572822 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

pure breath★マリーの映画館

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


マリーmypink

カレンダー

お気に入りブログ

今日の収穫 (7月… BROOKさん

Spice Up Your Life *Benio*さん
こぶたのベイブウ映… こぶたのベイブウさん
猫とHidamar… にくきゅ〜う★さん
世界の中心に愛をさ… sanacatさん

コメント新着

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
マリーmypink@ ななさんへ・・・ ななさん こんにちは~~♪ >生ジョニ…
なな@ アップしました~ 生ジョニー,羨ましいなぁ 監督さんって…
マリーmypink@ rose_chocolatさんへ・・・ rose_chocolatさん こんにちは~~♪ …
rose_chocolat@ Re:『ガリバー旅行記』(04/18) マリーさん、楽天は省エネだねw でもも…

フリーページ

ニューストピックス

2009年11月21日
XML
カテゴリ:映画

悪名こそ、彼らの名誉(グロリアス)






『イングロリアス・バスターズ』

監督・脚本・製作・・・クエンティン・タランティーノ
出演・・・ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ、イーライ・ロス、マイケル・ファスベンダー、ダイアン・クルーガー、ダニエル・ブリュール、ティル・シュヴァイガー、ギデオン・ブルクハルト、ジャッキー・イドー、B・J・ノヴァック、オマー・ドゥーム、アウグスト・ディール、ドゥニ・メノーシェ、シルヴェスター・グロート、マルティン・ヴドケ、マイク・マイヤーズ、ジュリー・ドレフュス、ロッド・テイラー 他






                【解説】

クエンティン・タランティーノ監督とブラッド・ピットがタッグを組んだ最強のアクション大作。
ナチス占領下のフランスを舞台に、それぞれに事情を抱えたクセのある登場人物たちの暴走をユーモアたっぷりに描く。
メラニー・ロランやクリストフ・ヴァルツ、ダイアン・クルーガーなど各国を代表する俳優たちがこれまでにない役柄を喜々として演じている。歴史的事実を基に作り上げられた、奇想天外なストーリー展開は拍手喝采の快作!



                【STORY】

1944年6月ナチス占領下のフランス。
“ユダヤ・ハンター”の異名をとるランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)に家族を殺された少女・ショシャナ(メラニー・ロラン)は、劇場の支配人ミミューとして身分を隠しながら生きていた。

ある日、ドイツ軍の英雄フレデリック(ダニエル・ブリュール)に言い寄られ、挙げ句にナチスのプロパガンダ映画をプレミア上映させられることになったショシャナは、ナチスを根絶やしにする壮大な復讐計画を進める。

時を同じくして、アルド・レイン中尉(ブラッド・ピット)率いるユダヤ系アメリカ人兵士の特殊部隊が、各地でナチスを次々と始末していた。
その残虐な手口から“バスターズ”と呼ばれ、恐れられる彼らは、ドイツ人女優になりすました英国スパイ・ハマーシュマルク(ダイアン・クルーガー)と共に、打倒ナチスの極秘ミッションに参加する。
周到に復讐計画を進めるショシャナと、ナチスを片っ端から始末するバスターズ。
それぞれの作戦が、ヒトラー総統を招いたプレミア上映会で交錯する・・・。






公開初日に鑑賞~♪
面白くなかったら、返金~なんて関係なく面白かったです。
ナチを扱っているにも関わらず、重くなく楽しめる娯楽作品に仕上がっているのは、タラちゃんの力?


実は予告編の時点で、まず『アバター』があって~
これ楽しみ~。とか思っていたら、次に映し出されたのが~~~なんと!!

『パブリック・エネミーズ』

ぎゃ~!!ジョニー出た~~~!
とまるで幽霊が現れたかのように大騒ぎ(私ひとりで)

テンション上がりまくりのままでの鑑賞(まだ余韻さめやらぬ中、始まった)

なので余計楽しめたかな?


全編、英語やドイツ語、フランス語と様々な国の言葉が飛び交って
これは一体どこの映画だろう?というカンジ。
でも、今までフランスが舞台なのに英語~みたいな映画が多かったから
これこそ本物。という気がしました。



1章~2章・・5章と区切りがあるので、大変分かりやすいです。
ただプロローグ的な第1章が緊迫感あふれる会話劇の作りで
この時はちょっと力が入って肩が凝った・・・。
衝撃的なシーンもあったし。涙





333858view012.jpg


噂では聞いていたけど、クリストフ・ヴァルツ(カンヌ国際映画祭男優賞)が凄いの。
彼の見透かすような視線が怖い。。。狡猾な雰囲気、抜群!

英語・フランス語・ドイツ語・そしてイタリア語?ペラペラ話すのがカッコいい。
最初から最後まで、ブラピを喰う演技で 素晴らしかったなぁ~。






091016_inglorious_sub2.jpg


ブラピもよかった!
この間の『バーン・アフター・リーディング』より楽しくて良かった。
すごい訛りの英語(英語が分からない私でも訛ってるのは分かる)を話すアクの強い役。

インディアンの血を引く設定なので?頭の皮を剥いじゃうのかな。
ちょっとこれは気持ち悪かった・・・。(何度もあったしね)
あんなに美形なのに、美形に見えないのがさすが。






333858view013.jpg


ヒロインのメラニー・ロラン。
美しく聡明で・・・彼女の復讐がなんとか成功しますように。と祈らずにはいられなかった・・・
監督もこなす才媛。
これからが楽しみな女優さんですね。






333858view009.jpg


ダイアン・クルーガーってドイツ語上手い。と思ったら
彼女はドイツ出身だった・・・
ぴったりの役でしたね。
タランティーノ監督作に出演したくてオーデションで勝ち取った役。
納得の演技でした。
顔も綺麗だけど、足も綺麗だった~






バスターズの面々の顔が覚えられなかった~~~。
“ユダヤの熊”の人はすぐ分かったけど、他の方は結構最後まで誰が誰かよくワカラナイ状態。。。
私だけかなぁ~?





登場人物が多いので~一人一人の感想は省きますが
誰ひとり違和感なかった。

タラちゃんのキャスティングの妙?

音楽も、とても良かった~。
物語を盛り上げる曲が随所で使われていて。




映画館炎上~~~は、感動しちゃった。
これが実話ならよかったなぁ。なんてしみじみ思ったり・・・

そこへ至るまでは哀しいことも多かったけど、最後はすっきりしました。



マリー的お気に入り度 ・・・ ★★★★★★★★+半













最終更新日  2009年11月25日 22時13分55秒
[映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.