900730 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

全1659件 (1659件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Aug 19, 2022
XML
カテゴリ:園芸
エキナセアを買って植えました。

今まで、あまり好きなイメージじゃなかったけど、
最近の色を見ていたら、
いいなと思えるものに出会えたので。

渋めの黃橙緑が混じったグラデーション。

背丈も今は30センチほど。
このままでっかくならないでいてほしい。






左:ペンタス
右:コレオプシス・アメリカンドリーム



ペンタスは、毎年一株は買います。

花色に濃淡があるものが好み。

星型の花がいい。
花期が長いのがいい。
病気知らず丈夫なのがいい。


コレオプシスは、ずう~と長年あって、
飽きてきたぐらい。(笑)
はびこって邪魔なぐらい。(笑)




メランポジウム



コボレ種で毎年大繁殖。

間引いても間引いても
キリがないほど出てきます。

晩秋まで咲き続けます。




青色フジバカマ



地下茎+コボレ種

通路を越えて、
隣の花壇も侵食する増殖力。




ブルーベリーがようやく収穫期に。




写真はもちろん一部だけど、
でも全部でも、
それほど多くないんです。

100粒ぐらいかなあ?

情けないけど・・・。涙ぽろり




ここからは、ますます情けない話です。


ニチニチソウを買ったんです。

花が大きくて昔のと違う~~。、
色も肌色がかったピンクで、いいなあ~。

と思って買ったんです。


ところが、
買ったとき咲いてた花が落ちると、
次出てきたのは、目
色は抜けて白くなるし、
大きさも昔通り。

なんじゃこれは!?
こんなことってあるの!?
騙された気分です。怒ってる




(上から下へ変化)




ケイトウ・セロシア



左:買ったときの姿
右:今の姿

なんで横向きになるの?
下向きぎみのも。

上向いて咲いてよね!しょんぼり




最悪は沈丁花



今春、花の後、
新芽の育ちが悪いなあと思っていたら、

7月末には左の姿。
伸びない新芽が萎れてきた~~。

今月に入ると、
葉がすべて落下。(右)

これはもうだめと諦め、
切って抜きました。

根が完全に腐っていました。

ああ~、何が悪かったのか?

今春、枯れてしまった雲南黄梅の
隣に植わっていました。

枯れ現象の伝染だあ~~。
号泣号泣号泣







Last updated  Aug 19, 2022 10:28:28 PM
コメント(2) | コメントを書く


Aug 17, 2022
カテゴリ:園芸

ストップしていた家の庭の話に戻ります。


サルスベリがやっとやっとの開花。




なぜ毎年こんなに遅いのか?

考えたのですが、
たぶん、毎年
その歳伸びた枝を一本も残さず、
付け根からすっかり剪定するからかもですね。

まっ、遅くても咲くのだから
よしよしです。ウィンク




ハツユキソウもたくさん茂っています。
全部、コボレ種からです。












ミソハギ










ミソハギの上には、
ブットレアが咲いています。

咲き出しの頃と違って
脇芽の脇芽なので、
花がずいぶん小さくなっています。






センニンソウも5つ6つ咲きました。




このたくさんの蕾を見てください。

全部開いた姿は、さぞやさぞや・・
ぽっ






タカサゴユリもです。




今開いているのは、
花が一個、二個しか付いていないものですが、

たくさん蕾がついているものが咲いたら、
きっと見事よね?

もう雑草とバカにできないですよね。
ウィンク











Last updated  Aug 18, 2022 01:11:34 AM
コメント(4) | コメントを書く
Aug 16, 2022
カテゴリ:おでかけ

8/3は、昨日を反省し、
夏の花、ひまわり畑と、白糸の滝へ、


まずは、富士宮市の白糸自然公園へ。
ここは、春にも訪れ、気に入った場所。
ブログ参照


春の花が咲いていた場所は
寂しくなっているけれど、

空き地だったところが、
一面のひまわり畑に!














今日は、富士山もうっすら見えました。





バラ園からも富士山が。




こんなカンナも!



斑入りの葉で、めっちゃ明るい!

南国~~~って、イメージ。

暑さでフラフラするときに見ると、
なんだか目が回りそう・・・。




自然公園のPaに車を止めたまま、
徒歩で白糸の滝へ。
(公園Paは無料。滝Paは有料)

