000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

道楽人生

2018.10.31
XML
カテゴリ:自然・風景
10/28(日)に開催された「なると島田島ハーフマラソン」に参加しました。
(去年の写真とキャッチコピーから↓)”心臓破りのコース”と言われている通り、アップダウンが激しいハードなコースでした。



このハーフマラソンは、瀬戸内海の入り口にある小さな島である鳴門市の島田島を中心とした「鳴門スカイライン」と呼ばれる道を走ります。
鳴門で生まれて育った私自身が子どものころ、(当時は自動車の有料道路として)開通した瀬戸内海の小島を結ぶいくつもの橋から海と島並の自然を楽しんだコースです。
その後数十年、世界中の数十か国を訪れてその地域ごとに海を巡りましたが、このような島と海と橋が織りなす絶景を見たことはありません。
この夏、久しぶりに帰省した時にハーフマラソンが開催されていることを知り、世界に誇る日本の絶景を自分の足で走ってみたいと思い、約3か月にわたりトレーニングしてきました。

結果は2時間16分41秒で完走することができました。平均速度は9.26km毎時でした。毎日の練習で10kmぐらいを走っていた時の速度をほぼ維持して約21kmを走ることができました。



特に、このコースは高低差最大135mのアップダウンを3往復繰り返す厳しいコースでしたので、実際に走っていて何度も足が止まりそうになりました。それでも力を振り絞って最後まで歩くことなく走り切れたことには満足感を感じています。






大会情報や他の参加者の感想などをまとめたサイトを訪問すると、再び当日のレースをゆっくり振り返ることができます。

最後にこのコースは、映画「あの空の向こうに」の製作の舞台になっています。この夏、その続編の製作が決定し、その際に鳴門スカイラインが製作発表会見の場所になりました。

今度は是非、映画のストーリーのように東京から瀬戸内海へのサイクリングに挑戦してみたいと思います。






最終更新日  2018.11.01 20:31:39
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.