645971 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

pure breath★マリーの映画館

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


マリーmypink

カレンダー

お気に入りブログ

劇場鑑賞「ザ・ファ… BROOKさん

Spice Up Your Life *Benio*さん
こぶたのベイブウ映… こぶたのベイブウさん
猫とHidamar… にくきゅ〜う★さん
世界の中心に愛をさ… sanacatさん

コメント新着

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
マリーmypink@ ななさんへ・・・ ななさん こんにちは~~♪ >生ジョニ…
なな@ アップしました~ 生ジョニー,羨ましいなぁ 監督さんって…
マリーmypink@ rose_chocolatさんへ・・・ rose_chocolatさん こんにちは~~♪ …
rose_chocolat@ Re:『ガリバー旅行記』(04/18) マリーさん、楽天は省エネだねw でもも…

フリーページ

ニューストピックス

2009年09月22日
XML
カテゴリ:映画



  コネクションも財産も教育もない孤児院育ちの少女が、

               世界の「シャネル」になるまでの物語






『ココ・アヴァン・シャネル』

監督・脚本・・・アンヌ・フォンテーヌ
原作・・・エドモンド・シャルル=ルー
脚本・・・カミーユ・フォンテーヌ / クリストファー・ハンプトン
出演・・・オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴールド、アレッサンドロ ・ニヴォラ、マリー・ジラン、エマニュエル・ドゥヴォス 他





                 【解説】

現在も女性たちを魅了し続けているハイファッション・ブランド“シャネル”。
映画『ココ・アヴァン・シャネル』はその創始者であるデザイナー、ガブリエル・シャネルが、愛する男性と出会い、永遠のアイコン“ココ・シャネル”になるまでの初期過程を描き出している。

シンプルなツイード・スーツや、エレガントでメンズライクなパンツ・スーツなど、シャネルの特徴的なアイテムの誕生のきっかけなども描かれており、ファッショニスタ必見の映画となっている。
ココ・シャネルを『アメリ』のオドレイ・トトゥ、彼女の生涯の思い人を『GOAL! ゴール!』のアレッサンドロ・ニヴォラが演じる。




                 【STORY】

修道院付属学校で育った孤児のガブリエル・シャネル。
“ココ”と呼ばれる彼女(オドレイ・トトゥ)は、洋裁店で助手の仕事をしながら、姉(マリー・ジラン)とカフェで歌を歌い、生活の糧を得ていた。
そこで出会った裕福な貴族、エティエンヌ・バルザン(ブノワ・ポールヴールド)の愛人となり彼の家で暮らし始めた彼女は、様々な上流階級の人々と出会っていく。

そして、そこで彼女はアーサー・“ボーイ”・カペル(アレッサンドロ・ニヴォラ)と出会い、愛を育む。
彼は彼女の才能を見抜き、彼女が帽子店をオープンするための資金を援助する…。







楽しみにしていました。
フランスが舞台なのに英語・・というのが多い中、やはりフランス語というのはいいですよね。
ほとんどブランド名しか知らなかったシャネルが、こんな人生を送っていたとは驚きました。


ただ私が見たかった、知りたかったところはあまり描かれていなかった。



彼女の信念である“シンプル”の背景は、おそらく少女時代を過ごした孤児院・・・
ゴテゴテ飾り立てない。必要最低限のものしか持たない(身に着けない)。
そこは本当に短いシーン・・・
(シンプルな服に白い襟が付いている修道女を見ている少女ココのシーン)

そのたった一つのシーンで全て分かるというのは、それはそれで素晴らしいのかもしれないけど・・・



もうひとつは、ココが愛する人を失い、仕事に没頭し成功するところ。
アッという間に立派になっていて~
そこまでは、本当に長かったのに・・・

“下積み”は若い時期だけしかなかった訳ではないよね。。。

シャネルの裏側が、もう少し見れるかな~と思っていたので
ちょっとがっかりしてしまった。



若いココが怖いものなどない勢いで、バルザンをモノにするところなどは、とても興味深かったです。
相手の好み(この場合は馬)をすぐ取り入れるところなど、なかなかのものです。

彼女は非凡なだけではなく、駆け引きも上手だったのですね。






333578view008.jpg



オドレィ・トトゥは、凄く合っていたと思う。
実際のココにも似ているみたいですね。





愛人となるバルザン=ブノワ・ポールヴールドは、本当にこういう年配の方だったのかな?
男性としての魅力はイマイチ感じられず・・・(自分の好みじゃないから辛口)






003.jpg


ココの想い人、ボーイ=アレッサンドロ ・ニヴォラもそんなにステキ?でもなく
あ~~~ダメだ。イケメン好きの私の好みでないとコメントも出来ない。。。(苦笑)






羽飾りで飾り立てた婦人たちは、みんなおんなじに見えて、区別がつかなかった。
姉アドリエンヌもココを見出すエミリエンヌも同じ顔に見えちゃって(私だけ? 汗)






少し期待しすぎていたので、映画として 結構“普通”に感じてしまいました。

音楽は『ネバーランド』を彷彿とさせる美しいメロディーラインで、好きでした。





333578view002.jpg


こういうさりげない雰囲気がステキ(これはパジャマにカーデ羽織ってるだけ)


もっともっとシャネル・ファッションも見たかった!!!





マリー的お気に入り度・・・ ★★★★★★★★☆☆






今日は、雨の中またゴルフに行って来ました~~~。
チビは試験前で塾だというのに~遊んでばかりのママとパパを許して~(特にママ)



いかにもゴルフウェアーというのは嫌なので、ファッションにも少し気を使っています。

ココじゃないけど、みんなと一緒は嫌い(笑)
というワケで、ムスメにハンチング借りて被っています(歳のことは考えていない。あはは・・・)







最終更新日  2009年09月22日 21時00分27秒
[映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.