距離は1キロもない。
楽勝と思ったのに、とんでもなかった。

公園は山頂、滝は谷底。
ひたすら急な下り道。
コンクリ舗装されていて、影なし。

帰りは、ひたすら急な登り道。
車のところに戻るしか、選択肢はない。
喘ぎ喘ぎ、バテバテ。

往復の途中で、一組だけ
滝から公園へ
歩こうとしている夫婦に出会った。

『やめなさい。車で行きなさい。』
と、アドバイス。

会えて良かったと感謝してもらった。



到着した滝は、涼しかったです。














Last updated  Aug 16, 2022 04:58:19 PM
コメント(4) | コメントを書く
Aug 15, 2022
カテゴリ:おでかけ

8/2(火)に御殿場市の秩父宮記念公園に行きました。





四季折々にいろんな花が見られて、
気に入りの場所で、
もう5回あまり行っています。

でも今回は失敗。しょんぼり

晴れ30度を超える暑さの中、
園内を廻りましたが、

暑さでバテバテなのは人も花も同じ。

まあ、わかっていたことですがね。

でも、暑さを好きな花が、
園内いっぱいに咲いているのでは
という淡い期待も持って。

でもそんな花は
そんなたくさんあるはずもなく・・・。







こうして集めると、
花いっぱいに見えるけど・・・

上のような花が、
ちょこっと咲いてるだけでした。

おいおいこれで入場料取るの?
というレベル。怒ってる

皆さんわかっていて、来園者はごくわずか。

コロナ対策上は、問題なしでした。大笑い



目 珍らしかったのは

ヤブミョウガの花




見たことなく、名の分からない花




グーグルレンズで調べると、
ハイバンサス』と。

あっているような、違っているような。
どうなんでしょうね?


えんぴつ 追記 えんぴつ

名前の分からなかった花は、
ハグロソウ と判明しました。

感謝です。m(_ _)m







Last updated  Aug 16, 2022 11:21:48 AM
コメント(4) | コメントを書く
Aug 13, 2022
カテゴリ:富士

荘内散歩で写した花々です。


オオバギボウシ









大きな葉に大きく長い花穂。

1m近い大きさで、
存在感は半端ないです。

でも、鹿の好物で減少気味。

1枚目は、我が家のネット囲いの中で。

2,3枚目は、テニスコートのフェンスの中で。




コバギボウシ



左側の薄紫色が一般的。
今回、白っぽいコバギボウシを初めて発見。

どちらも内側の線が綺麗!




ボタンヅル



荘内のあちこちで、
他の木に絡まり、
覆いかぶさるように咲いています。




ウバユリ



地味なユリです。

ヤマユリもウバユリも、
自生してる天然物だけど、

最近は、
ウバユリの方が気になっています。

派手過ぎないほうが飽きが来ませんよね。




チダケサシ



アスチルベの野生版です。





ミヤマタムラソウ


この名前は、自信ないです。

ミヤマと付けていいかどうか・・・?




ヘクソカズラ  マムシグサ



ヘクソカズラは、
家の方でも普通に見られる蔓草。
増えて困る厄介者です。

花は可愛いんだけどね。

マムシグサは、花の後の実です。
秋には真っ赤になります。








Last updated  Aug 14, 2022 12:41:49 AM
コメント(4) | コメントを書く
Aug 12, 2022
カテゴリ:富士

富士山富士に行って、
花の時期がバッチリあってたときは
嬉しい~です。ウィンク

花のいい時期って短いのに、
ちょうどいいときが見れたら
幸せ~です。ウィンク

今回、
木の花でバッチリだったのは、
タマアジサイ、ノリウツギ、リョウブ。


タマアジサイ




着いた日はこれぐらいで、



帰る日は、これぐらい。



バッチリより、まだ手前ですね。大笑い

2分咲き → 4分咲き

でも、うれしい。手書きハート


コボレから子供がたくさん生まれているので、
あちこちに移植しました。

でも、しなぁ~となってる状態で帰ってきたから、
今頃枯れてるかも・・・・。しょんぼり




ノリウツギ

野生のノリウツギだから、
装飾花が少ない。

でも、山ん中ではその方がいい。ウィンク

木によって、
姿色形がちょっとずつ違ってます。


















リョウブ









小さな白い花が集まって穂状になり、
穂が集まって一塊りになり
葉の上に乗っかるように、びっしり咲くものだから、
今の時期、山の中で目立ちます。目


結構高木になるので、
下枝を残して、幹をズバッと切ってます。

ひこばえもいっぱい出てきます。

幼いうちに引き抜いておかないと
大変なことになるので、
見つけしだい、抜いています。


タマアジサイも、ノリウツギも、リョウブも、
地のものは、ホントに強い。
どんどん増えます。

我が家だけでなく、
荘内のいたる所で見られます。

バイバイ






Last updated  Aug 13, 2022 12:26:07 AM
コメント(4) | コメントを書く
Aug 11, 2022
テーマ:昆虫(6)
カテゴリ:富士

困りものは、鹿の他にもう一つ。

スズメバチです。

毎年のように巣を作られます。

今年も、軒下に!ほえー





ほらっ、アップにすると蜂がいる!



見えました?

ぼやけた写真でごめんなさい。

刺されたくないから、
近づけないし、大あわてだし。



夫が、翌朝未明に、落としてくれました。










今回のはまだ小さめで、
中は3段だけ。

卵や幼虫が入っていました。


成虫は、薬を吹きかけられ、
弱ったものの、飛び去ります。

明るくなると、
巣を探して戻ってきます。

そして新たな巣を作ろうと、
励みます。

そこを狙って、また薬をシューー。

死活問題なので、ハチもしつこいです。
だから人間もしつこく!

