000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

さるすべり9722の介護日記

全2023件 (2023件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2020年12月16日
XML
テーマ:今日のこと(192)
カテゴリ:映画
​​ BSPで「シンドラーのリスト」を観た。
​​シンドラーという実業家が、自分と工場にユダヤ人を雇い、1100人のユダヤ人を救う。
 ​​ナチスはユダヤ人を最初はゲットーに住まわせ、次に強制収容所へ送る。映画の主な舞台はその強制収容所へ行く前の収容所。
 白黒の画面は暗く、訳もなくナチスの軍人はユダヤ人をピストルや、機関銃で殺す。シンドラーは収容所長と親しくなり収容所内に工場を作り、そこからアウシュビッツに送られる予定のユダヤ人をお金やダイヤモンドで買って、チェコに送る。
 ついにドイツが無条件降伏した日。工場に軍人、ユダヤ人を集め、軍人には家に帰るようにと言い。自分はナチス党員で裁かれるだろうと言う。
 ユダヤ人との別れの時、彼らは急いで作った金の指輪を贈る。そこには「一人の命を救うものは世界を救う」と刻まれていた。
​​ そこから映画はカラーになり、映画制作時にシンドラーに助けられた人々がシンドラーの墓に石を置く。

 ひとたび戦争になると、殺すか、殺されるか。人は狂気に支配される。最期にスピルバーグはこの映画を殺された6000000(6百万)人あまりのユダヤ人に捧げる、という献辞で締めくくられる。










最終更新日  2020年12月16日 17時06分46秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年12月06日
カテゴリ:散歩
​​ 夕方、川べりを散歩。「トップオブザワールド」を口ずさみながら。30%ぐらい覚えた。息子に電話。
 夕食は餃子。






最終更新日  2020年12月06日 22時08分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年12月04日
カテゴリ:料理
​​ 今日の夕食は 穴子丼 と 胡瓜の胡麻和え。
​​ 穴子は 酒 味醂 醤油 砂糖 の味をしみこませ、グリルで、焼く。だんだん身が丸まってくる。ああ、だから
串を刺すのだな。ごはんは、カンタン酢で寿司飯にした。
 胡瓜は薄切りにして、摺り胡麻とカンタン酢で和える。
      美味しかった。






最終更新日  2020年12月04日 18時12分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年12月03日
カテゴリ:テレビ
​​ らららクラシック、でサリエリを取り上げていた。
サリエリって、モーツァルトを暗殺した人?それは映画のせいでそう思うかもしれないが、濡れ衣です。サリエリはウィーン楽友協会を設立したり、ベートーベンや、シューベルト、リストを教えたり、立派な人だった。75歳まで生きた。サリエリはこのところゲームの主人公になっているようだ。






最終更新日  2020年12月03日 17時41分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年12月02日
カテゴリ:生き方
​​ 子供向けに書かれた、ガンジー伝 を借りた。映画を補足し、興味深かった。
​​ 1947年8月15日、インドとパキスタンは独立。ガンジーは分離独立ではなく、一つの国をのぞんでいたので、祝賀には参加しなかった。インドはヒンドゥー教でパキスタンはイスラム教。両国の対立はインドの核保有、パキスタンも対抗して核を持ち、いまだ世界の平和にとって不安定要素だ。ガンジーは非暴力で菜食、毒蛇も殺さなかった。
 1948年1月30日 ヒンズー教とイスラム教徒の争いをしずめるための祈りの会の席で過激なヒンズー教徒によって、銃で殺される。
 まわりの人は、護衛をつけることや、集会の参加者を調べるように言うが、
 「もし死ななければならないのだとしたら、祈り会こそわたしにふさわしい死に場所です。あなたが私を危害から守られるとおもうのは、まちがいなのですよ。神がわたしを守って下さるのですから」
 暗殺者によって立て続けに3発の銃弾が撃ち込まれ倒れたガンジーは
 「おお、神よ」とつぶやいて息たえた。
ガンジーの遺体は清められ、精油をそそがれて、ジャナム河の堤へとはこばれ、火葬のあとマハトマ・ガンジーの灰は聖なるガンジス河に流された。
  『ガンジー 魂はわれわれとともに」
キャスリン・スピンク作 長井祐美子訳、解説 手塚治虫 1988年 佑学社 


