157661 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

商売繁盛!願望達成!!「右脳活性研究室」“高意識レベル・アカシック判定”簡単実践~S氏の証言より~

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


プリズム7502

Freepage List

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

gordon@ oCRNgbHEvsjCgp iDiZvL http://www.QS3PE5ZGdxC9IoVKTAPT2…
精力剤@ 精力剤 精力剤 精力剤 媚薬 ED薬 漢方薬 http…
farr@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
2009.10.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
インフルエンザと乳酸菌「1073R-1」



インフルエンザが、猛威を振るっていますが、ヨーグルトを食べるとウイルスの増殖を抑える!という朗報がニュースにありました。乳酸菌「1073R-1」を使ったヨーグルトを摂取すると、インフルエンザウイルスの増殖を抑えることが報告され、風邪をひく危険性も半減したという、朗報のニュースです。インターネットのニュースより


乳酸菌「1073R-1」を使ったヨーグルトを摂取すると、ウイルス感染した細胞を攻撃するナチュラルキラー(NK)細胞の働きを活発にし、インフルエンザウイルスの増殖を抑えることが15日、東京都内で開かれたセミナーで報告された。


北里大などによるマウス実験の結果で、このヨーグルトを食べると風邪をひく危険性も半減したという。研究チームは、1073R-1のヨーグルトをマウスに4週間与えたところ、NK細胞の働きがより活発になった。この乳酸菌が作る多糖体(EPS)を3週間与えても同様だった。


ヨーグルトやEPSを食べさせたマウスにインフルエンザウイルスを
感染させたところ、感染力のある肺の中のウイルス量が減った。さらに山形と佐賀県内の60歳以上の72人に、このヨーグルトを8週間と12週間食べてもらい、食べなかった70人と比べたところ食べた人は風邪をひく危険性が半減した。


北里大の山田陽城教授は「乳酸菌も粘膜免疫系などの活性化に働くなどして健康維持にかかわると推定される」と指摘した。


ヨーグルトにも色々な種類があるので、それは、どのヨーグルトなのか? 調べてみたのですが、以下の様な文章がありました。


この1073R-1はブルガリア菌で乳酸菌の一種ですが、ブルガリアヨーグルトのお客様センターに問い合わせたところ、この株を含んだ製品はまだ開発されていないということでした。あくまでも、ニュースでインフルエンザに良いとされたのは研究段階での発表であり、製品化はされていないようです。


明治乳業でそうなので、ほかのメーカーでもおそらくまだ開発されていないということでした。

 
この乳酸菌でなくとも、ヨーグルトを食べると効果があるようなことが書かれていますが、根拠があいまいなので、省略しました。いずれは、乳酸菌「1073R-1」を使ったヨーグルトの製品が発売されると思いますが、それまでは、唾液の出る舌の歯ブラシと、新軟酥の法を励行して下さい。 

 
ヨーグルトも併用するとさらに効果があります。このような、少しでも効果がある情報は、参考にして取り入れるべきで、有り難い情報です。乳酸菌ですから、味噌や醤油、麹菌なども、インフルエンザウイルスの増殖に効果があるかも知れません?この日本の乳酸菌は、私の希望的観測で、全くの根拠はありませんが、

 
舌のブラッシングで舌を清潔にして、唾液をたくさん分泌することは、インフルエンザウイルスの排除と殺菌にもなり、インフルエンザの発症率が10分の1に激減する!という保健所の統計もありますから、これには確実な根拠があります。この情報を知り、取り組むだけで、何十万人も何百万人も、苦しい思いをしなくて済み、命を危険にさらさなくても済むのです。

 
軟酥の法も、唾液をはじめとする津液(しんえき)を大量に分泌して、脳内ホルモンや血液やリンパ液を促し、そして、氣のエネルギーも免疫力も高めますので、大いに効果があります。それにしても、インフルエンザの拡大が止まりません。