帰ってくる時、
酢と酒と砂糖を入れた
ハチトラップも仕掛けてきました。

次回来たとき、巣ができていませんように。




ダブルハート来てくれて嬉しいのは、
渡りをする蝶、アサギマダラです。




ピントを合わせる時間もくれず、
ひらひら飛んでいきました。

家の裏側にヨツバヒヨドリが咲いているので、
アサギマダラがやってきます。

せめて、ヨツバヒヨドリはピントを合わせて。











Last updated  Aug 11, 2022 09:43:28 PM
コメント(6) | コメントを書く
Aug 10, 2022
カテゴリ:富士

富士山富士に避暑に行っていたので、
久しぶりの更新です。

夏中、滞在したいけど、
家の庭も放っておけないので、
帰ってきました。

気温が、10度近く違うので、
帰ってきて、しばらくは
暑くて暑くて、ぐた~~~状態。

ようやく、写真を整理して更新です。



向うは、予想通り、ヤマユリの季節。ハート(手書き)

家の周りがヤマユリに囲まれ、
甘~い香りに包まれていました。






















写真、ここまでにしようかなあ・・・

ここまでなら美しいんだけど・・・。


迷うけど、載せます。



実は、野生の鹿がユリの新芽を食べてしまうので、
網を張って、守っています。

だから、内情を見せると見苦しいのです。失恋

網の外でも、高い場所や斜面は大丈夫だけど。





蕾の先が、網に引っかかって、
こんな可愛そうなユリも・・・ほえー





ネットから引っ張り出してあげたけど、

変なの~。 手遅れです。しょんぼり





隣接するゴルフ場内に、
鹿を捉えるためらしい檻を発見。




でも、入り口が降りているから、
これじゃあ、入りようがないのでは?



動物保護との兼ね合いもあるけど、
鹿被害も、多いからねえ・・。

人間を恐れなくなって、
我が物顔で歩いているからねえ・・。


物陰から道路に飛び出してきた鹿と、
危うくぶつかりかけ、
急ブレーキを踏んだこともあります。

こわごわ目を開けたら、
いなくなっていたから、無事だったのでしょう。

昔はいなかったのに、
ここ10年ぐらいかしら・・・。

なんとかならないものかしら・・・。
しょんぼり







Last updated  Aug 10, 2022 04:37:37 PM
コメント(6) | コメントを書く
Jul 29, 2022
カテゴリ:園芸

家の東壁のヘンリーヅタです。






ここは車庫でもあるので、
ヘンリーヅタが膨らんできてはいけません。

壁内への空気の流れ道確保のために、
これ以上高くするのもダメ。

ところが生育旺盛で、
すぐ、つるが伸びてきます。




切って2日もすると、
もうこのありさま。しょんぼり

2~3日毎に、
伸びてきたところをハサミでカット。

この勢いだと、
私が寝込んだり、いなくなったりしたら、
家がツタに覆われ埋まってしまうでしょう。(笑大笑い

笑い事じゃなく本当に。

それとも
手に負えないと、
根元からカットの運命かな?

ほんとは、新しい葉の色きれいなんですよ。





裏側も、紫がかった銅葉色。




実だって新しいツルに付きそう。



だから残したい。 でも無理。
しょんぼり 制約多過ぎ!)



ヘンリーヅタの足元は、
カラープランツでかためています。


ギボウシ




ユーパトリウム・チョコラータ




フウチソウ




フウチソウは、
玄関ポーチにも、吊り鉢で。




玄関ポーチの柱には、
鳥が運んできた、シマトネリコ




柱に沿うように剪定。
高さも手が届くところまでで剪定。
枝も透かし剪定。

大きくなったら、通行の邪魔だし、
根も大きくなり、家の基礎を傷めるから。

先日も、
剪定をしばしサボっていたら、
『切らな、家傷めるよ!』
と、Nさんがご親切に忠告くださった。

カメラ写真は、剪定後です。







Last updated  Jul 30, 2022 01:32:39 AM
コメント(8) | コメントを書く
Jul 28, 2022
カテゴリ:園芸
モミジバアオイが咲きました。手書きハート







朱赤色の大きな花で、
夏を感じさせてくれる花です。

元気を分けてくれる花です。

たくさんあったら暑苦しいかもしれない。

でも一日花なので、
いっぺんにたくさん咲くことはない。


もう一つ気に入っているのは、雌しべの長さ。






この長く突き出た雄しべ!

ピノキオの鼻っぽく見えません?




カマキリが、デッキテーブルの上を歩いていました。

カメラを向けると、
こっちに向かってくるのには驚きました。





クラブ  クラブ  クラブ


さっきから、うつらうつらしてしまって、
はかどりません。眠い..眠い..

トンチンカン書いてたらごめんなさい。


日中、35度の下でのテニステニスで、
疲れているようです。

次回から、35度以上の猛暑日、
熱中症警戒アラートの発令されてる日は、
テニスを控えることに決まりました。

倒れたりして、
今以上に、病院救急隊、病院に
御迷惑はかけられませんからね。

でもイチマツの寂しさも。

歳とったんだなあ・・・・。








Last updated  Jul 29, 2022 12:00:47 AM
コメント(0) | コメントを書く

全1659件 (1659件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.