646337 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

pure breath★マリーの映画館

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


マリーmypink

カレンダー

お気に入りブログ

Spice Up Your Life *Benio*さん
こぶたのベイブウ映… こぶたのベイブウさん
猫とHidamar… にくきゅ〜う★さん
世界の中心に愛をさ… sanacatさん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん

コメント新着

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
マリーmypink@ ななさんへ・・・ ななさん こんにちは~~♪ >生ジョニ…
なな@ アップしました~ 生ジョニー,羨ましいなぁ 監督さんって…
マリーmypink@ rose_chocolatさんへ・・・ rose_chocolatさん こんにちは~~♪ …
rose_chocolat@ Re:『ガリバー旅行記』(04/18) マリーさん、楽天は省エネだねw でもも…

フリーページ

ニューストピックス

2008年06月27日
XML
カテゴリ:映画

     で? ナニしてくれるの?




『ミラクル7号』

監督・脚本・製作・・・チャウ・シンチー
出演・・・チャウ・シンチー、シュー・チャオ、キティ・チャン、リー・ションチン、フォン・ミンハン、フアン・レイ、ヤオ・ウェンシュエ、ハン・ヨンウォア、ラム・ジーチョン 他



                   【STORY】

小学生のディッキー(シュー・チャオ)と、工事現場で働く父親のティー(チャウ・シンチー)は、いまどき珍しいほどの超ビンボー親子。
“息子には最高の教育を受けさせたい”という父の願いから、お金持ちの子女が集まる
名門小学校にディッキーは通っているが、学校では浮きまくり、同級生の心ないイジメに耐え忍んでいる。

そんなある日、ティーはゴミ捨て場から謎の物体を拾い持ち帰る。
まるでゴムボールのような物体だが、ふとした拍子にスイッチが入り、四本足の謎の生物に変身! ディッキーはその物体を“7(ナナ)ちゃん”と名づけ、かわいがっていた。
この出会いで、自分の学校生活はバラ色に(?)なるはずだったディッキーだが、
この物体を巡って学校で大恥をかいてしまう・・・。
ディッキーはいまの生活を変えてくれると期待していたのに、“使えねー”ナナちゃんに苛立ち始める。
そんな矢先、ティーが仕事先で悲惨な大事故に巻き込まれてしまう。
使えね~ナナちゃんが、ミラクルな奇跡を起こすのか!?


   

                     【解説】
 
香港映画界が誇るトップスターであり、監督作『少林サッカー』『カンフーハッスル』で世界中を熱狂させたチャウ・シンチーがSF映画に初チャレンジ。
これまでに数え切れない主演作・監督作の看板を背負ってきたシンチーであるが、本作の主人公は小学生のディッキーだ。
1万人が参加したオーディションでシンチーが見出した新人子役は、実は女の子。
過去にもカレン・モクやヴィッキー・チャオを別人のように変身させたシンチーが、
今回もマジックを見せる。また、一貫して“ダメ男の起死回生”を描いてきたシンチーが、
家族愛を真正面から描いている点にも注目。








コレはチビと一緒に是非是非観たいと思っていました。
ラッキーなことに試写会ハガキが2枚当選したので、2人で行って来ました。



貧乏を描かせたら右に出るものナシ!(ホントはとっても金持ちなのに~笑)
シンチーの描く貧乏は並大抵の貧乏じゃない。
でも、今回のビンボー描写は結構おとなしめ。
ゴキ○リがワサワサ出てくるサマは、鳥肌が立ってしまったけど~。これはシンチー自身が幼い頃貧乏で、夜になると“ゴキ○リ潰し”をゲームのようにしていたことがヒントになってるそうです。


