000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

白い食器の部屋

PR

X

全3件 (3件中 1-3件目)

1

NE-BS1000

May 5, 2014
XML
カテゴリ:NE-BS1000

■商品名:Panasonic(パナソニック 旧ナショナル)オーブンレンジ用 取っ手
■レビュアー:ぷるぷる777 ※投稿時

■レビュー内容

NE-BS1000を愛用しているのですが、オーブン用の取っ手が同梱されていなかった為、純正品はないのかと思いずっとシリコン製のミトンを使用していたのですが、たまたまネットでこの商品を見つけ、NE-BS1000にも使えるというので試しに購入したところ問題なく使えました。
ただ、よく調べてみるとNE-BS1000の純正品としてはA0604-1E30(864円)があることが後でわかり実家の分も必要だっ… もっと詳しく見る






Last updated  May 5, 2014 10:13:53 AM
コメント(0) | コメントを書く


June 14, 2013
カテゴリ:NE-BS1000
先日購入したパナソニックのビストロ(NE-BS1000)

自動メニュー「から揚げ」(レンジ+ヒーター加熱18分)

を使って2種類の鶏肉を焼いてみました。

※手羽中(ミックススパイスをまぶした物)と冷凍フライドポテト
手羽元 NE-BS1000

※鶏もも肉(市販のから揚げ粉をまぶした物)と冷凍フライドポテト
NE-BS1000 から揚げ


手羽中の方は、もう少し焼き色が欲しかったので

更にグリル(上面加熱)で数分追加焼きをした
ら良い感じに

仕上がりました。


鶏もも肉の方は「仕上がり強め」にしてみたところ、

皮の部分がかなり焦げてきたため、2分前に終了。

しかし、内部が完全に火が通っていなかった為、

再度追加加熱しました。


今回わかったことは

「仕上がり強め」にすると加熱時間が

長くなるのではなく(時間は18分のままだった)

「火力が強まる設定」
になっているらしいということ。


結果としては

・手羽先を焼く場合は、から揚げモード「仕上がり強め」が良さそう。

・冷凍フライドポテトは(普通)でちょうど良い感じ。

(油で揚げるよりさっぱりしているし、

食感もカリッとしているのでかなりお勧め)

(グリルプレート半面で100g程度載せられます)

・鶏もも肉のから揚げは、表面はカリッとしているが、

 裏面は脂でベタベタしていて個人的には微妙。

 こういう仕上がりなら、衣はつけず、塩焼の方が無難そう…


 という結論でした。

 
 ちなみに、「甘塩鮭ときのこ」をクッキングペーパーで包み、

 「白身魚ときのこの包み蒸し」-自動メニューの45番(蒸し物10分)で

 調理してみたところ、とても良い感じで蒸し上がりました。


 「温泉卵」-自動メニュー108番(18分-)も白身がちょっと緩かったものの

 黄身はしっかり固まっていてなかなか美味しかったです。

 (次回は仕上がりをもう少し強めでやってみるつもり)

 NE-BS1000 温泉卵


 蒸し料理は後の掃除(水分のふき取り)が若干面倒ではありますが、

 仕上がり自体は予想よりもかなり良い感じに出来るようなので、

 これからますます出番が増えそうな気がします。


<参考>ごまごまから揚げ(自動メニュー49番)で加熱したもの
 (レンジ+ヒーター加熱 8分)
 ほとんど焼き色なし。ギリギリ火は通っていましたが…
 やはり、ある程度時間をかけないとダメみたいですね
NE-BS1000 手羽中



・お勧め NE-BS1000


・自動メニューは若干減りますが、こちらもお勧め










Last updated  June 19, 2013 08:27:40 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 12, 2013
カテゴリ:NE-BS1000
先日の楽天スーパーセールで

念願のパナソニックのビストロ(NE-BS1000)白 を購入しました!

