646243 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

pure breath★マリーの映画館

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


マリーmypink

カレンダー

お気に入りブログ

Spice Up Your Life *Benio*さん
こぶたのベイブウ映… こぶたのベイブウさん
猫とHidamar… にくきゅ〜う★さん
世界の中心に愛をさ… sanacatさん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん

コメント新着

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
マリーmypink@ ななさんへ・・・ ななさん こんにちは~~♪ >生ジョニ…
なな@ アップしました~ 生ジョニー,羨ましいなぁ 監督さんって…
マリーmypink@ rose_chocolatさんへ・・・ rose_chocolatさん こんにちは~~♪ …
rose_chocolat@ Re:『ガリバー旅行記』(04/18) マリーさん、楽天は省エネだねw でもも…

フリーページ

ニューストピックス

2008年02月05日
XML
カテゴリ:映画

 

        キャンディに初めて会った日は、夢のような一日だった。
        すべてが喜びに満ち、鳥が大空を舞っていた。
        無上の優しさを感じた。

 

『Candy キャンディ 』

監督・脚本・・・ニール・アームフィールド 
原作・脚本・・・ルーク・デイヴィス 
出演・・・ヒース・レジャー、アビー・コーニッシュ、ジェフリー・ラッシュ、トニー・マーティン、ノニ・ハズルハースト、トム・バッジ、ロベルト・ミザ・モントン 他

 

                      
                       【STORY】

詩人志望のダン(ヒース・レジャー)と、画家志望で、綺麗で自由奔放なキャンディ(アビー・コーニッシュ)は、出会うと 瞬く間に恋に落ちた。2人は深く愛し合い、誰も引き裂くことはできなかった。
ダンはヘロインの常習者で、キャンディもすぐに快楽の虜になる。
二人は一文無しだったが、お互いの存在を確かめ合うだけで生き延びていた。
キャンディは街で体を売るようになり、ダンもそれに頼るようになった。そして、ドラッグを買う金がなくなると、薬学の教授、キャスパー(ジェフリー・ラッシュ)に金を無心に行った。

やがて2人は結婚しキャンディは妊娠するが生活苦とドラッグの禁断症状で、結婚生活は次第に崩壊していく。。。

                        【解説】

オーストラリアでカルト的な人気を誇るルーク・ディヴィスの小説「キャンディ」をついに映画化。

 

 

観てすぐにレビューを書こうと思ったら、パソコンが壊れ再入院~そして・・・
主演のヒースがあんなことになってしまって・・・書くタイミングを逸してしまった。

 

この映画は、ドラッグにまみれ~自堕落で刹那的な生活を送る二人の物語。
そういう言い方をすると、暗いイメージに思われがちですが・・・全然違うの。
二人は明るくて、画面も明るい雰囲気。
ドラッグさえなければ~素敵な青年と、美しい女性の恋物語。。。


まるでタバコを吸うような気軽さで、ごくごく普通にドラッグを吸引し、後ろめたいところは全くない。
二人が頼る青年の親代わりであるキャスパー教授は、薬学の知識を生かし、自らドラッグを作り~自分も用い、2人にも与えてしまう。
こんなこと実際に出来るのかな~~知識のない私は全く分からないけれど・・・


でもね、そんな安易に事は運ばないよ・・・と、警告もちゃんとあります。

 

ごくごく普通の家庭で(それが彼女には重荷だったようだけど)育ち、ドラッグには縁のなかった彼女。
それなのに やがて・・・

ドラッグの為に何もかも壊れそうな2人の関係。最終的に、彼が下した決断は とても切ない・・・
それでも自業自得と言わざるを得ないかな・・・

 


キャンディ役のアビー・コーニッシュは、本当に可愛いです~
とってもキュート・・・
そんな彼女が身を売って、クスリ漬けになって苦しむ様は~凄かった!辛かった!
どうしても親の気持ちになってしまって~

オーストラリア出身の26歳。もうじき公開『エリザベス・ゴールデンエイジ』にも出演という旬の女優さん。
オーストラリアといえば、ニコ様(二コール・キッドマン)やナオミ・ワッツ。美人女優の国ですね~これからが楽しみな一人です。

 

バルボッサは・・・じゃなかった、ジェフリー・ラッシュは~
最初なんとダンディで素敵なおじさまなの~と思ってた。
働きもせず、お金の無心にばかり来るダンにも優しいし~・・そしたら自らもジャンキーでそのうえゲイだった。。。
彼らの為によくないと思いつつも、自身ドラッグに頼らなくては生きてゆけない、弱い人間。
やはり演技派ですね~。 ジェフリーの違った面を見れた気がしました。
映画自体が締まるような・・とても良かったです~

 


そして、ヒース・・・ヒース・・・。
ここでの彼は とってもステキ♪悪びれずに、まるで~ただのイタズラをするように~クスリに手を染める。
平気な顔で詐欺をはたらく。


なにをしてても憎めない・・・
彼の魅力が溢れてます。 笑顔もとってもカワイイ

 

・・・なぜ、なぜ いなくなってしまったの・・・?
もう、この繊細な演技は見られないんだよね・・・

ヒースという認識なしで観ていた 『パトリオット』 『ロック・ユー!』 『チョコレート』
やっと、ヒースという俳優さんが分かって観た 『ブラザーズ・グリム』 マットよりいいんじゃない?って思った。

そして『ブロークバック・マウンテン』で納得!やっぱりこの人って素晴らしい演技をする。って・・・

こちらでの公開がなかったので~まだ観ていない 『カサノバ』 やっぱり観たいなぁ~
とっても評判いいものね。
 


この作品を観た10日後 ヒース・レジャー死去のニュースが流れました。
ご冥福を祈ります。

 

映画の中に出てくる “詩” はどれも素敵。

 
    船影のない海に 長いこと浮かんで
    私は精一杯 努力して ほほ笑んで見せた
    あなたの歌や 瞳や指先が
    あなたの島へ 私を引き寄せる
    あなたの歌声がひびく
    “僕のそばに おいで”
    “君を包み込んであげる”
    “僕は ここにいる”
    “僕は ここにいる”
    “君を抱きしめようと 待っている”
    私は途方にくれる
    生まれたての赤子のように
    私は心を乱される
    潮の満ち干のように
    立ち尽くすべきか
    砕ける波の ただ中に
    身を横たえるべきか
    死と共に 愛する人よ

 

 

マリー的お気に入り度 ・・・ ★★★★★★★★☆☆
マリー的涙度数 ・・・ ★★★★☆  (小さな命が・・・) 

 







最終更新日  2008年02月05日 22時37分04秒
[映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.