936449 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

りぶらりだいあり

PR

Rakuten Profile


気弱な酔っ払い

フォローする

Category

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

Drug that creates a… 恵子421さん

マツバギク咲いた なすび0901さん

読書とジャンプ むらきかずはさん
片手に吊革・片手に… もりのゆきさん
From おおさか mayu0208さん

Calendar

Comments

おきま@ Re:「PRIDE 池袋ウェストゲートパークX」石田衣良を読んだ(07/30) 約32年前に池袋のウェイターに騙されて風…
深青6205@ Re:「恩讐の鎮魂曲」中山七里を読んだ(08/16) こんにちは。御子柴シリーズはお気に入り…
りぶらり@ Re:「我が家のヒミツ」奥田英朗を読んだ(06/18) なすびさん,お久しぶりです。僕が本を買…
なすび0901@ Re:「我が家のヒミツ」奥田英朗を読んだ(06/18) 好きな作家の一人 図書館で借りないでア…
りぶらり@ Re[1]:種蒔きをしたよ(05/24) 恵子421さん >色々植えますね~~~。…

全364件 (364件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

ばくばく冒険小説

2017.06.14
XML
カテゴリ:ばくばく冒険小説
打海文三の青春小説を読んだ。

〇ストーリー

高校を休学した〈ぼく〉は,祖母と両親とが暮らすために建築されたものの,結局誰も住むことのなかった海沿いの〈Rの家〉で夏を過ごしにくる。だがそこには裸の若い女性と,怪しい中年男性がいた。彼らとゆるりとした奇妙な生活を始めた〈ぼく〉は,徐々に〈Rの家〉の完成直後に起きた母親の自殺の真相へと迫っていく。いくつ … [続きを読む >>]





Last updated  2017.06.14 20:18:18
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.07
カテゴリ:ばくばく冒険小説
西尾維新の人気シリーズ〈化物語〉の第22巻を読んだ。

○ストーリー
あの事件の頃から5年が経過し,〈僕〉・アララギ暦は大学を卒業し,警察官となった。キャリア研修の一環として故郷の直江津署に赴任した〈僕〉は,怪異を取り締まる〈風説課〉に配属される。新しい同僚と出会う一方で,かつての友人たちとも再会し・・・

-------------

〈化物語〉も長 … [続きを読む >>]





Last updated  2017.06.07 08:50:46
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.31
カテゴリ:ばくばく冒険小説
逢坂剛の大河ドラマ〈イベリア・シリーズ〉の最終巻,第7作の上巻を読んだ。

○ストーリー

ドイツの敗戦の後,日本へ新型特殊爆弾の投下が行われ,ついにポツダムの無条件降伏が受理される。ヨーロッパに赴任していた日本人たちは,順次,アメリカへと送還され,必要以上に戦争行為に加担したかどうかで審判される。民間人かつ,ペルーとスペインの国籍を取得していた北都 … [続きを読む >>]





Last updated  2017.05.31 21:27:43
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.28
カテゴリ:ばくばく冒険小説
2017年に刊行されたばかりの恩田陸の中編集を読んだ。

〇ストーリー

日本から独立し,鎖国政策を取っている国・途鎖(とさ),そこは特殊な能力を持つ〈在色者〉が多く生まれる土地だった。そこで数名の若者が成人しようとしていた。軍勇司は医学部へ進み,葛城晃は法学部に進みつつ,〈イロ〉について独自の研究を進め,そして神山倖秀は自分の将来を決めかねていた。若 … [続きを読む >>]





Last updated  2017.04.29 19:11:52
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.27
カテゴリ:ばくばく冒険小説
鯨統一郎の長編サスペンスを読んだ。

〇ストーリー
半生をかけて老人ホームに入るための貯金を蓄えた蟹江静子は,全財産の1千万円を奪われ,自殺を試みる。以前から静子を知っていた八原みちるは,その金を取り返すために,そして静子を立ち直らせるために,一大詐欺プランを計画する。偶然にもみちるは,詐欺師だった父親に育てられ,かつては義賊のような詐欺を繰り返し … [続きを読む >>]





Last updated  2017.04.27 22:01:44
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.24
カテゴリ:ばくばく冒険小説
恩田陸らしいサスペンスファンタジー作品を読んだ。

〇ストーリー
現実世界に開いてしまう異界からのほころびをみつけ,ふさぐことを生業としている一族・風雅がいた。その一員・鮎観は,錦糸町で元夫の遼平,甥の浩平と落ち合い,ほころびを探す。やがて彼らはその場所を特定し,そこから湧き出して来る軍服を着た妖怪”グンカ”抑えつつ,それを閉じようとするのだが?

… [続きを読む >>]





Last updated  2017.04.24 22:32:29
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.19
カテゴリ:ばくばく冒険小説
アメリカ西部を舞台にした,新撰組の鬼の副長・土方歳三の冒険物語を読んだ。

〇ストーリー
函館五稜郭の防衛戦で新政府軍の銃弾に倒れた土方歳三は,隊士・時枝の手でアメリカへと送られる。渡航の船中で回復した彼は,土方としての記憶を失っていた。サンフランシスコで,時枝の妹と新生活を始めるはずだった彼らは,密航者としてある連邦保安官に執拗に追われ,ネヴァダ … [続きを読む >>]





Last updated  2017.04.19 23:27:24
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.11
カテゴリ:ばくばく冒険小説
逢坂剛の大河ドラマ〈イベリア・シリーズ〉の第6作の下巻を読んだ。

○ストーリー
国防陸軍の将軍たちのヒトラー暗殺とクーデターは,多くの混乱を生みつつも終結する。逃れられようのない敗戦へと進むドイツで,ジャーナリスト・尾形正義は,その過程を冷静に観察する。一方,特別任務でスペインへ向かうことになったイギリス諜報部員・ヴァジニアは,マドリッドに到着早々 … [続きを読む >>]





Last updated  2017.04.11 21:52:41
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.01
カテゴリ:ばくばく冒険小説
逢坂剛のライフワーク,〈イベリア・シリーズ〉の第6作を読んだ。

○ストーリー
ドイツへの降下潜入作戦から生還したイギリスの諜報部員・ヴァジニアは,スペインからイギリスへと帰還する。彼女は自分を謀略により危機に陥れた人物を探り,それがキム・フィルビーであるという感触をつかむ。一方,ドイツでは連合国またソ連からの東西からの攻撃に劣勢の中,国防陸軍の将軍 … [続きを読む >>]





Last updated  2017.04.02 09:41:04
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.20
カテゴリ:ばくばく冒険小説
〈機龍警察〉など新しいハードボイルドを発表している月村了衛のユーモア時代小説を読んだ。

○ストーリー
水戸徳川としての事業,歴史書「大日本史」の完成を目指していた水戸光圀だが,それはいつまでも進まなかった。「大日本史」の編纂局〈彰考館〉の覚兵衛と介三郎にはっぱをかけた光圀は,なんと自分で執筆者に原稿を催促する旅に出ると言う。それに巻き込まれた2人, … [続きを読む >>]





Last updated  2017.03.21 14:34:23
コメント(0) | コメントを書く

全364件 (364件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.