649326 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ラビット大福の週末ブログ

PR

X

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

お気に入り

2021/04/10
XML
カテゴリ:お気に入り
​​7年間履いた革靴を修理に出した。
踵部分がすり減ったからだ。
因みに牛革の甲は全く問題なく、内部の異常もなかった。

で、戻ってきたものが下の画像。
当然ながらソール部分は新品に張り替えられている。
だが、驚くべきは全体の状況。
見事に磨き上げられ、履き癖だけが残るのみ。
殆ど新品だ。

元の製品の品質もさることながら、修理の技術も素晴らしい。
メーカーの技術の高さに感動した。
餅は餅屋というが、靴も靴屋だ。

そこで一句。
​“張り替えの 革靴光り 新年度”​

​​​​






Last updated  2021/05/05 09:57:13 AM
コメント(0) | コメントを書く


2021/02/28
カテゴリ:お気に入り
干し柿が大好物。
元々柿が好きで、柿の時期にはたくさん買い込む。
完熟してジェリー化したようなものが特に好みだ。
スプーンですくって食べるぐらいがなお良い。

冬になると、干し柿。
固く干さずに、柔らかさが残るあんぽ柿がうれしい。
そんなわけで、あんぽ柿が売られていると積極的に購入する。

先日も画像のようなあんぽ柿が売られていた。
「50円びき」とある。
そして福島産。
更に“あんぽ柿の放射性物質検査情報”にアクセスするQRコードも貼付されている。

もとより、3.11の影響の残る福島県を応援している。
ここは買わない手はない。
好物、50円びき、福島県産の条件が揃い、大人買いをした。







Last updated  2021/03/01 07:46:27 AM
コメント(1) | コメントを書く
2017/06/10
カテゴリ:お気に入り
いつ、どこの店でもらったのか全く覚えがない。
それほど昔にもらったイエローハットの折りたたみ傘がある。
外観は画像の通り。
「これではちょっと使えないな」と思ってしまい込んでいた。
従って、一度も使ったことはない。
改めて広げてみると意外にしっかり作られていた。
同じ作りのものを買うならば1500円は下らないだろ。

最近のイエローハットの景品はもらっても使い道がないものが殆どだが、これはそれなりに使えそうと改めて思った。
雨の夜道では、黄色が目立って安全歩行に良い。
イエローハットの宣伝をしながら・・・。







Last updated  2017/06/10 12:00:11 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/04/15
カテゴリ:お気に入り

マイブームというほどのことでもないが、最近こんな梅干が気に入っている。
それは、「紀州みなべの完熟南高梅」を使った『塩零梅』。
食塩を使わずに、リンゴ酢と蜂蜜で漬け込んだ梅干しだ。
宣伝文句に“後味スッキリとしたほんのり甘口の仕上がり”とある。

ひょんなことからこの梅干しを知って驚いた。
食べてみると、先ず梅果肉本来の味が残っていることに気付く。
当然ながらしょっぱくはない。
自然の梅の実の食感が素晴らしかった。

梅干しといえば、古来から塩で漬け込むものと決まっている。
梅干し=塩分との図式が定着している。
そんな中で、塩を使わない漬け込み法は画期的だと思う。
新しい梅干しの作り方だ。

欠点は価格だけ。

計算すると一粒当たり100円程度の値段なる。
この技術が普及して、もっと安く出回ることを期待している。











Last updated  2017/04/15 02:21:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/03/11
カテゴリ:お気に入り
最近のいちご狩りは昔とかなり違う。

関越自動車道の上里スマートICを出たところに「上里カンターレ」という施設がある。
その施設、一言で言うと工場直売所だが、イタリアをテーマにした洒落た、その上豪華な建物。
その敷地の一角に最近できたのが、数棟のビニールハウス。
中でいちご狩り又はトマト狩りができるのだ。

で、とりあえずいちご狩りのハウスへ。
中は画像の通り。
ハウスの先端は遥か先で、とにかく広い。
寒い平日の昼のためか人は自分のグループだけ。
貸し切り状態だ。

栽培方式は、2段に棚を作った「高設栽培」。
大人が屈まずに摘みとれるだけではなく、幼児は目の高さにいちごが実っている。
いちごが好きな我が家の孫も含め、全員が満足のいちご狩りとなった。
高速のサービスエリア感覚で利用できるのも、今どきのいちご狩りだ。







Last updated  2017/03/11 03:00:05 PM
コメント(2) | コメントを書く
2015/06/20
カテゴリ:お気に入り
一昨日のメールがあって、・・・、娘から送られてきたのは画像の帽子。
THE SCOTCH HOUSE のタグが付いている。
柄はグレンチェックと言うようだが、普段使いにはちょうど良い。

ネットで調べてみると、結構な値段がする。
私の持っているキャップの中では一番高い。
大いに愛用しようと思い、早速キャップを被って外出した。

THE SCOTCH HOUSE 150620.JPG







Last updated  2015/06/21 12:09:50 PM
コメント(2) | コメントを書く
2015/03/07
カテゴリ:お気に入り
ブログというものは、毎日のように更新するのに対し、週1回の更新だと記事の内容も自ずと厳選される。
自分のブログについては、厳選してもこの程度との不満はあるが、自分としては重要な事項を残しているつもり。
従って、基本、読者の関心事とは無関係だ。

