009571 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

かぼちゃさんのつぶやき

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

お気に入りブログ

なな葉日記~女将の… 女将ななこさん

コメント新着

どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
お猿@ やっちまったなぁ! http://feti.findeath.net/3e8uw58/ ちょ…
もじゃもじゃ君@ 短小ち○こに興奮しすぎ(ワラ 優子ちゃんたら急に人気無い所で車を停め…
まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…
しおん@ ヤホヤホぉ★ こっちゎ今2人なんだけどぉ アッチの話…

フリーページ

ニューストピックス

2007.09.06
XML
カテゴリ:四国旅行
しまなみ海道を進んでいくと「大三島」という
島があります。
大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)という
神社があり、全国的にも有名です。
かつて河野氏がこの地を治めていた頃、
大山祇神社の宮司の一族は陣代として
戦に参加しており、1541年に大内氏が
侵攻したときにも時の宮司大祝安用の
一族大祝安房らが大内軍を撃退したが
戦死しています。その年の10月に再度侵攻
した大内氏を撃退すべく兄に代わって
出陣したのが、16歳の鶴姫で、大内軍
の武将を討ち取り勝利を収めています。
1543年に再度の大内氏の侵攻にも全力で
これを迎え撃つが恋人の越智安成が戦死
し窮地に立たされます。しかし、
最後の兵力を結集し大内軍の不意を討ち、
勝利を収めました。
そんなわけで鶴姫は大三島の
ジャンヌダルクとたとえられています。
その後、恋人や兄の死をはかなんで、
みずからも命を絶ってしまうという
悲劇の姫様でもあります。

神社と宝物殿の間の道は鶴姫ロード
といわれ、凛々しく美人な姫の甲冑
姿の像が立っています。
宝物館には、胸の膨らんでウエストが
絞られた、鶴姫の珍しい女性用の甲冑
が飾られています。


200709061306000.jpg






最終更新日  2007.09.10 23:13:39
コメント(0) | コメントを書く
[四国旅行] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.