646237 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

pure breath★マリーの映画館

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


マリーmypink

カレンダー

お気に入りブログ

Spice Up Your Life *Benio*さん
こぶたのベイブウ映… こぶたのベイブウさん
猫とHidamar… にくきゅ〜う★さん
世界の中心に愛をさ… sanacatさん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん

コメント新着

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
マリーmypink@ ななさんへ・・・ ななさん こんにちは~~♪ >生ジョニ…
なな@ アップしました~ 生ジョニー,羨ましいなぁ 監督さんって…
マリーmypink@ rose_chocolatさんへ・・・ rose_chocolatさん こんにちは~~♪ …
rose_chocolat@ Re:『ガリバー旅行記』(04/18) マリーさん、楽天は省エネだねw でもも…

フリーページ

ニューストピックス

2008年07月20日
XML
カテゴリ:映画
    恋人よりも大好き。それでどうして友達のまま?






『近距離恋愛』

監督・・・ポール・ウェイランド
出演・・・パトリック・デンプシー、ミシェル・モナハン、ケヴィン・マクキッド、ケリー・カールソン、ビジー・フィリップス、シドニー・ポラック、キャスリーン・クインラン 他





                    【STORY】

自分で決めたルールを守り、恋愛ゲームを楽しむトム(パトリック・デンプシー)。
恋も生き方も堅実で、努力家のハンナ(ミシェル・モナハン)。
正反対の二人は、大学時代に偶然知り合って以来、もう10年来の親友同士だ。一緒に食事をし、悩みを打ち明けあう間柄を貫いてきた。

そんなある日、学芸員のハンナがスコットランドに6週間の長期出張する。
彼女の不在で、やっとハンナが特別な人だと気がつくトム。彼はハンナへの告白を決意するが
ハンナは、旅先で出会った婚約者コリン(ケヴィン・マクキッド)を連れてNYに戻ってくる。
彼女に筆頭花嫁介添人=メイド・オブ・オナーをお願いされたトムは、彼女を取り戻すチャンス欲しさに引き受けるが…!?

              

                     【解説】 

お互いの関係が近すぎて、かえって恋愛に発展しなかった友達以上・恋人未満の男女を描く、ロマンティックなラブ・コメディ。
メイド・オブ・オナー=筆頭花嫁介添人など、丁寧に描かれる欧米結婚式の舞台裏もみどころ







単純に楽しい映画でした~。
でも・・・でも・・・
私って考えすぎなのかな~?やはり、いろんな人を傷つけて、迷惑かけまくり・・という展開は後味がよくないんだ。

なんかこんな風に書くとネタバレ気味になっちゃいますが~
知りたくない方は読まないで下さいね。




そこまで、そんなギリギリのとこ(結婚式最中)までいかないと、お互い素直になれないって
いい大人なんだから~。って思ってしまう。
もっと若い2人が演じていたら、私もツッコまなかったかもだけど・・・





パトリック・デンプシーって、魅力的だとは思うけど・・・
イマイチときめかないのは何故だろう?ってず~っと考えていたら、(ほかに考えることないんかい?!みたいな 爆)
昨日観ててわかった!
彼の声がスキじゃなかったの。(完全に自分の好みの問題です 笑)
私の中で、毎日女性を替え~のプレイボーイの声じゃなかったのです。少し“無理”を感じてしまいました。
でもね、コミカルな演技も、シリアスな演技も・・そのうえジャグリングまで上手くて驚いた。





080416_madeofhonor_sub1.jpg




ミシェル・モナハンって『ナルニア国物語』のルーシーが大きくなったみたい・・・
一度そう思うと、ルーシーにしか見えなくて困った(笑)
彼女とトムの相性はとてもよかったと思います。
いろんな衣装を着てたけど、一番似合ったのは真っ赤な下着に黒のストッキング~だと思ったのは私だけ?(笑)





080416_madeofhonor_sub3.jpg



スコットランドの公爵さまコリン・・・ケヴィン・マクキッドはスコットランド人なんですね。
キルト姿も逞しく~似合ってました。
ちょっとつかみ所がなく見えたのは演出?
ハンナ自身も彼のどこに惹かれたか、即答出来なかったしね。。。





トムがこんな人(笑)になってしまった原因、父トーマス、シドニー・ボラック。いい味出していた~
女好きなドクターなんですね。お金目当ての女性と6度目の結婚式。面白い~♪
こういう方って貴重なのに今年5月にお亡くなりになったそうです。残念。。。ご冥福をお祈りします・・・





トムを取り巻くお友達もみんないいカンジでした。
みんな茶化しながらも、親身になってトムのこと考えてくれてて~
こういう友達って貴重ですね。
バスケ仲間で~ヒョロヒョロとした一人、はじかれてませんでした?“イジメ”に合ってる?って気になった~(笑)




ハンナのお友達たちも、個性的な人を集めましたね~~。
みんながみんな美女揃い~じゃないところがリアルなカンジで・・・(苦笑)





この映画の見所のひとつ・・・
スコットランドの美しい風景。
場所がスコットランドになると、音楽まで変わる。

湖からは、いつネッシーが出てきてもおかしくない~
珍しい競技や伝統のキルト姿。同じキルトでもあんな“ミニキルト”もあるの?びっくり!
可愛すぎ~~~。




それにしても風習の違いというものは、お互いに理解し合う為には、多くの時間が必要ですよね。
特に国際結婚、一般人と貴族・・・それなのに一目ぼれで結婚を決めてしまっては、かなりの無理がある。
ギリギリでも気付いてよかったとも言えるかも。。。



花嫁介添人というのは、今までも幾度か見てきましたが、筆頭花嫁介添人がそんなに重要な意味を持つとは知らなかったです。
箔がつく~というのかな?
花嫁介添人のリーダー、MOH(メイド・オブ・オナー)を何回やったかということが誇らしいみたいな。
これってかなり大変ですね。
トムが騙されて“やっちまった”ように、そのパーティがどんなものになるか全てかかってるんですから。

私が結婚した時(もう大昔で忘却の彼方ですが 笑)、二次会の仕切りを旦那の友達が全部やってくれたのを思い出しました。
その彼はゲイだから男性の気持ちも、女性の気持ちも分かってくれて~素晴らしいパーティにしてくれたなぁ・・・(遠い目)
 



所々、下ネタもあり・・・大笑いできるとこもあって、なかなか楽しめました。
けど・・・最初に言ったとおり~後味がね。。。



ということで・・・



マリー的お気に入り度 ・・・ ★★★★★★★★☆☆ (要所要所に登場した可愛いワンコに★オマケ)
マリー的涙度数 ・・・ ★★☆☆☆






最終更新日  2008年07月20日 19時28分47秒
[映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.