277736 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

quroer's ROOM

2007年04月07日
XML
カテゴリ:DEATH NOTE
#25 「沈黙」 見ましたー。

…。

色んな意味ですごい。。


賛否両論ある内容だったかも…。
私的には、それはちょっと…しょんぼりってシーンもありました。。
原作・映画・アニメは別物、仕方の無いことですね。

でも、作り手の想い入れの深さはビシビシ伝わってきました。



見せ場がとても多い回でした。
最も注目されているのは、L&月等のシーンだと思うのですが、
私的に一番の場面は、
タイトル前、Lがワタリの部屋を訪れるシーン…。


映画のデスノート後編を観た時から、
このシチュエーションの漫画を書きたいと思っていたので、驚きました。


「どうしました、竜崎?」
「…どうしたんだ?」


私にとって大切なシーンです。
シーンの冒頭だけ見せて、後は想像に委ねてくれた所も良かった。



文章力無さすぎで、感想をうまく書けません><
でも、上のシーンの事だけはどうしても書きたかったので…。

後は、とても素晴らしい感想を書かれている方が沢山いらっしゃる事だし、
文章ベタの私は、うまく表現できない想いを絵筆にのせる努力をしてみます雫



ワタリとL
_Scan10004.jpg
_Scan01.jpg
アニメでは、死の直前に初めて 瞳に光が入る演出が。
そのLの脳裏には どんな想いがよぎっていたのでしょうか。

ゆっくり ゆっくりと、夢見るように…。

悔しくて死んでも死に切れないだろうなぁー。

と同時に、すべてから解放されたL。

その表情は、眠る幼な子のようでした。




静かで 悲しく …美しい  お話でした。





■web拍手下さった方、本当にありがとうございました!
励みになります~!!






最終更新日  2007年04月08日 05時31分20秒
コメント(4) | コメントを書く
[DEATH NOTE] カテゴリの最新記事


PR

カテゴリ

お気に入りブログ

予告的ななにか New! tama@sanukiさん


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.