000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ももれもん日記。。。

朗読内容

【朗読の内容】

一人の男性=俳優(どうしてもビョンホンssiのイメージしか思えないようなシチュエーション)が、ある日突然、医者から余命幾ばくもない病だと宣告。
映画の撮影、完成試写会まで持つかどうかの
限られた命のともし火。父と母に会いたい。でも若かりし日の父への反発。帰りたい、でも帰れない。
昔育った家の近くまで帰ってきたものの、どうしても帰ることが出来ない。男は近くの丘から携帯電話で家に電話をかける。

男「もしもし、俺。。。」
母「どうしたんだい?」
男「なんでもないよ・・・・」



他愛もない会話の後、母が言った

母「父さんと代わろうか?」
父「元気か?」
男「うん。」
父「もうそろそろ帰って来いや」
男「いや、でも父さんの葬式には帰るよ!」と
 「父さん、ありがとう。」
父「それは家に帰って俺の目の前で言うもんだ」と
 「秋頃にはかえって来いよ!」(この辺不確かです)
男「うん、じゃあ秋頃には帰るよ」(   ”  )


男は秋までは持たない。
家に帰るのはきっと自分の葬式になるだろうと。。。。。

母が言った

母「今度帰ってくるときはいっぱいのご馳走を作って待ってるよ」と

今度帰る時は母がいっぱいのご馳走を作って待っていてくれる
ことだろう。もし、自分が死んで家に帰ったとしても、
きっと母は同じだけのご馳走を枕元に並べてくれることだろう。。。

男は口に手をやり声を押し殺して泣いた。
そして、それを悟られないように電話を切った。。。。







© Rakuten Group, Inc.