000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

pure breath★マリーの映画館

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


マリーmypink

カレンダー

お気に入りブログ

Spice Up Your Life *Benio*さん
こぶたのベイブウ映… こぶたのベイブウさん
猫とHidamar… にくきゅ〜う★さん
世界の中心に愛をさ… sanacatさん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん

コメント新着

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
マリーmypink@ ななさんへ・・・ ななさん こんにちは~~♪ >生ジョニ…
なな@ アップしました~ 生ジョニー,羨ましいなぁ 監督さんって…
マリーmypink@ rose_chocolatさんへ・・・ rose_chocolatさん こんにちは~~♪ …
rose_chocolat@ Re:『ガリバー旅行記』(04/18) マリーさん、楽天は省エネだねw でもも…

フリーページ

ニューストピックス

2008年05月11日
XML
カテゴリ:映画
                   余命6ヶ月、一生分笑う







『最高の人生の見つけ方』

監督・・・ロブ・ライナー
脚本・・・ジャスティン・ザッカム
出演・・・ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ、ロブ・モロー、ビヴァリー・トッド 他


             【STORY】

家族思いで勤勉実直な自動車整備工のカーター(モーガン・フリーマン)と、傲慢な実業家で大金持ちのエドワード(ジャック・ニコルソン)が入院先の病院で相部屋となる。
方や見舞いに訪れる家族に囲まれ、方や、やって来るのは秘書だけという2人には何の共通点もなかった。

性格も辿ってきた人生も全く正反対の2人。ところが、共に余命半年の末期ガンであることが判明する。
ある日、カーターが書いたメモ“バケット(=棺おけ)リスト”を見つけたエドワードはリストの実行を持ちかける。

「スカイダイビングをする」、「ライオン狩りをする」・・・人生でやり残したことを叶えるため、そして最高の人生だったと心の底から微笑むために、ふたりは生涯最後の冒険旅行に出る。


               【解説】

タージマハル、ピラミッド、ヒマラヤを周り、レーシングカーでの対決やスカイダイビングにも挑戦し、人生のグランド・フィナーレを豪勢に飾るのは、これが初共演となるジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン。

死を意識した初老男性2人の希望に満ちた余生を描く人間讃歌。
感動ストーリーをさわやかなユーモアで描き切ったのは、『スタンド・バイ・ミー』の名匠ロブ・ライナー。







ジャック・二コルソンとモーガン・フリーマンの顔合わせ~意外にも初共演だそうで・・・
でも、さすがの2人。息もぴったりでした!


2人が夢を叶える旅が中心の話かと思っていたら、闘病中のシーンも多く
抗ガン剤で苦しんでいる様子や、手術の為に髪を剃り落としていたり
結構正視するのが辛いシーンもありました。


でも、そんな苦しい中にも、独特のユーモアもあったりして、
重くなりそうなお話をクスッと笑わせてくれます。
そう、この物語は余命を宣告された2人のお話なのに、重苦しくないのです。
それどころか、全編を通してユーモアに溢れています。







ジャック・二コルソン・・・やっぱり凄い存在感。

傲慢なエドワードがもっともっとみんなに嫌われている様子を見せて欲しかったぐらいで・・・
彼の憎まれ口も もっとヒドイ方が、筋としては面白かったかも。
見舞い客が秘書だけ・・という説得力が少し足りなかったかな?
ジャック・二コルソンが昔演じていた『恋愛小説家』の主人公ぐらい偏屈でもよかった(笑)。
その秘書との関係が、この作品のもう一つの見どころなワケで・・・






秘書トマス役のショーン・ヘイズは、とってもよかったですね~~~♪
エドワードの無理な注文も飄々とかわして、主人の考えていることを先へ先へと読んでいて
痒いところに手が届く、理想的な秘書。
文句も平気で文句で返す。
けれど、生意気な口を利いたりしてもそこには“愛”が感じられて。

「私があなたなら、全財産を秘書に残します。」と言ってのける(笑)
実は、彼がキーマンだったのですね・・・。






モーガン・フリーマンもやっぱり凄い!
彼は結構物静かな役で、目で演技をすることも多かったけど~
香港での美女との会話など・・ゾクゾクするほどでした。
彼の目に湛えた光や涙で様々な感情がくみ取れました。素晴らしかったなぁ~~~。
最期は愛する美しい奥様と、もっとゆっくり過ごさせてあげたかった。





2人が旅する世界の国々も素晴らしくて、一緒に世界旅行してるみたい~
タージマハル、ピラミッド・・・
いいなぁ~あんなプライベートジェットで・・・
どんだけお金持ちなんだ~~~!(笑)

でも、どんなにお金があっても死んでしまっては使うことも出来ない。




世の中、不平等なことも多いけれど“病気”と“死”は平等。
誰の身にも訪れる“確実なこと”。
だからこそ、後悔する生き方はしたくない。

たとえ、この2人のように~やりたいことが全部出来なくても~後悔だけはしたくない。
一日一日、大切に生きなきゃ。
そう思える作品でした。


予告で何度も泣いていた作品ですが~
実際観てみると、思ったより涙は出ませんでした。
それは彼らの、悔いのない生き方を見たからなのかも。。。




マリー的お気に入り度 ・・・ ★★★★★★★★☆☆
マリー的涙度数 ・・・ ★★★★☆ (流れた涙は哀しみではなく、感動の涙)






最終更新日  2008年05月11日 20時55分44秒
[映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.