322112 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Profonde

艶珠様からの頂き物

遠い街の何処かで



制服を脱いで随分とたって、学生時代の仲間は一部を除いて疎遠となってしまった。


それも仕方無いとは思うが、少し寂しい気がするのは、かつてのクラスメートをテレビで見てしまったからだろうか?
親元を離れ数年。
身の回りの世話も、食事の為の買い出しも、慣れたもので。
この街にお世話になって、よく行くスーパーの配列にも、当然、何時がセールだとかも熟知して、なんだか所帯染みていると、苦笑しつつも、セール品の缶詰に手を伸ばす。

「三上?」

ワンブロック離れた場所にかつてのクラスメートを見る。

「どうして?」

もし、これが学生時代なら。
寮の傍の、武蔵森生御用達のコンビニだったなら。
当然、間違いなくその人であろう人間で。
けれど、今は。
彼はテレビの向うの人だ。
そう、つい最近見た。
そう思ってふと気づく。
彼を見たのは、地元Jリーグ球団への移籍会見。
ローカル局のスポーツニュース。
ああ、そう言えば。
 その球団の練習グラウンドは、確か、この辺りだったか。
そんな自己完結で、声をかけるか考える。
かつてのクラスメートも、今ではJリーガー。
声を掛けても良いのだろうか?
けれど、此処で無視をするのも、薄情な気がして。

「三上選手」
「はい?」

かつての彼なら、「ああ゛?」と煩そうに返しただろう。
けれど、彼は、見られる事に意識をしているのだろうか?
声を掛けられた事に驚いた表情を見せたものの、柔らかな物腰で澪を見つめてくる。


そんな彼に寂しさを覚えつつも。

「スポーツ選手が、そんな食事では問題かと?」

そう続ければ、流石に不機嫌になったのか、一瞬だけ目付きが悪くなる。
そうする事で気づいたのだろうか?

「綜那・・・か・・・?
相変わらずお節介な奴」
「覚えていてくれて光栄です。三上選手」
「やめろ、それ」
「でも、三上、じゃ、失礼じゃない?」
「んな事ねぇよ。
無駄に親しそうにされんのもムカつくけど、よそよそしくされるのもムカつく」
「そっか。んじゃ、三上、ね。
で、ご飯作ってくれるような人、いないの?」

芸能レポーターのような質問で、嫌がられるかとも思ったが、そんな事もなく。

「いたら、こんなとこで買い物してねぇよ。
初めての店じゃ、欲しいもの探すのも一苦労だぜ」
「んじゃ、この街の先輩住人として、案内してあげましょう」
「ああ、頼むぜ」

そう柔らかく笑った様は、少し、幼げで、学生時代を思い出す。
そして、それぞれの籠が、それなりになった頃。

「ねぇ、迷惑じゃなかったら、ご飯、作ってあげようか?」
「ん?」
「ああ、一人で食べるよりも、二人のが楽しいし。
それに、その食材じゃ、栄養足りなさそうだし?」

つい学生時代に戻った気がして、そんな事を口にして、慌てて、取り繕うように言葉を重ねる。

「そっちはいいのか?
誤解されるような相手、いねぇのか?」
「いたら、誘わないでしょ」
「まぁ、そうだな。
んじゃ、ご馳走になるか。
けど、そうやって誘うんだ。旨い飯、作れるんだろうな」
「失礼ね。これでもパティシエなんですけど」
「それって、菓子作る奴だろ?」
「けど、最低限の調理の勉強もしてるし、栄養士の資格も持ってます」
「へぇ、それは楽しみだな」

そう口角をほんの少し上げて笑う、とてもテレビでは見せられないだろう笑みに、今日だけは、学生時代に戻ってみようかと思う。
ほんの少し、彼に恋心を抱いていた自分に。



けれど、この世に偶然は無く、全ての出会いは必然。
数年後、この再会が公で語られる日が来る事を二人は知らない。



~*~*~*~*~*~


お世話になってる艶珠様からいただきましたぁ~vv
私の大好きな[ホイッスル!]の三上ですvv
ありがとうございますm(^^)m


(「綜那」ってのは、楽天以外での私のHNですf(^^;
 綜那澪ってなのってま~す(笑)



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.