000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

QBスニーク

◆あくまで仮退院◆

 移植後102日目.白血球数4000.午前中に心エコーおよび腹部エコー検査実施.考えてみれば,最初に入るはずだった病棟に移ったことを思い出した.紹介状を持って外来診察を受けたときにはこの病棟に入ると言われていたのである.どういう事情かわからないが,無菌病棟に入ったのである.
 発熱が治まらないため,息抜きの外出の許可が取り消された.胸部レントゲン撮影のオーダーが出された.肺炎を疑っているのであろう.熱はなかなか下がらなかった.気分は大分良くなっていたが・・・.

 移植後103日目.眼科検診と胸部レントゲンを実施した.仲の良い友人が一日中付き添ってくれた.外出するよりも楽しく一日を過ごすことができた.

 移植後104日目.体重が移植前に比べて13kg減ってしまった.食欲も無い.暇を持て余して,前の病棟に何回も遊びに行った.夜には会社の美女軍団が面会に来てくれ,力付けられた.ついつい長話をしてしまった.体温は36.5℃まで下がった.

 移植後105日目.白血球数4500.週末の外泊許可が降りた.思わずガッツポーズをとった.会社の先輩からワールドカップのチケットが当たったという連絡が入った.翌年のの6月9日の試合チケットだった.

 移植後106日目.外泊に出掛けた.帰宅前に少し寄り道をした.生きていることを実感した.

 移植後107日目.昼食は久し振りに行きつけの洋食屋さんでランプステーキを味わった.美味しかった.

 移植後108日目.大分食欲が出てきた.朝食には妻の手作りカレーを2杯平らげた.夕食は,子供たちのリクエストでピザを取って十分に味わった.いつもどおり,夕食後に病院に戻った.

 移植後109日目.白血球数4700.この日から,主治医の許可を得て,大浴場での入浴を開始した.大きな風呂は気持ちが良かった.病院食に飽き,外食(弁当などの購入品)の頻度が多くなった.

 移植後110日目.昔の闘病仲間が外来のついでに面会に寄ってくれた.自分も早く退院したいと思った.

 移植後111日目.咳は治まってきた.午後からマルクを実施した.4人も医師が顔を揃えていたのには驚かされた.要注意患者なのであろうか?

 移植後112日目.白血球数4600.少し咳が残っていたが,週末の外泊は許可が降りそうであった.前の病棟から思わぬ来客があった.小児の女の子が一般病棟を見たいと言い出したのであった.わけがあって,極限られた相手としか口をきかない少女であったが,とても表情が豊かなので,何を考えているかは何となく理解できた.病棟を案内して,前の病棟に送り届けて帰ったら,回診が終わっていた.それ以降,看護婦さんは一度も私のところへは顔を出してくれなかった.もちろん外泊許可証ももらえなかった.

 移植後113日目.何とか予定通り外泊許可が出た.帰宅前に社会見学を兼ねて寄り道をした.この頃の外泊のパターンであった.

 移植後114日目.娘を幼児園に送っていったら,保母さんが娘に「良かったね.お兄さんに送ってもらって」と話していた.痩せたので若く見えるらしかった.前々から狙っていたパソコンを購入した.

 移植後115日目.大分熱さを感じる季節になっていた.とにかく沢山食べることを心掛けた.いつもどおり,夕食後に病院に戻った.検温すると37℃を超えていた.疲れが出たのであろうか?

 移植後116日目.白血球数5000.昨夜の発熱は朝までにほぼ治まっていた.前週のマルクに結果,問題となりそうな異型細胞が消えていたとの報告を受けた.一時退院を許可すること,ドナーリンパ球輸注の準備ができ次第再入院すること,などの計画が主治医から公表された.妻の都合も考慮して,週末の退院が決定した.

 移植後117日目.昔の闘病仲間が次々に面会に来てくれた.会社の先輩は,隣のベッドの若者に退院祝いを持ってきてくれた.私ではなく,隣の若者にである.

 移植後118日目.リフレッシュのために外出した.消灯時間を過ぎてから帰院したが,なんのお咎めも無かった.もっとゆっくり遊んでくるんだったと後悔した.

 移植後119日目.白血球数5100.口腔外科で口内炎の状態を確認してもらった.軽度のGVHDと診断された.昼食は,入院中の闘病仲間の有志と連れ立って病院傍のファミリーレストランに行った.楽しいひとときであった.夕食後には会社の若手が届け物のついでに面会に来てくれた.

 移植後120日目.いよいよ退院の当日である.午前中に前の病棟に挨拶に行った.大体の人達と挨拶を交わすことができた.同じ会社の社員で骨髄移植を終えたばかりの方とも挨拶をすることができた.このときは,これが最後の面会になるとは思ってもいなかった.
荷物運びのために,昨夜とは別の若手が1人駆けつけてくれた.非常に助かった.帰宅して,荷物を運び終えて体温を測ると,37.5℃であった.嬉しくて,少し張り切りすぎたようだ.あくまで仮退院であることを思い出した.
[2002.08.03更新]
『闘病記』閲覧室へ


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.