450803 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

わたしのブログ

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

ニューストピックス

フリーページ

ランキング市場

楽天カード

2014.05.10
XML
カテゴリ:ファッション

italate Cuff Links  201405081607_8785_iphone(V.2014_05_08__04_41_37).jpg

今回はカフリンクスの話。

カフリンクスは、ドレスシャツやブラウスの袖口(カフ)を留める為の装身具。

カフスボタンの事?カフスの事?と思う向きもありますが、正式にはカフリンクス。

カフスボタンは日本だけの俗称で和製英語、カフスは袖の複数形で両袖口の事。

因みに背広の切れ目が真ん中に1本がセンターベント、サイドに1本づつ2本が複数形でサイドベンツ。

 

italate Cuff Links  201405081609_5460_iphone(V.2014_05_08__04_42_38).jpg

それまで世の男性は、提灯袖をピンやレース、リボンで結んでいたが、ルネッサンスと共にドレスシャツの普及により貴族が金や銀の釦で留める様になり、その内上流階級の社交界では味気ない釦に代わり細い金属の鎖で留めるのがお洒落と大流行りとなった。

17世紀のフランスでの話で、これがカフリンクスの起源と言われている。
(マンガ『王様の仕立屋』の受売りですが^^;)

 

その後、結婚式や公の場で付けることが紳士淑女のステータスになり、現代、一般市民達にも袖口のお洒落として愛用されるようになったのはご存じの通り。

 

italate Cuff Links  201405081607_5361_iphone(V.2014_05_08__04_38_40).jpg

そもそもこのカフリンクスを付けるには、それなりのドレスシャツが不可欠で、袖の両端共にボタンホールが空いている事が必要。

コンパーチブルカフスといった釦が付いているけどボタンホールも空いている、釦とカフリンクス両使いが出来るシャツもありますが、基本は釦が付いていないシャツを選びたい。

特に袖口を折り返して二重になったダブルカフスは、通常シングルタイプのものに比べとてもお洒落で、留めるなら断然こちらの方がお似合い。

タキシードにはダブルカフスが定番だが、それ以外でも最近では、ダブルカフスを通常スーツに着てるお洒落さんも多いですね。

 

italate Cuff Links  201405081607_0556_iphone(V.2014_05_08__04_41_06).jpg

このカフリンクス、装着には大人としての基本的マナーがあるらしい。

装飾品としてのアクセサリー色がある為、職種によっては、あるいは会社のポリシーにそぐわない場合等は注意しなければいけない。

そもそもファッションとは、マナーの上に成り立っていなければという大前提がある。

礼装マナーとしては、白蝶貝や真珠等の白色系、夜の場合は黒蝶貝やオニキスの黒にするのが望ましいらしい。

当然弔事では付けないのがマナー。

 

italate Cuff Links  201405081607_2101_iphone(V.2014_05_08__04_40_20).jpg

 

コーディネートとしては、白のドレスシャツならどんな色や形のカフリンクスも合います。

色物を着る場合は、コントラストの映える色を持っていく、例えばブルーシャツなら赤系やピンク系、ストライプシャツならストライプの色と同系色を合わせるといった感じ。

あとはスーツやネクタイなどの色味でお好みに。

 

何度もドレスシャツと書いていますが、ワイシャツの事です(東日本で常用、西日本ではカッターシャツと呼ぶ事の方が多いと聞くが?)。

これも和製英語?で、ドレスシャツが日本に初めて入って来た時、外国人が「White Shirt」と言ったのを、「ワイシャツ」聞きとった事が始まりらしいです。

ブルーのワイシャツなんて、頓珍漢らしいww

 

 

とまぁ、色々と書きましたが、私も時々着けるんです、カフリンクス。

私が幼い頃の大人たちは、結構みんな着けていましたよ、そんな記憶がある。

ジャケットの袖口からちらりと覗く煌めきは、ついつい眼がいってしまうさりげないお洒落心を感じさせる。

 

実は、貼り付けてる画像のカフリンクス、

最近、一目で気に入り、一瞬でポチった物なんです^^; 一目ぼれって言うやつですw

 

福井県鯖江市のメガネ材料商社、Kisso(キッソオ)が展開するブランドItalate(イタラーテと読むのか?)のカフリンクスは、メガネフレームと同様の素材「セルロースアセテート」のみで製造されたもので、綿花を原材料としているため肌に優しく、金具の無いその軽量感も特徴。

製造には、同社の素材貼り合わせ技術、ろくろでの削り出し技術、メガネの研磨技術といった、熟練の技が結集した、国内で唯一無二のボタン職人によるものだという。

メガネフレームの国内シェアが90%以上、世界でも20%を誇り、国内外にその名を知られる鯖江市。

 

というこの商品。

綺麗でしょ^^

italate Cuff Links  201405081607_5107_iphone(V.2014_05_08__04_39_21).jpg

よく見るとItalateのロゴが付いてますね、ん~~~っ、凄!

プレゼントにどうです?興味があったらどうぞ(因みに楽天ではなく、福井県の藤巻百貨店しか扱っていません?)。

http://fujimaki-select.com/item/044_0005.html

 

そろそろ文字数がオーバーですww

長くなりましたが、結局は綺麗なカフリンクスを見つけたというお話でした^^;

 

では。







最終更新日  2014.05.10 13:57:34
コメント(8) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.