626035 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ラビット大福の週末ブログ

PR

X

全3139件 (3139件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021/07/23
XML
カテゴリ:医療
日曜日に手術入院となった。
月曜日が手術。
前回2回の胃癌の手術と同じ病院。
今回は癌に関わる手術ではないので、気は楽だ。
とは言え、体にメスが入ると思うと多少の緊張感はある。

ということで、画像は入院直後の病室の窓の景色。
南向きでありながら冷房の効く良い部屋だった。
因みに、今回は脊椎麻酔。
手術中は意識があり、下腹部をいじられる感触が新鮮だった。







Last updated  2021/07/23 12:18:08 PM
コメント(1) | コメントを書く


2021/07/18
カテゴリ:植物
3年前に数球のグラジオラスの球根を植えた。
最初の年は各種の色が楽しめた。
が、次のシーズンには、画像の色のものだけが残り後は枯れてしまった。
その代わり、残ったものは冬を越した。
更に木子も増え、実に元気だ。
連作障害もなかったようだ。

花茎の下から順に花を咲かせるグラジオラスも、とうとう最上部が開花している。
これが枯れると庭のグラジオラスの花の季節は終わりとなる。







Last updated  2021/07/18 04:21:40 PM
コメント(1) | コメントを書く
2021/07/17
カテゴリ:通勤
週末ブログの弱点は、必ずしも時節に合った投稿ができるとは限らないこと。
関東地方は梅雨明け宣言が出されたが、遅れての梅雨の話題となった。
夏至を過ぎ、同じ時間の電車に乗っても外の景色は次第に暗くなってくる。
雨模様だと一層暗い。

画像はそんなときの車窓の風景。
夕暮れの空に雨雲が流れて行く。
肉眼では気が付かなかったが、スマホの画像は青味掛かっている。
まるで東山魁夷の絵のようだ。

つまらない通勤車窓の景色でも、時によっては面白い雰囲気を味わえる。







Last updated  2021/07/17 07:43:10 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/07/11
カテゴリ:植物
庭のポポーの実が膨らんできた。
実生から10数年。
ようやく木が完全に成熟したようだ。

昨年、ポポーは水を好むことを知った。
これまで結実しては落果していたのは、水が足りなかったからかも知れない。
そこで、今年は水遣りに気を付けた。

一つの軸に実二つが着いて育つのも初めてだ。
軸の太さが頼もしい。
というわけで、今年はプロの作る大きさのポポーの実が収穫できるかもしれない。







Last updated  2021/07/11 10:09:38 AM
コメント(4) | コメントを書く
2021/07/04
カテゴリ:出先の風景
7月に入って、梅雨本番の気候が続いている。
雨に煙る出勤の車窓の景色も色が抜けて見える。
画像は、彩度を下げた加工をしているが、心象風景として記録しておくことにした。

梅雨明けと同じころ、コロナ禍明けとなってほしいものだ。







Last updated  2021/07/04 03:27:14 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/06/27
カテゴリ:植物
昨年に苗を植えた花筏が実を着けた。
たったひとつ。
黒く輝いている。

雄木2本、雌木1本の苗の内、雄木1本は冬の間に枯れてしまった。
残った雄木、雌木各一本に期待し、果たして冬を越した。
葉の上に小さな花が咲いて…。
最後に実ったのが画像の一果。
何か特別なもののように感じる。
光り輝いて、梅雨空を映しているのが印象的だ。







Last updated  2021/06/27 09:30:11 PM
コメント(4) | コメントを書く
2021/06/26
テーマ:鉄道雑談(1305)
カテゴリ:面白写真
人が、3つの点が集まった図形を人の顔と認識する現象を、シミュラクラ現象と言う。
和歌山からの特急くろしお号に乗ったとき、そんなシミュラクラ現象を強く感じた。
特急くろしお号の287系車両は飾り気のないグレーの単色塗装。
それがあってか、入線してきた先頭車両が人の顔に見えた。
運転台が目で、全面の扉が鼻又は口だ。
同様に、前照灯が目で連結器が鼻若しくは口にも見えた。
目が吊り上がった厳しい顔も浮かんできた。
287系には、同時に二つの顔が見えた。


次に車内。
前座席のテーブルの固定部品だ。
これには典型的且つ強力なシミュラクラ現象が起きる。
一度人の顔に見えると、それ以外には見えない。



というわけで、車窓の景色もそこそこにシミュラクラ現象を堪能した。






Last updated  2021/06/29 09:21:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/06/19
カテゴリ:植物
投稿に何回か失敗して3回目の書き換え。

画像は大山れんげの葉に溜まった雨粒の集合。
大山れんげの葉は、庭の植物の中で最も撥水性に富む。
葉の窪みには、そんな雨粒が集まって饅頭のようになっている。
雨空を映して、面白い形態を見せてくれている。







Last updated  2021/06/21 12:49:09 PM
コメント(4) | コメントを書く
2021/06/12
カテゴリ:季節感
テレワークという言葉は便利な言葉だ。
テレワークは日本語では在宅勤務というようだが、在宅勤務では、カフェやホテルの一室でのテレワークは表現できない。
最近は職場の廻りでも、カラオケの個室をテレワーク用に時間貸ししているところがある。

そういう私のテレワークの現場は、専ら自宅の2階。
西日の当たる暑い部屋だ。
居間ではなんとも集中できないので、2階の南西の角に机を置いている。

そんな我が家の西の窓から見た夕日が下の画像。
夏至も間近。
かなり北側に寄った近所の屋根に沈みつつあった。







Last updated  2021/06/12 10:09:17 AM
コメント(4) | コメントを書く
2021/06/10
カテゴリ:庭仕事
庭のびわの実が色付いてきた。
鳥がボチボチ訪れて、啄ばんで行く。
今年はとにかく実りが多い。
見渡す限り枝という枝に実が付いた。
プロは適当に摘果するのだろうがそんな気にもならない。
今年は袋掛けも辞めた。
鳥よけもつけないことにした。

とは言え、収穫はしている。
いちばん良く成った部分を高枝切狭で落とし、未熟なものは廃棄とした。
それでも十分な量は採れる。
当分の間我が家の果物は枇杷となる。







Last updated  2021/06/11 07:12:08 AM
コメント(2) | コメントを書く

全3139件 (3139件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.