​​​​






最終更新日  2020年12月02日 05時19分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年12月01日
カテゴリ:映画
​​ TVで映画「ガンジー」を観た。感動した。インド独立のため、ガンジーが戦うが、あくまで非暴力を貫く。武器は自分が断食すること。戦いが起こるとガンジーは断食する。争そっている人は、ガンジーが死ぬのは嫌だから、戦いを止める。ついにインドは独立を勝ち取る。最期はピストルで暗殺された。






最終更新日  2020年12月01日 00時49分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月29日
カテゴリ:テレビ
​​ 関東軍は酷い事をした、というのはよく聞くが。昨日BSTBS昼の12時からの番組「近現代史」をみていたら、満州国成立の頃をしていた。関東軍が満州を侵略していくと、国際連盟から「リットン調査団」が侵略かどうかを調べに来る。関東軍は、大急ぎで満州国を既成事実にしようと建国を急ぎ、国を成立させてしまう。憲法も国会もない。溥儀を担いで傀儡政権ができる。
 リットン調査団に庶民が接触しないように軍が見張り、過激分子は銃を使うと音がでるから、毒殺したという。
​​ 新天地を求めて、日本から多くの人が満州へ移住した。私の両親もそのうちの二人で、満州で結婚し、着物の商売やアパートも経営していた、と聞いた。戦寺中に母は命からがら日本に帰国、終戦後父は軍隊から復員した。昭和21年私は生まれた。
 今現在からみると、関東軍は、軍部はひどい、とおもうが、その時はわーっと夢を描いて移住したのだ。
​​


​​











最終更新日  2020年11月29日 07時01分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月27日
テーマ:音楽(157)
カテゴリ:信仰
​​ まもなくクリスマス。一年ぶりに教会にしまってあった馬小屋、マリア様、ヨゼフ様、3博士、羊飼い、ラクダ、牛2頭、ヒツジ2匹を祭壇の下に並べる。馬小屋の上には天使と星。背景の紺の布には、星を散りばめて。まぐさ桶を置く。クリスマスのミサの時、神父様が幼いイエズス様をまぐさ桶に置く。
​​ 帰ってきたら、くたくただったが、食事を作り、食べて、2件電話で話したら、持ち直した。
​​ あぁ、これだ!​​
疲れて、寝ても、疲れはとれなかっただろう。持ちこたえて、歌ったり、皿を洗って、放送大学の「英語事始め」を聞いていたら、元気になってきた。







最終更新日  2020年11月27日 21時22分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月25日
カテゴリ:小説
​​ 昨日BSNHK「アナザーストーリー」で事件をふりかえっていた。壮絶な自決。小競り合いの時刀で背中を切りつけられた自衛官、指が切り落とされそうになった自衛官。
​​ ミシマは覚悟して、3人の盾の会員とともに結行する。残りの90数名の会員は、近くの市谷会館で待機していて、計画は知らされていなかった。​​

​​ バルコニーで自衛官に決起を促すも、嘲笑される。大体クーデターが起こるとは信じていなかったとおもう。
 自分の死に大義が必要だった。徴兵を免れたこと、戦争で死ななかったこと、が大きく影響している。
​​






最終更新日  2020年11月25日 21時54分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月24日
カテゴリ:映画
​​ オードリー・ヘプパーンの本を図書館でみつけた。
​​『オードリー at Home』母の台所の思い出 レシピ、写真、家族のものがたり
​​   ルカ・ドッティ 共著 ルイージ・スピノーラ
ヘプパーンの写真がいっぱいで、なかでも一番いいな、と思ったのが。ソファで眠る彼女の胸元に小鹿がいる写真。
 小鹿のような彼女に本物の小鹿がよりそっているなんて、すてきー。庭で小鹿と駆け回っているのもある。


​​






最終更新日  2020年11月24日 19時59分53秒
コメント(0) | コメントを書く

全2023件 (2023件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.