家に置いてあるものは、ほとんど拾ってきたもの。
これってある意味、リサイクルが盛んな今の時代には合ってますよね。


学校で心ない“イジメ”に合っているのはとっても可哀想なんだけど~
これも今までのシンチー映画と比べると、そこまでひどくなくて・・・ちょっと意外な気もします。



何か少しシンチー路線とは違うような雰囲気が、一般人にもウケそうで~(笑)なんだか嬉しい♪







080430_miracle7_sub4.jpg



そして・・・エイリアンのナナちゃんが、とってもとっても可愛い!!!
シンチーが飼っていた犬がモデルというナナちゃん。
大きな瞳がキュートで~
可愛い顔、怒った顔、困った顔、どんな表情もホントに可愛くて~~~。

使えね~はずのナナちゃんが、こっそり頑張ってる姿にはホロリ・・としてしまった。




そうなのです。
この映画でも、私はとっても泣いてしまうシーンがあって・・・
泣いた。泣いた・・・






チャウ・シンチーは、いつも“そこまでやるか?!”という表現をします。
貧乏にしても、イジメにしても、とことん。
けれど、今作は“くどくない”“あっさりしてる”そこがとっても後味よく仕上がってると思った。
“一人息子を心から愛する父”になり切っていて素敵でした。
彼のコメディセンスも素晴らしいので~笑いどころは、例によって満載でした。
(ウ○コネタも、ちゃんとある)






シュー・チャオちゃんは、素顔は可愛い女の子。
この役を射止めてから、長い髪を切って臨んだそうですが~すっかり男の子でした。
表情も仕草も本当に男の子だったのが凄い。
その才能をかわれ、シンチーの養女となり、
シンチーの映画製作会社スター・オーバーシーズと8年契約を結んだそうです。






080129_miracle_sub2.jpg



ディッキーを気にかけ、いつも庇ってくれる優しく美しいユエン先生はキティ・チャン。
先日の『少林少女』でもなんて素敵な子だろうと思っていたけど~
本当に美しいわ。。。
彼女もシンチーに見出され、シンチー次回監督作『西遊記』では、三蔵法師を演じるという噂も・・・




この映画では、女子が男子を、男子が女子を・・・というパターンが多くて(笑)
シューちゃんだけではなく、いじめっ子のジョニー(なんか反応しちゃうよ。この名前 爆)役はホアン・レイという女の子が。
ジョニーの用心棒、暴龍を演じた身体の大きな男の子は素顔は23歳の女性、ヤオ・ウェンシュエ。
そしてびっくりなのが~ディッキーに想いを寄せる巨体の女の子(?どう見ても女子には見えない~汗)は、シンチー自身が中国で発見した男性レスラー!!!
それでも違和感なく見れるのがシンチー映画の凄いところ・・・(爆々)




工事現場のボスはシンチー作品おなじみのラム・ジーチョン。
今回は出番は多くないけど、印象的な役でした。



その他にも見知った顔も多く~香港映画好きには嬉しい限り・・・うふふ・・・。
過去作品へのオマージュもたくさん!
そして何より、シンチーが大好きな『E.T.』の世界がここに・・・






N0014313_l.jpg



ナナちゃんはCGなのだけど~ フワフワした毛並みや、うるうるした瞳がスクリーンを通して伝わってくるの。
あ~~~可愛い!!!
私も欲しい~~~!!!
この映画を観た人が みんな叫ぶと思うわ。絶対。。。







マリー的お気に入り度 ・・・ ★★★★★★★★★☆ (こういう映画大好き!)
マリー的涙度数 ・・・ ★★★★☆ (思いっきり泣いてしまったシーンが・・・)






A0001802-00.jpg



                こんなに可愛い女の子シューちゃん。


チャウ・シンチーって、私の愛する♪アンディ・ラウ♪やトニー・レオンと同じ香港TVBの俳優養成所出身なんです。

アンディやトニーは演ずることに力を注いでいるけれど(製作なども少しはやってますが)、シンチーは作ることに力を入れてるみたいですね。
最近では『少林少女』のエグゼクティブプロデューサー、日本のコミック『ドラゴンボール』のハリウッド実写版(チョウ・ユンファが亀仙人)にもプロデューサーとして参加しているのです。







最終更新日  2008年06月27日 22時47分29秒
[映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.