1630632 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

りぶらりだいあり

PR

Profile


りぶらり

Category

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

老婆 なすび0901さん

Children who sit to… 恵子421さん

読書とジャンプ むらきかずはさん
片手に吊革・片手に… もりのゆきさん
From おおさか mayu0208さん

Calendar

Comments

おきま@ Re:「PRIDE 池袋ウェストゲートパークX」石田衣良を読んだ(07/30) 約32年前に池袋のウェイターに騙されて風…
深青6205@ Re:「恩讐の鎮魂曲」中山七里を読んだ(08/16) こんにちは。御子柴シリーズはお気に入り…
りぶらり@ Re:「我が家のヒミツ」奥田英朗を読んだ(06/18) なすびさん,お久しぶりです。僕が本を買…
なすび0901@ Re:「我が家のヒミツ」奥田英朗を読んだ(06/18) 好きな作家の一人 図書館で借りないでア…
2006.12.20
XML
カテゴリ:ばくばく冒険小説
久しぶりに森博嗣を読んだ。

○ストーリー
伝説のエース・「ティーチャー」と同じ基地に配属になり,僕は少しだけ気持ちが上向く。それ以外で,僕の気持ちが浮き立つのは,戦闘機に乗って空にいる時だけだ。基地に支給された新型機を,ティーチャーが辞退し,僕の機体となった時,少しずつ彼と僕との距離が変わってきた。

---------------------

「スカイ・クロラ・シリーズ」と言われる,戦闘機乗りたちの物語だ。命の奪い合いとしての空中戦を描いていながら,森博嗣らしい詩情あふれる文章で,少しも生臭くない。装丁も,作品のタイトルも,巧みに選ばれているのが分かる。とにかく丁寧に作られている本だ。

僕自身は,戦闘機とか戦車とかが,まだ一般的にカッコいいとされてた最後の時代を知っているので,飛行機の部品名はほぼ問題なく分かる。それでも,この作品の空中戦の表現は,半分くらいしか分からない。映画やアニメにしたら,迫力あるんだろうなあ,と思える場面が,全て文章で表現されているのは,なかなかスゴイ。

森博嗣も僕の少し上の年代で,模型が好きということで,戦闘機へのコダワリは理解できる。ただ,それだけで,空中戦の間に起きる翼やエンジンの振動などが,臨場感を持って表現できるだろうか?あたかも実際に経験したようだ。

---------------------

シリーズ2作目だが,主人公たち戦闘機乗りの謎はまだ解けない。なんとなくほのめかされており,それゆえに戦闘機乗りになっている,というようなことは分かるんだけど,スパッと直接の説明がないので,あまり進展はしない。

また同じ戦闘機乗りでも,いわゆるキルドレな人と,フツーの人がいるようだが,森博嗣自身が,それを描写しないので,登場人物たちがどちらに属しているのかは,なかなか分からない。

でもこうした,あいまいさ,もどかしさ,も森博嗣の魅力だったよなあ,と改めて発見した。









Last updated  2006.12.21 00:10:00
コメント(1) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.