830754 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

QBスニーク

TTT(チモール混濁試験)/ZTT(硫酸

『正常値』

○TTT(チモール混濁試験)[単位]:4.0以下
○ZTT(硫酸亜鉛混濁試験)[単位]:4.0~12.0



【TTT,ZTT】

 TTT・ZTTは,膠質反応とも呼ばれ,血清に試薬を加えて血清が混濁する程度を測定する検査である.主に,血清中の蛋白成分の構成比の変動を知るために実施される.
 混濁度は,血清中のγグロブリンが増加すると増して(上昇),アルブミンが減少すれば低下する.また,脂質,リポ蛋白が増加すれば混濁度が増し,特にTTTは有意に上昇する(検査にあたっては,空腹時に採血を行うことが重要である).


【TTTの上昇をみる原因】

 ①肝臓病(急性肝炎,慢性肝炎,肝硬変,胆汁うっ滞,脂肪肝など)
 ②高脂血症(血清が乳びとなる場合,著しい上昇をみる)
 ③膠原病(慢性関節リュウマチ,SLEなど)
など.


【ZTTの上昇をみる原因】

 ①肝臓病(肝硬変,慢性肝炎,肝癌,急性肝炎)
 ②慢性炎症(結核,慢性尿路感染症,慢性気管支炎など)
 ③膠原病(SLE,慢性関節リュウマチ,橋本病など)
 ④多発性骨髄腫,悪性リンパ腫
など.
[2002.09.08更新]
血液物知り事典へ  


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.