000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

光のはしら通信

2006.11.10
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

今日のお話は、私が主催しているヒーリングサロンの光のはしらカンパニのHPに、以前エッセイとして書いたものですが、今の屋号に至った経緯が書かれているため、またHPにリンクして載せたいな~と思い、訂正&加筆しながら載せてみることにしました。



2004年3月に今のセッションルームのあるビルに移転しましたが、
これはその移転にまつわるお話です。



移転の約1ヵ月ほど前のこと、
私はこの部屋と全くの偶然に出会いました。

それは、朝パートナーが布団の中で発した
「今日は直感がきたので仕事を休むことにする」から始まりました。

彼は起き上がるとパソコンをいじり始めました。そしてその日からメールの送受信ができるようになっていたことを発見しました。

パソコンを購入して半年たった頃のことです。

彼も私も初心者のため、何がどう作用したのかわからないのですが、それまで何故かメールの機能を使うことができずにいたのが、急にメールができるようになりました。

さらにヒーリングセッションに関するホームページを完成していたものの、これも何故かアップできずにいたのが突如可能になりました。

そのあと私は彼に付き合って街に出ました。

彼が寄ろうとしていた店のそばに不動産屋があり、その張り紙が私の目に飛び込んできました。

移転のことなど何も計画してはいませんでしたが、私は張り紙の中の物件の一つにとても惹き付けられてしまい、その足で内見の予約を取り付けました。

ところが不動産屋さんはちょっと渋い顔。「期待しないでくださいね」というのです。

「実は柱がちょっと・・・。」とのこと。なんでもビルをリフォームした際、柱の出っ張りを計算に入れ忘れて事務所のスペースとしては狭くなりすぎてしまい、借り手がつかなくなっていたとのこと、それで家賃を下げた矢先だったらしいのです。

そのフロアは事務所用のスペースであり、本来は私の使うような(お客さんの出入りがあるような)セッションルームに貸し出すつもりはなかったらしいのですが、私に借りる気があるなら OK してくれることになりました。

翌日内見にいくと私は即決で部屋を借りることを決めました。

不動産屋さんがさんざん「期待するな」というので、さぞかし狭くて汚いのだろうと想像していたのですが、実際見てみると、リフォームしたてで綺麗だし、ただ狭いだけでしたが、それも工夫次第で何とかなると思えるものでした。

それまでは木造のアパートを借りていたのですが、何かと気を使うことが多かったので、堂々とヒーリングのセッションを行なえる場を求めてはいたのです。

移転を機に、心機一転して屋号を変えようと思いたちました。

ホームページも立ち上げたばかりで、きりがよいように思いました。

今までの全面横文字カタカナ名はやめて(はっきりいって飽きてしまった。。。)、ひらがなや漢字も入れたいと思いました。

いくつか案がありましたが、なかなかピンと来ず、ようやくひらめいたのが、部屋の柱の出っ張りを名前に活かそうというものです。

この柱のお陰で借り手がつかずに家賃が下がり、セッションルームとして借りられることになったのですから、私としては柱に感謝し祝福したい気持ちだったのです。

そして決めたのが「光のはしらカンパニー」という名です。(現在は「光のはしらカンパニ」)

その後しばらくした頃、あるチャネラーの方に「この部屋にはゴールドの柱が降りてきている」といわれました。

そういわれて初めて思い出したことがあります。

部屋を見つけた1、2週間ほど前のこと、 私は短い眠りの夢の中でゴールドに輝く柱の存在と出会っていたのでした。

その存在は私の前に姿を現すと、自分は「金のビーナ」であると、名前を告げたのです。

もしかしたらその柱の存在がこのセッションルームに引き合わせてくれたのかもしれません。

ヒーリングの仕事をするために、初めて場所を借りることになったとき、2度目の移転のとき、共にその少し前に私は光を見ていたので、今度は何も現われなかったと思っていたのですが、ちゃんと合図があったんだなあと、これを書いている今やっと気づきました。

 

<追記>

その後、ワークの中で自然と「光のはしら」というフレーズを使ったり、そういうワークに縁ができたりしたのも面白いです。

現在は、同じビルのまた別の、更に小さな部屋に移っています。ここは倉庫として使っていたスペースだそうです。このときは大天使ウリエルがきてくれました。セッションルームの家賃を抑えることができるようになったので、それとは別にグループワーク用のスペースを借りることができ、ワークショップを行なうようになりました。

まさに「光のはしらカンパニ」(=光のはしらの仲間たち)だなあ~。

名前をつけると自然とそういう感じになっていくのが面白い。

そうそう、「カンパニ」は「会社」の意ではなく、「仲間」という意味で使っています。その語源は同じひとつのパンを食べる仲間たち、という意味だそうです。そのイメージなのです。会社だと思われることもありますが、およそそんな感じではないので、訪れた方にはびっくりされます。           

 

☆  ☆  ☆

東京・西荻窪の小さなサロンで、スピリチュアル個人セッションを行なっています。
<女性専用>
11/18(土)レイキ交流会     12/9(土)チベット体操とダンス
ともに参加者募集中!
詳細は
光のはしらカンパニ 

  
 ★

グレゴリオ暦 2006.11.11

二十一夜

<<ドリームスペル>>

自己存在の月最終週です。

赤い磁気の月の年(目的を統一する 引きつける 宇宙の水 清める 流れ)
自己存在の月25日(形 定義する 計測する)                            
KIN 57 赤い倍音の地球
 <倍音の>輝き 授ける 命ずる <赤い地球>舵取り 発展させる シンクロ二シティ

キーワードを参考に宇宙に流れるエネルギーを感じてみてね♪

 







最終更新日  2009.05.19 00:03:02
コメント(4) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


風里pu−ri

フリーページ


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.