 
10月5~11日の1週間に全国約5000の医療機関から報告されたインフルエンザ患者は、1カ所当たり12.92人と前週(6.40人)から倍増し、流行注意報レベルの「10人」を超えたことが、国立感染症研究所の定点調査で分かった。検出されるウイルスはほとんどが新型の状況が続いている。増加が目立っていた大都市圏でさらに拡大し、本格的な流行になってきており、減少していた沖縄も増加に転じた。

 
安井良則主任研究官は「本格的流行になりつつある。流行規模が大きくなれば重症者も増え、医療体制が持つか懸念される」としている。感染研によると、1週間の報告数は6万1583人で、全国の推計患者数は約64万人。増え始めた7月以降の累積患者数は、約234万人と推計される。 

 
10代の子供や、幼い幼児が犠牲になっておりますので、これからも感染者の数が増えると、さらなる犠牲者も増えます。発症率が10分の1に激減するという情報があるのですから、多くの人に、この情報を知ってもらいたいものです。


インフルエンザの発症率が10分の1に激減する方法!!
 
この情報を、一人でも多くの人に知ってもらうために、この文章をあなたの友達や知人に差し上げて下さい。感謝の輪が広がります。無料で、何の制約もありません。新型インフルエンザの最良の予防のためにも、親しい方に差し上げて下さい。

 
このまま、コピーペイストして、メールにコピーして送信すれば、相手が読むことができます。与えてください。このタイトルが、胡散臭くて、まだまだ多くの人が読んでくれないのでしょうか?この情報を読んでくれたら、事実であることが判ります。

 
私は、より多くの人に知ってもらうために、いくつかの無料レポートのサイトにも登録しました。無料レポートのサイトは審査があり、今までの私の書くレポートでは、審査に通りませんでした。例えば、環境にも良いと思って、車の中で能望を唱えただけで、燃費が20%も節約されます!と、書いたレポートも、審査に通りませんでした。ふざけるな!と、却下されたのでしょう。

 
けれども、今回の、≪インフルエンザの発症率が10分の1に激減する
方法≫は、NHKでも放映され、保健所のデータもあるので、審査に通り
ました。まだ審査中のもありますが・・・。タイトルだけで、今回も却下されると思いましたが、中味を読んでくれたのでしょう。審査に通ったので、現在、≪インフルエンザの発症率が10分の1に激減する方法・その2≫も書いて、登録するつもりでおります。

 
これは、書いたことを編集しているだけですが、このほかにも、色々なレポートを書いて、多くの人に注目してもらい、インフルエンザの発症率を激減する方法を、一人でも多くの人に、なんとしても読んでもらおうと思っております。インフルエンザは、これから冬にかけてピークになります。

 
多くの人の命が、特に、若い人の命や、幼い命が、こんなことで犠牲になるのを、みすみす見ている事はできません。どうか皆様も、周りの友達や知人に、この情報を与えて下さい。紹介して下さい。

 
無料で、何の制約もありません。新型インフルエンザの最良の予防のためにも、親しい方に差し上げて下さい。このまま、コピーペイストして、メールで送信すれば、相手が読むことができます。一人でも多くの人に与えて下さい。すべての命はつながっております。自分の命だけが助かれば良い!という考えは、命の冒涜になります。

 
尊い命を守ることが、命を与えられた者の使命でもあるのです。今はわからなくとも、必ずわかる時がきます。一人でも多くの人の命を守り、助けて下さい。有難う御座いました。



パワーアップノート(ファイル一式 内容:言霊一体化セット・願望達成シート)

パワーアップノートで意識レベルを上げれば、誰でも成功が約束され、未来予測が可能に!

自分の意識レベルを高めて、潜在意識に直接コンタクトをとり、確実に成功する方法を100%の正確さで教えてくれるのですから、今までどこにもなかった成功法です。

一つ一つ手作りで、B5版の特大の、5つの和と9つの和、文字の和があるだけでもゼロ磁場となり、運とツキを呼び込むパワースポットにもなるほどの強力なエネルギーがあります。



power2.jpg







Last updated  2009.10.17 22:59:18
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.