000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Toy is Bravissimo!

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

肝がんだった私 覚え書き

2019年05月30日
XML
テーマ:癌(3424)
残りの人生をどう生きるか。

子供の頃から親しくしていただいているSさんが、また入院した。
乳ガンが四年後に再発してから、長年に渡って全身癌と戦っている癌サバイバーだ。
私にとって、大好きだけでなく、生きる姿勢が本当に素晴らしく、尊敬している方でもある。

たまたま同じ病院に通っていて、今回もちょうど検査日が同じで、「どっかにいるから探してーっ」て言われたので、私も検査の合間を縫っては、お喋りに興じていたのだが、ようやく4時頃私の検査が終わってスマホを見てみると
「今入院しています(笑)」と、メールが(^_^;)
清算を終わらせさっそく駆けつけると、さっきまで元気だったSさんが、顔色が少し悪くベッドに寝ていていた。
でも、婦長から「本当に明るいよねー!類は友を呼ぶ。能天気ペア」と呼ばれた程の二人なので、いつもの軽いノリでのお喋り。
今まで病院の先生にも、他の患者さんの話を聞いてあげてと頼まれたり、講演で話をしたり、新聞に載ったりと、みんなの相談役の彼女は、今までに沢山の人を見送ってきたので、葬儀場はどこが良かったと大盛り上がり!
でも帰り際に、「月末に娘と、私も葬儀場見に行こうかと思っていたのに、(下見に)間に合わないかも。」と、一言言ったのを笑い飛ばしたけど、振り返って見た時 ベッドに横たわって目をつぶったSさんが、妙小さく見えて急に胸が痛くなった。

この2年くらいは、何回もホスピスに行きなさい とか、もう放射線治療は一生分浴びたから出来ない等と言われても、いつも 「最後まで戦うわよ!」と言い切り駆け抜けてきた人から、死の目前のような言葉を聞くなんて思っても居なかったから、かなりショックを受けて、今もその光景が頭の片隅から消えない。

私も、
癌の告知の時、
手術の時、
再入院緊急手術の時、
また、今も毎回と言って良い程、検査後悪性腫瘍の影があるとか、気になる影があると言われて詳しい検査を受けたりしてるけど、
相変わらず、落ち込むことも、動揺することもなく呑気に受け止めて過ごしてきた。
主治医の先生ですら、私の癌のレベルとサイズから、半年以内に再発してもおかしくないと思っていたのだから、実際に再発してもおかしくないだろう。
でも再発する気は全く無いけど、
万が一その時が訪れたら、私も人並みにショックを受けて、涙の一つもこぼれるのだろうか?
今のように笑って過ごせるのだろうか?
彼女のように気丈にいられるのだろうか?
私も最後まで、走り続けられるのだろうか?



次にお見舞いに行った時には、
邪魔になっても、万が一転院しても、生きている間は、何回もお喋りしに来るわね!
死んでから顔見てもしょうがないからって言うつもり。
だってそうだもん。






最終更新日  2019年05月30日 23時01分14秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年02月15日
テーマ:癌(3424)
池江璃花子選手のコメント 本当に心に響きました~
「神様は乗り越えられない試練は与えない」
本当にです! っていうか 実はあまり頑張ってない私ですが(^▽^;)

先月も先生に、私くらい大きな癌だったら、一年以内に再発する人が大多数
二年以内は70%もいるからね~って さくっと言われてきました。
先生も、私が
そんなこと言われても動じないし 傷ついたり落ち込まないって知ってるから(笑)
全然へっちゃらで、話してくれるんですけどね~(ノ∀`*)ノ彡☆
結構な確率で、検査の度に悪性腫瘍の疑いの影や、怪しい腫瘍の影が見つかっちゃってるので
慣れっこだし・・・
人生ポジティブシンキングで生きないと(*^^)v






最終更新日  2019年02月15日 15時01分38秒
コメント(2) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.