658827 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

pure breath★マリーの映画館

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


マリーmypink

カレンダー

お気に入りブログ

Spice Up Your Life *Benio*さん
こぶたのベイブウ映… こぶたのベイブウさん
猫とHidamar… にくきゅ〜う★さん
世界の中心に愛をさ… sanacatさん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん

コメント新着

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
マリーmypink@ ななさんへ・・・ ななさん こんにちは~~♪ >生ジョニ…
なな@ アップしました~ 生ジョニー,羨ましいなぁ 監督さんって…
マリーmypink@ rose_chocolatさんへ・・・ rose_chocolatさん こんにちは~~♪ …
rose_chocolat@ Re:『ガリバー旅行記』(04/18) マリーさん、楽天は省エネだねw でもも…

フリーページ

ニューストピックス

2010年12月14日
XML
カテゴリ:映画



            幾たびも立ち上がれ、羊が獅子となるまで





『ロビン・フッド』

監督・・・リドリー・スコット
脚本・・・ブライアン・ヘルゲランド
出演・・・ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング、ウィリアム・ハート、マーク・アディ、オスカー・アイザック 他




                   【解説】

伝説の義賊、ロビン・フッドの物語を『グラディエーター』のリドリー・スコット監督と、ラッセル・クロウの黄金コンビが手掛けた歴史スペクタクル大作。
12世紀のイギリスを舞台に、勇猛果敢なヒーローの戦いぶりを活写する。
出演者も『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のケイト・ブランシェットや、『シャーロック・ホームズ』のマーク・ストロングら名優が勢ぞろい。映画の前半と後半で描かれるイングランド対フランスの壮絶な戦闘シーンは必見だ。



                   【STORY】
  
12世紀末、ロビン(ラッセル・クロウ)は十字軍の兵士としてフランスでの戦闘に加わっていた。
ある日、イングランドの騎士ロバートの暗殺現場に居合わせた彼はその遺言を受け、ロバートの父(マックス・フォン・シドー)に遺品の剣を届けると約束する。
やがてノッティンガムの地を踏んだロビンは、ロバートの身代わり役を頼まれ……。






どんな伝説を作った人なのか知らなくても・・・誰もが名前と弓の名手だと知っている。
私もその一人。
架空の人物なのか、実在したのか、それすら知らなかったけどね。



実はラッセルさんが苦手なんだけど~彼の作品は多く観ている。(ニコラスさんもそうです 汗)
それって作品には惹かれるものが多いってことなのかな?



コスチュームものが特に好きなので~
今回もラッセルさんということは抜きにして鑑賞。
ケイト・ブランシェットが出てることも忘れてたので嬉しい誤算。




冒頭の戦闘シーンから、なかなかの迫力で
惹きこまれました。

この作品、向こうではあんまりヒットしなかったのかな?
私は楽しめました♪



彼のカリスマ性は石工の父譲りという新しい解釈。

1本の剣との運命の出会い。
その剣が彼の過去や未来に繋がってゆくというストーリー。




イケメンは出てなくて(笑)出演者も年齢層高め。
闘いの中に、大人の恋も盛り込んでいて
その恋愛はちょっとじれったいんだけど~男臭いストーリーの中だから
まぁ、おつまみ程度ってことで・・・






336827view008.jpg
ラッセルさん、闘う男は、はまり役。
お風呂のシーンで上半身も披露。鍛えてありました~。

鎖帷子や鎧を脱ぐお手伝いさせちゃうし、その重さをかる~く着こなしてる彼に
ケイトがハッとするところ。なかなかいいんじゃない?




揺れる女心をうまく演じてたのはさすがケイト。

晩婚で結婚してから1週間で夫は出征。10年間もお舅さんに仕えながら領地と領民を守ってる。。。可哀想すぎ。

気丈に振舞っていても大変だ。
そこにつよ~い男が現われたら、ヨロってなっちゃうよ。

でも闘う彼女もエリザベスみたいで良かったです。強い女性が似合う~~~。(エルフもいいけどね)





ロビン・フッドと愉快な仲間たち(笑)336827view006.jpg とか
生まれながらのワガママ王子(ジョン王)とか、賢く立ち回る忠臣(マーシャル)とか、こっそり養蜂業を営む修道士(タック)とか

面白いキャラも多いですが~イケメン不在(しつこくてスミマセン)





獅子心王ですが・・・王が最前線~って駄目でしょう・・・
すぐ狙われちゃうに決まってます。



ロビン・フッドなんだから
夕飯のウサギを獲るだけゃじゃなく、もっとたくさん凄い弓の名手っぽいシーンが欲しかった。(あの海岸での渾身の一矢の為、他は抑えた?)



スキンヘッドのゴドフリー。部下にやっぱりスキンヘッドがいて(髭あり)時々、混乱しちゃったよ・・・




ラストも好みでした。
みんな笑顔で、末永く仲良く暮らしましたとさ。みたいな・・・

そんなことある訳ないんだけど~
だからこそ、、、好き。





マリー的お気に入り度 ・・・ ★8個+半 (エンドロールのバックがアートでステキだった)







最終更新日  2010年12月14日 21時35分30秒
[映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.