Alpha_prime

カナディアン・エクスプレス

”TVで撮って観た映画”

記憶違いなどによる書き違えについてはご容赦ください。
掲示板(私のシネマ・ライブラリー)でご指摘頂ければ幸いです。

カナディアン・エクスプレス 第1回目は、サスペンス映画の傑作

カナディアン・エクスプレス
Narrow Margin

原題は ”Narrow Margin ”。
10年程前に、フジテレビのゴールデン洋画劇場で放映されたものです。
解説は高島忠夫さんでした。
曰く、”追いつめられている人間の恐怖と絶望、観ごたえのある大人の心理劇 ”だそうです。

《 Staff 》
脚本ピーター・ハイアムズ
監督 ピーター・ハイアムズ
音楽 ブルース・ブロートン
《 Cast 》
俳   優 役   名
ジーン・ハックマン ロバート・コルフィールド 地方検事局の検事補
アン・アーチャー キャロル・ハニカット 目撃者
レオワッツ 暗黒街の顔役
マイケル レオワッツの顧問弁護士
ベンティ ロス市警の刑事
ジェームズ・B・シッキング ネルソン 白靴の殺し屋

《 Story 》

 かねてから暗黒街のボスを追い続けてきた地方検事局の検事補コルフィールド(ジーン・ハックマン)。
 ヒョンな事から暗黒街の顧問弁護士殺害現場に居合わせてしまった女性キャロル(アン・アーチャー)。
物語は偶然殺人現場に居合わせた女性を組織の殺し屋から守る検事補の活躍を描く。

**********************************************************************************

 暗黒街のボスを有罪にするには目撃者キャロルを法廷の証言台に立たせ、陪審員の前で殺人の証拠を突きつけるしかないと考えたコルフィールドは、彼女が隠れる山荘を突き止め、ロス市警のベンティ刑事と共にヘリをチャーターし、一路ロッキーへ向かう。  身の安全を約束するからとキャロルに協力を求めるコルフィールドとベンティの言葉に彼女は応じない。
 とその時、自動ライフルを構えた男が、ヘリコプターに乗り空から攻撃を仕掛けてきた。  山荘は穴だらけになり、ベンティ刑事は帰らぬ人となる。乗ってきたヘリも撃墜され、木っ端微塵に。
 隙を見て何とか外へ出て四駆に飛び乗った二人は一目散に山を下っていく。(山荘での襲撃シーンのイメージは、シュワちゃんの“コマンドー”に感じがよく似ていたので思い出してしまいました。何か良く似ていました)
 必死に逃れようとする車と、逃すまいと追いかけるヘリ。  眼下を行く列車を目にしたコルフィールドは、車では逃げきれないと判断し、四駆を乗り捨てキャロルと共に列車に乗り込むのだが、そこにも追っ手の影が忍び寄る。
 列車という、何処にも逃れようのない密室のなか、彼女の身を必死で守ろうとする警部補と、何としても命を奪おうとする殺し屋。追うものと追われる者の息迫る闘いが展開する。
 彼女は無事殺し屋から逃れることができ、証言台に立ってくれるのでしょうか。

この先は、自分で確かめてね。楽しめる作品です。(1990年 アメリカ)

好きなシーン
アン・アーチャー  列車の客室(個室内)でアン・アーチャー演じるキャロルが、コルフィールドに対し、自分の恐怖心や心細さ、追い詰められた焦りを切々と訴えかけるシーンがとても印象的でした。殺し屋に追いつめられてしまった女性の心理を、アン・アーチャーが上手に演じています。
ベンティ刑事 コルフィールド検事補とベンティ刑事との、ウィットに富んだ会話のやりとりは、とても軽快でいけてます。
《 台詞(せりふ) 》 山荘へ向かうヘリコプターの機内
コンフィールド検事補 「なんでこんなに低く飛ぶんだ。」
ベンティ刑事 「低かないですよ。山が高いんだ。」
コンフィールド検事補 「こんなとこで墜ちたら、俺達の骨拾ってくれるのはムースくらいだぞ。」
「誰か付けて来たら、パイロットの所から見えるかな。」
ベンティ刑事 「誰かって?コンドル?。」
《 台詞(せりふ) 》 山荘でのやりとり
山荘 玄関の外 ベンティ刑事とコンフィールド検事補が、ドア越しにキャロルに語りかけている。
ベンティ刑事 「中で一杯飲ませてもらえませんか。」
キャロル 「勤務中でしょ。あんた、本当に刑事なの?。」
ベンティ刑事 「あたしゃ、勤務中以外はやらないことにしているんだ。」
山荘 室内 入るなり、冷蔵庫の前に直行するベンティ刑事。
ベンティ刑事 「ビールないですか?。」
キャロル 「アルコールは置いてません。」
勝手に冷蔵庫を開けるベンティ刑事。
ベッティ刑事 「ほんとにビールないや。」
《 見つけてしまいました 》
疾走する車  追っ手のヘリから逃れようと疾走する車を、前方から”蜘蛛の巣状にひび割れたフロント硝子”越しに車内を映し出すシーンに続き、車内から前方を写すシーンに切り替わると、”ワイパーの跡は有るが、無傷のフロント硝子”で運転しているシーンになり、再び外からの映像に戻るとまた”ひび割れたフロント硝子”になるという不思議技は編集ミス?それともちょっとした御遊び?。
《 Soundtrack 》
合間、合間に流れるメロディー シーンとシーンの合間に流れるジングルの様なメロディは、サスペンス仕立てに更に拍車を掛けて、良い効果をかもし出しています。パニック・イン・スタジアムでも、同じ様に合間にメロディが流れていて、耳に残って好い感じでした。



××××× ネ タ ば れ 注 意 ×××××



組織に情報を流している人物

ラーナー部長か、それとも信頼していた同僚か、
なかなか判らなかったけど、予想を外させてくれる展開に
まんまとはまってしまいました。

証人保護プログラム
 この作品では、証人保護プログラムという言葉が
一度も出てきませんでした。でもきっとこの後
キャロルは、保護プログラムで守られのでしょうね、
きっと。(?)

この作品をご覧になりましたか?。
掲示板(私のシネマ・ライブラリー) で、あなたの感想を聞かせてください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.