481025 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

pure breath★マリーの映画館

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

お気に入りブログ

劇場鑑賞「ワイルド… New! BROOKさん

Spice Up Your Life *Benio*さん
こぶたのベイブウ映… こぶたのベイブウさん
猫とHidamar… にくきゅ~う★さん
世界の中心に愛をさ… sanacatさん

コメント新着

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
マリーmypink@ ななさんへ・・・ ななさん こんにちは~~♪ >生ジョニ…
なな@ アップしました~ 生ジョニー,羨ましいなぁ 監督さんって…
マリーmypink@ rose_chocolatさんへ・・・ rose_chocolatさん こんにちは~~♪ …
rose_chocolat@ Re:『ガリバー旅行記』(04/18) マリーさん、楽天は省エネだねw でもも…

フリーページ

ニューストピックス

2008年03月22日
XML
カテゴリ:映画
         あの夜食べたブルーベリー・パイは
              
           夢のようにやわらかく、切ないほど甘酸っぱくて、

                 失くした恋の味がした。




『マイ・ブルーベリー・ナイツ』

監督・脚本・・・ ウォン・カーウァイ
脚本・・・ ローレンス・ブロック
撮影・・・ ダリウス・コンジ
出演・・・ノラ・ジョーンズ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、レイチェル・ワイズ、デヴィッド・ストラザーン 他




                  【STORY】

恋人に捨てられたエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は彼のことが忘れられず、元恋人の家の向かいにあるカフェに出入りするようになる。
そんな彼女を慰めてくれたのは、カフェのオーナー・ジェレミー(ジュード・ロウ)と、
甘酸っぱいブルーベリー・パイ。
それからのエリザベスは、夜更けにジェレミーと売れ残りのパイをつつくのが日課になる。

しかしそんなある日、彼女は突然ニューヨークから姿を消す。
恋人への思いを断ち切れずにいたエリザベスは、あてのない旅へとひとり旅立ったのだった・・・




                   【解説】

香港が世界に誇る名監督ウォン・カーウァイが、ハリウッド俳優を起用した初の全編英語作品。
舞台を香港からアメリカに移し、さらにカメラマンも『欲望の翼』以来タッグを組んできたクリストファー・ドイルから『セブン』のダリウス・コンジに交代しているが、カーウァイ独特の世界観は健在。







楽しみにしていました。
始まってすぐ、カーウァイ監督だ!これは香港映画だったけ?と思わせる映像。
すぐに惹きこまれてしまった。

カーウァイ監督作、『今すぐ抱きしめたい』アンディ主演、や『欲望の翼』は大好きですし・・・ 金城さん&トニー・レオンの『恋する惑星』も好き。
『2046』は、私には難解すぎて~イマイチだった・・・

カーウァイだから、何かひねりがあるかな?このまま終わるはずがない。と思ったけど~
旅先で彼女が出会う人々は皆、愛を見失っている人たち。そんな彼らとの出会いを通して、彼女は生まれ変わってゆく・・・
この作品は、いたってシンプルでした。





風景の一つ一つが幻想的~
やっぱり好きだなぁ・・・カーウァイの世界。
彼が今回操るのは“距離”と“時間”
カフェではカウンター越し。旅に出てからはどんどん離れ・・・“繋がり”は彼女からの一方的な手紙のみ。
 




◇ニューヨークの夜 とあるカフェでジェレミーに出会う

     恋人は心変わりしたかもしれない。でも、信じたくない。けど“事実”を知ってしまった。
     そのカフェにはたくさんの鍵が捨てられている。
     持ち主に置いていかれた“それ”は、色々なストーリーを持っている。
     彼の鍵を預け、たくさんの“鍵のストーリー”に聴き入る。
     このシーンが 好き・・・


◇失恋から57日 ニューヨークから1120マイル、メンフィス・・・別れた妻を忘れられないアル中の男性と元妻

     胸にグっとくるものがありました。終わってしまった“愛”は決して元には戻らない。
     辛いのは自分だけじゃない。アーニーの最期の選択。スー・リンの選択。
     どちらも切なくて・・・


◇失恋から251日 ニューヨークから5603マイル・・・若く美しいギャンブラーとラスヴェガスへ

     「人を信じちゃいけない」と語るレスリー。本当は信じたいのに・・・
     彼女の涙が心に響いてきた。


◇彼らの人生に触れ、自分の人生を考えるエリザベス。そして、またニューヨークへ。






エリザベスを演じるのは、演技初体験の歌姫ノラ・ジョーンズ。
私は洋楽に詳しくないので~彼女の歌っている姿というものをじっくり見たことがないので~
女優さんかと思いました。
台詞は確かに少ないのですが~その分表情で演じることが多くて。
とてもよかったです~
考えてみれば、歌い手さんも演技者なんですものね。



カフェで彼女を待ち続けるのは、ジュード・ロウ。
素敵ですよね~~~美しいし、微笑が優しいし・・・
自分自身過去を引きずっているのですが~彼女と出合ったことで~彼も少しずつ変わってゆく。
端正な顔立ちの彼だから、あのキスシーンが絵になるのでしょう。




アル中の警官アーニー、ディヴィッド・ストラザーン。
彼はよかったですね~とても。
元妻スー・リンのレイチェル・ワイズも凄く素敵でしたし~
2人のシーンは哀しくて・・・メンフィスでのシーンは、ノラよりこの2人が印象深いです。





327838_006.jpg


若きギャンブラー、レスリーはナタリー・ポートマン。
彼女は輝いてますね~才能に溢れてる。
先日の『マゴリアムおじさん・・』より、今回の彼女 ずっとよかったと思う。
ノラとナタリーの自動車の旅。ここはロードムービーのようで~2人がそれぞれ想いを馳せる重要な場面。
流れゆく風景と、それを見つめる2人・・・何も語らなくても、声が届いてきた気がした。





映像と素敵な音楽がとてもマッチしていた。
ノラの歌もすご~くステキでした!




マリー的お気に入り度 ・・・ ★★★★★★★★★☆
マリー的涙度数 ・・・ ★★★☆☆



327838_007.jpg

  ↑

ある意味主人公となるブルーベリーパイ、大きなスクリーンにアップで映ると~絶対に ブルーベリー・パイが食べたくなる。

今日は買えなかったけど、私が一番美味しいと思っているお店のパイ・・・
  
  ↓

TS380182.JPG



あ~~~食べたい!!





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2008年03月30日 11時06分39秒
[映画] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.