646019 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

pure breath★マリーの映画館

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


マリーmypink

カレンダー

お気に入りブログ

劇場鑑賞「ザ・ファ… BROOKさん

Spice Up Your Life *Benio*さん
こぶたのベイブウ映… こぶたのベイブウさん
猫とHidamar… にくきゅ〜う★さん
世界の中心に愛をさ… sanacatさん

コメント新着

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
マリーmypink@ ななさんへ・・・ ななさん こんにちは~~♪ >生ジョニ…
なな@ アップしました~ 生ジョニー,羨ましいなぁ 監督さんって…
マリーmypink@ rose_chocolatさんへ・・・ rose_chocolatさん こんにちは~~♪ …
rose_chocolat@ Re:『ガリバー旅行記』(04/18) マリーさん、楽天は省エネだねw でもも…

フリーページ

ニューストピックス

2007年08月15日
XML
カテゴリ:映画

 

              悲しい知らせが、私の人生を大きく変えていく・・・

 

 

 

『ママの遺したラヴソング』

監督・脚本・・・シェイニー・ゲイベル 
出演・・・ジョン・トラヴォルタ、スカーレット・ヨハンソン、ゲイブリエル・マック、デボラ・カーラ・アンガー、デイン・ローズ、デイヴィッド・ジェンセン、クレイン・クロフォード 他

 


                       【STORY】

長年会っていなかった母ロレーンが死んだ・・・

フロリダ州パナマシティで、パーシー(スカーレット・ヨハンソン)は学校へも行かず、怠惰な生活を送っていた。突然の訃報を受け取った彼女は、生家のあるルイジアナ州ニューオーリンズへ向かう。
しかし、そこで彼女を待っていたのは二人の見知らぬ、元大学文学部教授のボビー・ロング(ジョン・トラヴォルタ)と彼を慕う作家志望の青年ローソン(ゲイブリエル・マック)だった。二人は母の友人で、遺言では家は三人に遺されており、自分たちも住む権利があると主張する。一度はフロリダへ帰ろうと決めたパーシーだが、何も知らないまま亡くなった母のことを知りたいと、生家に留まる決意をする。こうして、奇妙な三人の同居生活が始まった。

 

                        【解説】

母親の死を機に故郷に帰って来た少女と、心に傷を抱えた元文学部教授の心の触れ合いを描いたヒューマンドラマ。
主人公の少女を本作でゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされたスカーレット・ヨハンソンが、大学教授をジョン・トラヴォルタが演じる。
監督は女性監督のシェイニー・ゲイベル。
文学作品の一節を引用した小粋なセリフの数々と、さわやかな感動を与えてくれる美しい作品世界が堪能できる。

 

温かいストーリーでした。
ゆるやかに流れてゆく時・・・美しい「言葉」の数々。
観終わった後、心の中に爽やかな風が吹いてゆくような映画でした。

 

スカーレット・ヨハンソン・・・良かったです~
セクシーは封印! 生意気そうで~実は心に孤独を抱えていて・・という少女(まだ高校生)の役ですが~  十分そう見えました。
彼女ってやはり演技も上手いのですね。 何気ない表情が素晴らしかったなぁ。
この役をやりたいと4年越しの強い想いで臨んだそうです~ 私も彼女の見方が変わったかもしれない。 

 

ジョン・トラヴォルタが又~くたびれた負け犬的なこの役が・・・本当に、はまってました。
この人は~こんなに繊細な演技をする方だったのですね。。。知らなかった・・・
ギターを弾きながら歌うシーンもあるのですが~心を打たれました。

 

オーデションで選ばれたという、作家志望の青年ローソン役 ゲイブリエル・マック。
TVで活躍されてるようですが~ なかなかステキでした。
雰囲気のある俳優さんでした。待機作にマット・ディモン、アンジェリーナ・ジョリーと共演作も(あれかな?アンジーが妊娠中に撮ってた)あるそうなので~注目です。

 

 

邦題の「ママ」は登場しません。。。1つも出てこない。
想い出話と手紙と歌の中だけ・・・それなのに~とても強烈な印象を残しているのが、不思議です。
どんな女性だったのか、主人公のパーシーと一緒になって探しているような気持ち。

ラストには誰もが涙するかもしれない。
けれど決して “哀しい涙” ではない・・・
原題は 「A LOVE SONG FOR BOBBY LONG」 

 

マリー的お気に入り度 ・・・ ★★★★★★★★☆☆

 

 

 

※ ストーリーと共に心に残る様々な文学作品の引用  一部抜粋 ※

◆ わたしたちは人生の一ページといえども破くことはできませんが、本自体を火にくべることはできます。 (ジョルジュ・サンド 「モープラ」より)


◆ 一度死んだら、その後もずっと死んでなきゃいけないんですよ。(モリエール 「恋人の喧嘩」より)

◆ 碑文が私の物語となるなら
    短い文を用意して 墓石に記そう
      世間と痴話げんかをしたと   (ロバート・フロスト「今日の教訓」詩)







最終更新日  2007年08月15日 21時07分51秒
[映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.