322341 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Profonde

ガンダム種運命-スペシャルエディション


-『機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション』―

語り:アスラン・ザラ


―『砕かれた世界』より引用―

~OP~

園の、全ての木から取って食べなさい
ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない
食べると必ず、死んでしまう

だがやがて、共に創られた野の生き物のうちで
一番賢いヘビが、こう言ったと言う

『けして死ぬ事はない、それを食べると目が開け
 神と同じく、善悪を知る者となる
 その事を、神はご存知なのだ』

そうして、始まりの人はその実を食べたのだと言う

~ED~

何かが芽生え始めていた
それが、良いものなのか、悪いものなのかは
まだ、分からない

だが、誰もが止まれない時の中にいるのなら
それでも進まなければならないんだ

おそらくは、それが、生きると言う事だから

―『2 それぞれの剣』より引用―

~放送予告~

戦場で相対した少年と少女
平和への思いはヒトツ
されど、たどる道筋が分かれたとき
思いと命が散っていく

~DVD予告~

戦う理由
それは怒りか、正義か

―『3 運命(さだめ)の業火』より引用―

~放送予告~

戦火に焼かれる人々
虐殺の宴に散った少女の思いと約束
傷つき倒れる友
眼前に連鎖する悲劇の中で、少年は運命を操る者の陰を踏む
再開の地に鬼気迫る時
今、新たな決意に戦士は立つ

~DVD予告~

望んだ世界
それは、憎しみや悲しみのない世界

~OP~

悪夢の中にいるようだった
なぜ、俺たちは戦ったのだろう、戦うのだろう

分かっているはずの事、知っているはずの友

だが少しずつ、少しずつ
また何かがずれていく

出来る事、そしてすべき事

それすらも、霧の中に溶けていく様だった

―『完結編 自由の代償』より引用―

~放送予告~

遺伝子と言う名の頚木
運命と言う名の理
抗える筈のない定めに、新たな秩序が示された時
人は何を思うのか
宇宙は再び戦場となり、未来の担い手を選び出す
正義と言う確約と、自由と言う希望
銃口の先に少年が得た未来とは

~DVD予告~

変わっていける明日
それは、僕らが選んだ世界
コズミック・イラ74
少年達は新たな運命の扉を開ける

~OP~

誰もが傷ついていた
何もかもが、コレが代価だと言うのだろうか

俺たちは、確かに望んだ

戦争のない世界
もう二度と、その悲劇を繰り返さない世界

だが、今示された道は
代わりに、得る物を全てを無くす
最後の選択に他ならない

それでも望むのだろうか、人は
本当にもう、道はないのだろうか

捜したい否定の言葉は
戦火に煙ぶる空の中に、なおも遠のいていくようだった

~ED~

人は、我々1人のように、善悪を知る者となった

今は手を伸ばして、命の木からも取って食べ
永遠に生きる者となる恐れがある

そうして人は罰を受け
歓喜と言う楽園を追われたのだと言う

だから人は手を伸ばすのだろうか
二度と戻れぬ、遠い過去に失った園を求めて

だが、時は戻らない
ならば俺は、向かう未来にこそ
それはあると信じたい

命の木などなくとも、幸福に暮らせる園を
いつか自分達の手で、作り出せる日の事を…







Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.