しかし今日の記事は私以外にもきっと興味を持たれると思う。
それは最近発見したベストな靴下。
無印良品の『足なり直角靴下』だ。

無印良品の店で妻が購入していたので、つられて買ったのだが、
これが最高の履き心地なのだ。
ホームページによると、一般的な靴下は角度が120度のところ、
直角靴下は文字通り直角。
人が立った時の足のかたち、即ち”足なり直角”なのだそうだ。
自然な角度でフィットするので、ずれ落ちが押さえられる。
編み方を工夫して、締め付けを最小限にして、快適な履き心地。

実際自分で履いてみて・・・、
宣伝文句の通りを実感している。
仕事柄人前で靴を脱ぐ機会があるので、見苦しく皺の寄った靴下は困りもの。
増してや靴の中でずり落ちてくるのは最悪だ。
その点、直角靴下は全くそのようなことがない。
とにかくそのフィット感が素晴らしい。
サイズや左・右があるものを選べることもうれしい。

アフィリエイトで紹介したいのだが、残念ながら楽天では扱っていない。
私の場合は、無印の店に行く度に買って補充をしている。
ことビジネスソックスだけは、これ以外を買う気にならない。

直角靴下.jpg










Last updated  2015/03/07 02:31:27 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/06/22
カテゴリ:お気に入り
朝日新聞の「サザエさんを探して」に“スクーター”の記事があった。

サザエさんのそのマンガは、お坊さんがスクーターに乗って帰るという、1957年3月21日の朝刊に掲載されたもの。

記事によると、『そもそもスクーターは、1910年代に英米で考案されたが、タイヤが小さく、エンジン部をカバーで覆い、シートにまたがるのではなく座るというスタイルを確立したのは、くしくも第2次世界大戦で敗れたイタリアと日本だった。…、初の国産スクーターを開発した富士産業(現富士重工業)の前身も、戦時中多くの名機をつくった中島飛行機。戦後、倉庫に残された爆撃機「銀河」の尾輪を使い試作された「ラビット」号は、その後20年以上も愛された。』

そこで私のブログネーム。
そもそも「ラビット大福」のラビットはこのスクーターの名に由来する。
小学校時代の恩師が「ラビット」で通勤していた。
私は小学校の直近に住んでいたので、「ラビット」に乗せてもらった記憶はないが、中には病気や怪我で先生のラビットで送られたことがあると語る級友もいる。
そんな恩師の象徴の「ラビット」をブログ名にしたのだ。
因みに、大福は甘党の先生の好物の代表。

話を「サザエさんを探して」に戻すと、『当時、スクーターの国内生産は約3万台。この後急増し、59年には12万台を突破し、一大ブームが訪れる。』
59年当時私は6歳。
それから以降の小学生時代と、大ブームになったスクーターに乗る恩師の姿が重なる。









Last updated  2014/06/22 10:27:20 PM
コメント(1) | コメントを書く
2014/06/17
カテゴリ:お気に入り
明日は61歳の誕生日。
だからと言って、最近は大した感慨もなく、ただ気ぜわしいだけ。
免許の更新や、年金の手続きなども気に掛かる。

そんな時、嫁いだ娘から誕生祝いが届いた。
それはヌメ革の小銭入れ。
「COACH」の刻印がある。
娘曰く、「お父さんが傷んだ小銭入れをずっと使っていたので…」。

確かにそろそろ買い替えても良いかなと思っていた。
北海道にいて、父の小銭入れが古くなっていることを良く覚えていたものだ。
ジャストフィットというか、正鵠を射たというか。
早速小銭を入れ替えて、今使っている。

ありがたい、娘からの誕生日プレゼントだった。







Last updated  2014/06/17 07:54:57 AM
コメント(2) | コメントを書く
2014/05/24
カテゴリ:お気に入り

 

モスバーガー130918_0811.JPG

 写真は、先日NHKの朝の放送で紹介された、私の朝食シーンで座っていた席からの眺め。
9月18日の日付があるので8か月も前のものだ。

どちらかと言うと早起きの私は、ラッシュを避けて朝6時半には家を出る。
会社に入る前にファストフード店で仕事の下調べをする。
その時にモーニングコーヒーを飲んだり、朝食を摂ったりする。
そんなことが最近は週に1,2回あるのだが、写真はファストフード店のお気に入りの席。
片側が壁に面したカウンター席なのだが、奥が広くてパソコンや書類が広げやすい。
その店で1箇所しかないところだ。

その席が気に入って、8か月前からしばしば利用しているだが、開店直後に入らないとそこに座れない。
NHKのインタビューがあった日も、そんな開店直後だった。
私が件の席に座ると、スタッフに「朝食風景の撮影とインタビューをさせてほしい」と言われた。
別に断る理由もないので、「いいですよ」と言って、後はいつも通りの行動。
モーニングメニューを食べながら、インタビューに応じた。

そのシーンは翌日のほぼ同じ時間に放送されたらしく、その後数人の知人や会社の人に「NHKで観た」と連絡があった。
中には、「私らしい人をテレビで見たという人がいるがそれは本当か?」というのもあった。

流石にNHK。
多くに人が同じ時間にテレビを観ていることを実感した。
私自身は自分の行動パターンを少し知られてちょっと残念だが、そんなことがあった席をこれからも利用すると思う。
 







Last updated  2014/05/24 11:59:13 AM
コメント(3) | コメントを書く

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


© Rakuten Group, Inc.