(現在はほとんど在庫がないようですが…)



とにかく、以前から見た目が美しいバゲットを焼きたくて

試行錯誤していたのですが、その為にはまずはちゃんとした

スチームオーブンが必要だろうということで

いろいろと悩んだ結果、パンブロガーさんたちにも愛用者が多い

パナソニックのビストロに決定。


どうせ買うならサイズが一回りコンパクトになって

機能性も向上した新商品の方が良い
だろうと

この商品を選んだわけです。


そして、念願かなって焼いたバゲットはこんな感じ ↓

バゲット

これでも焼減率24%くらいまで焼いているのですが、

焼き色がかなり薄いし、どう見ても理想とはかけ離れた焼き上がり…しょんぼり


今までバゲットがうまく焼けなかったのはオーブンのせいではなく、

私の腕がたんに未熟だったという無慈悲な現実を見せつけられて

しまった次第です。
号泣


とはいえ、買ってしまった以上どうしようもないので、

とりあえずこれから日々精進しなくては…(苦笑)

(このオーブン、楽天スーパーセールで79,800円という

超お得な価格でゲット出来た事は唯一の救いでした。

その上、ポイント10倍。 楽天さんには感謝です!)


ちなみに、実はバゲットはすでに4回位焼いてみたのですが、

どれも似たような感じでどうもうまくいきません。


毎回生地の作り方や焼成温度を変えているせいもあり、

いろいろと試行錯誤の最中ではあるのですが、

中でも一番酷かったのが

306番のフランスパンのオートメニューを使って焼いた物


(これは恥ずかしくてとてもお見せ出来ません)

焼き色はもっと薄いし、裏はほとんど焼けてないし(一応銅板使用です)

このオートメニューだけは二度と使わないと心に誓ったのでした。


その上、オートだと予熱中に現在のオーブンの温度が何度なのか

表示されずいきなり予熱が完了する
ので、生地の準備が

出来ないんですよ。

一応、予熱は約13分とは書いてあったけれど、非常にやりにくかったです)


こんな感じで、いまだ見た目に関しては満足な物は

全く焼けずじまいなのですが、味の方は思ったよりも美味しく

出来ているようで、表面はパリッ、中はふんわりもっちりしている
ので

その点に関しては結構満足しています。

(今まで使っていた7年物の三菱のオーブンレンジだと、

中までなかなか火が通らず焼減率22%程度まで焼こうとすると、

外側が真っ黒になってしまい、いつも皮が硬くて厚いバゲットしか

焼けなかったので…)


また、ビストロだと大まかな電気代が表示されるので

パンを焼くのにだいたいどのくらいの電気代がかかっているのか

知ることが出来る為、凄く参考になっています。

(300度を5分続けると0.5円とか、230度を15分で6.8円、

200度を15分で3.4円とか…そんな感じでした。

予熱分は見落としてしまいましたが…)


ビストロでは1kwh当たり22円で計算しているようですが、

我が家の場合は、請求書から計算すると平均で1kwh当たり

21.2円位だったのでそのままの数値で使用しています。


また、皆さんがよく気にされている庫内温度の状況ですが、

300度に予熱が完了した時点では、

天板中央部の温度は280度くらい(銅板使用)
でした。

だいたい庫内温度は表示温度のマイナス15~20度位のようですね。

(奥の方はもっと高めかもしれませんが)

うちのタニタのオーブン用温度計の精度もよくわからないので

なんともいえませんが、NE-BS1000の場合は、表示温度に関しては

そこそこ信頼できるのかなと思っています。

(石釜ドームなどは所有者の話では350度に予熱完了しても

庫内温度は230度くらいまでしか上がっていなかったりする

そうなので…)


予熱完了時間については、取説によると

180度で約6分、200度で約7分、250度で約12分、

300度では約24分
となっているようです。


最近のオーブンレンジの予熱が早くなっているのには驚きましたが、

さすがに300度まで予熱した場合は、我が家では

約27分かかりました。


あと、音がとても静かなのも良かったです。


ということで、とりあえず、今日はこの辺で。

また少しずつ気づいた点などレポしたいと思います。






Last updated  June 15, 2013 07:27:56 PM
コメント(1) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.