとんでもない妄言がWEBで流れることとなった。それは燎原の火の如く瞬く間に広がり,当局が火消しに追われているところである。その内容はいうまでもない。昨日の2回表小園の送りバントの意図を問われて,次のとおり言ってしまったことである。

「二,三塁に進めれば,ことが起きる可能性がある。森下の打撃がいいし,状態のいいキクに得点圏に回って来るから」(下線は筆者)

これはもはや失言という域には収まらない。とんでもないアホバカ発言である。もはや佐々岡は野球の定石すら知らないということを満座に知らしめたのである。まあもうおおかたのカープファンはあきれ果て,あるいはこれを機に佐々岡を見切った向きが多いようだが,それでもなお狂信的な信者がいるので敢えて解説をしておきたい。

まず,いくら何でも小園と森下の打力を比べること自体あり得ない。これで小園が打てずに苦しんで言うならまだ話は別だが,ファームの盆暗コーチのせいで長打力こそ落ちているとはいえ目下絶好調である。普通は比較対象をして後者に賭けることなどあり得ない。この時点で佐々岡はもはや指揮官失格,直ちに身を退くべしという結論に至る。それでも百歩以上譲って走者を三塁に進める意味があるとするなら,森下にスクイズをさせるとか,意地でもゴロを打つバッティングをさせなければいけなかったのだ。しかし,結果はそうではない。よって,結果論から見ても愚策以上の評価は得られないのだ。

しかし,これはもう誰が見ても愚策と言うべき愚策である。そんなことをいくら智恵のない佐々岡といえどもやるだろうか。そしていかに智恵がなかろうとあんなバカにされること請け合いのことを言うだろうか。きっと佐々岡も苦しんでいるのではないかという善解もできる。なぜか。

結論から言う。きっと小園が活躍するのを快く思っていない向きが,当局にいるのだろう。そしてその中枢に近いか中枢そのものにいる人間が田中を猫かわいがりしているのだろう。要するに小園に成果を与えたくない,手柄を取らせたくないと思っている向きの声が大きいのだろう。そう考えれば,すべて分かる。

でも,だからといってあんなことを言っては駄目だろう。そういうことを言ってしまうということが佐々岡の管理職としての適性のなさの証明なのである。しょせんは,当局にしつけられた犬に如かずということだ。結局自らが如何に死に体であるかということを満座に知らしめただけなのである。要するに,辞任するしかないという結論に至る。

その意味では,昨日の結果は負けに等しいなんて甘いものではなく,下手な敗北よりも悪い手酷内容と結果だったといわざるを得ないのである。いくら佐々岡がオフェンスについては行為無能力者とはいえ,一軍の長である以上責任は負わねばならぬ。世が世なら切腹ものだ。もはや進退をもって責任を取らないという選択肢は,許されない。ありえない。

監督が佐々岡でなければならぬ必然性は,我々にはない。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村





TWITTER

Last updated  2021/05/13 08:48:12 PM
コメント(11) | コメントを書く