000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

tictoc6472のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

tictoc6472

tictoc6472

カレンダー

バックナンバー

2024.07
2024.06
2024.05
2024.04
2024.03

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022.06.22
XML
カテゴリ:生活


アボカドは「エメラルドグリーンの黄金」「山の無塩バター」などの称号を戴く食の「ネットセレブ」であり、食用オリーブオイルは多くの人の体と心を癒す植物油である。 オイルの王道」「リキッドゴールド」と呼ばれています。


では、アボカドオイルとオリーブオイルはどう違うのでしょうか? どちらが健康的か?


抽出の全工程が異なる


シアバターは、アフリカ産の植物の果実から抽出した天然人体脂肪で、砕いたシアバターを水で煮た後、脂肪細胞を冷却して常温で乾燥させ橄欖油推薦て得られる。食用オリーブオイルは、新鮮なオリーブの果実を加熱や化学処理をせず、すぐに低温圧搾して、天然の栄養成分を保持したものである。


栄養成分の違い


アボカドオイルも食用オリーブオイルも、一価不飽和脂肪である脂肪酸を十分に含み、さらにビタミンD、ビタミンb2、ビタミンD、ビタミンK1、抗酸化物質を含んでいますが、アボカドオイルは食用オリーブオイルよりもビタミン含有量が多く、アボカドオイルは大豆タンパク質と身体を満たすオメガ9を豊富に含んでおり、様々な種類の 炭水化物


味の違い


アボカドオイルは、ほとんど無味のニュートラルな味のオイルなので、トースト用パンやその他のケーキやパンなど、より一般的なレシピにブレンドしやすくなっています。 一方、食用のオリーブオイルには、刺激性アルデヒドと呼ばれる強力なアントシアニンの抗酸化物質が含まれており、高品質のエキストラバージンオリーブオイルでは、より強い風味を持ち、マイルドな甘さを感じることができます。


食べ方の違い


アボカドオイルは喫煙点が高く、一般的に250℃以上であり、連続した高温調理を行うことができるので、野菜を焼いたりケーキを焼いたりするときに使用することをお勧めします。食用オリーブオイルはエキストラバージンを選ぶのがベストですが、エキストラバージンの食用オリーブオイルの喫煙点はわずか80℃であり、これは連続高温調理にはあまり適さず、主に冷たい料理に使用されます、さもなければ栄養素は連続高温により溶解し流れ出します、したがって食用オリーブオイルはより適しています。 そのため、冷たい料理や中低温で調理する料理により適しています。


消費効果の違い


アボカドオイルに含まれるビタミンや多価不飽和脂肪酸は、体内の過剰な酸素フリーラジカルを除去し、様々な慢性疾患の発症を予防し、老化の進行を遅らせる効果があり、オリーブオイルは悪性腫瘍の確率を下げ、アルツハイマーの発症を予防し遅らせ、消化吸収システムを改善し、骨中のカルシウムミネラル吸収を増加させる効果があると言われています。


アボカド油と食用オリーブ油は、栄養価の高い心身ともに健康な油であり、主な用途や調理に必要な条件によって使い分けることができます。



関連記事:


オリーブオイルを多く食べても死亡リスクは低い


初榨、精练、混和,哪一种食用橄榄油就是你的菜?


適切なオリーブオイルを食べることで、心血管疾患による死亡リスクが19%減少します






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2022.06.22 18:49:24
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.