クエストゼミナール

全1件 (1件中 1-1件目)

1

チャンピオン

2017.01.16
XML
カテゴリ:チャンピオン
rblog-20170116044803-00.jpg
スポーツウォッチャーというテレビ番組でボクシングの元チャンピオンの内山高志選手の特集をしていました。知っている人はご存知かと思いますが、大晦日に前回敗れた選手にリベンジマッチをしたのですが、結果は敗戦となりました。
チャンピオンベルトを失った試合は序盤にカウンターのパンチをもらってダウン!少しフラフラしているところにラッキーパンチを合わせられ三度目のダウンで試合終了‼とここまではよくある話しですが・・・・。帰りのタクシーの中で少しのダメージのない顔でテレビのインタビューに答えていました。全く言い訳も無く、淡々と答えていました。敗れた試合直後にかかわらず、取り乱す事なく……😂。 その試合:クリンチ:という「いわゆる、相手選手に抱きついたり・逃げ回ったりせずに…敗れました。」まだ試合の序盤だったので、もしそうしていればダメージを回復してパンチ力のある内山選手なら勝っていた可能性は十分ありました。そして運命の一戦・大晦日の試合……相手選手はポイントを稼ぐ戦略、距離をとってあまり前に出て来ません。挑戦者の内山選手には厳しい展開です。しかし中盤に内山選手のパンチが当たり相手選手は思惑が外れました。
ただ、序盤にポイントを稼いだ相手選手が、内山選手がしなかったクリンチばかり、クリンチ・クリンチ・クリンチ・・・・。 見ていて😠😠😠💢。
チャンピオンになるだけでも凄い⤴⤴ことなのに敗戦のあとで相手選手の批判は一切なく。インタビューにも毅然と受け答える姿勢は立派❗❗。言葉で言い表せられない………心にじーんときました。
若かりし頃、ボクサーになりたかった時期がある小生には初めて好きな選手が出来ました。37才の内山選手が復活することはとても大変だと思いますが「頑張れ✊‼内山選手」まだ、引退か現役続行か表明していませんがもし、引退したとしても生涯、心に残ったチャンピオンです。






最終更新日  2017.12.09 15:49:16
コメント(0) | コメントを書く


全1件 (1件中 1-1件目)

1

PR


© Rakuten Group, Inc.