000428 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

『30分限定ラジオ観光大使』読むアーカイブズ

PR

Profile


30分限定ラジオ観光大使

Free Space

76.3Mhz FMおたるで毎月第二・第四日曜日の午後5時から放送中の旅の情報番組『30分限定ラジオ観光大使』の過去放送分の原稿を現在の状況に合わせて再編集し、読むアーカイブズとしてランダムでピックアップして月1~2回分公開予定です。

最新の放送予告はFMおたるホームページ「ニュース&トピックス」にて放送日の前々日までにアップ致します。

番組へのメッセージはFMおたるホームページ内のメッセージフォームからお寄せください。


間接的支援者の募集としてほしい物リスト公開中です。

Archives

2020.03

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2020.05.10
XML
カテゴリ:空知管内
次の旅行のご予定はお決まりですか?

「30分限定ラジオ観光大使」
本日は美しき唄の町、美唄市をご紹介致します。

こんばんは。 ラジオの中の観光大使、旅行愛好家の田邉邦昭です。



美唄市は空知地方のほぼ中央に位置し、JR函館本線と国道12号線が並行して概ね市の中央を縦断する形で通り、その西側は石狩平野の一部で元々は湿地帯だった場所が多く、現在では客土や治水工事により農地が多くあります。
お米やハスカップ、アスパラの他、多種類の農産物を生産しており、美唄発の安心・安全な農産物の開発と販路拡大に力を注いでいます。
また、南西部にはラムサール条約登録湿地である宮島沼があり、例年4月の中旬から下旬と9月の下旬から10月上旬にかけてマガンが多数飛来します。
東側は夕張山地へと続く丘陵と山岳地帯で、石狩炭田の一部として大正の頃から炭鉱の開発が進められ、三菱と三井によるそれぞれ大規模な炭鉱がありました。現在はどちらも閉山していますが、旧三菱炭鉱跡地は「炭鉱メモリアル森林公園」として、炭鉱の施設の一部が保存されています。
尚、北菱(ほくりょう)産業埠頭美唄炭鉱は現在も稼動しており、発電用の石炭を露天採掘しています。

炭鉱町として栄えていたときの文化の名残の一つが美唄焼き鳥。
美唄焼き鳥は玉ねぎを間に挟んだモツ串で、黒いダイヤとも言われた石炭を相手に体力勝負を挑む炭鉱夫達はそれを10本単位で注文し、お銚子とモツ串の山を夜な夜な築いていたそうです。
美唄焼き鳥が誕生する前は、焼き鳥店では鶏をさばいて精肉を取った残りの臓物や皮は捨てていましたが、さばく鶏の数が増えればその量も多くなる事から“捨てるのではなく一羽すべてを使い切る”という発想でモツに初めて串を刺したのが、美唄市内で飲食店「三船」を経営していた美唄焼き鳥の父と呼ばれる三船福太郎さんだったといわれています。
今でこそ美唄焼き鳥のお店は多数ありますが、その味の原点を辿っていくと三船福太郎さんに行きつくそうです。

そんな、美唄市までの道のりですが、今のダイヤで小樽からのお勧めの列車は朝7時33分に出る普通列車苫小牧行に乗り、札幌で8時30分発の特急ライラック5号に乗り換え、美唄駅の到着は定刻9時5分です。
札幌から出発の方も8時30分発の特急ライラック5号に乗ると良いでしょう。

美唄駅に着いて改札を出ると正面に大理石の彫刻が目に入ります。



これは美唄市出身の彫刻家、安田侃(かん)さんの「翔生(しょうせい)」という作品。
安田侃さんの作品は小樽市民ならほとんどの方が見た事があるはず。
例えば、札幌駅西コンコースの南口側に置かれている白い大理石で出来た「妙夢」という彫刻や、創成川公園にも複数の彫刻があります。
さて、改札を出たら左側、「西広場 バス・タクシーのりば」と案内が出ている方へ向かいましょう。

駅の建物を出て左には市民バスの乗り場があります。
市民バスを利用して安田侃さんの作品が沢山展示されている彫刻公園「アルテピアッツァ美唄」に行ってみましょう。
手前が1番乗り場、その先が2番乗り場で、今回のお勧めコースとしては2番乗り場へ向かいます。
2番乗り場は市民バス東線という美唄市内の東側を循環するバスの乗り場です。
ここからのバスは東明通り先回りの便と旭通り先回りの便がありますが、どちらのバスに乗ってもアルテピアッツァ美唄に行く事は可能です。

お勧めは美唄駅前を9時35分に出発する旭通り先回りのバスに乗るのがお勧めです。尚、9時34分発の東明通り先回りのバスより、こちらのバスの方がアルテピアッツァ美唄には先に到着します。
旭通り先回りのバスで定刻9時56分着のアルテピアッツァ美唄停留所で降りると、木々の向こうに公園が広がっているのが目に入ります。



ここ、アルテピアッツァ美唄は美唄駅にあった彫刻の作者、安田侃さんによる大理石やブロンズの作品40点余りが展示されている彫刻公園です。
広い園内のいたる所に作品が展示されており、作品に触れる事も出来、山間にあるため四季折々の自然とアートとの調和を肌で感じる事が出来ます。
園内随所にはベンチが用意されており、作品をじっくり眺めながらゆったりとした時の流れに身を置くのも良いでしょう。



野外展示の彫刻は額縁に飾られた絵画とは違い、作品によっては公園の高低差を利用して前後左右からだけでなく斜め上から見る事も出来ます。



また、かつて炭鉱だった当時に建てられた小学校の木造2階建て校舎跡をギャラリーとして、一部は市立の幼稚園として活用されています。



ギャラリーは教室や廊下を展示スペースとしているので、初めて訪れる方でも懐かしい雰囲気の中にある芸術に他では見る事の出来ない不思議な感覚を体感する事が出来るでしょう。



園内中ほどには高い天井と大きな窓で落ち着いた雰囲気の「カフェ アルテ」があり、窓際の席からは緩やかな斜面にある作品を見ながらコーヒーや手作りケーキ、美唄産小麦を使った手作りパンなどを楽しむ事が出来ます。







夏はテラス席があり、冬は薪ストーブに火がともる温もりある空間です。
彫刻を見て周って一休みしていってはいかがでしょうか。







カフェ アルテから更に山側にも彫刻は点在しており、所々に案内板がありますが、彫刻によっては森の中や周囲の見通しの悪い場所にあるものもあり、ヒグマの生息域でもあるので、ヒグマ注意の看板が立っている場所より奥へは一人での立ち入りは厳禁です。
ルールを守って楽しい見学をしましょう。





公園内を一通り見て周ったらバス停まで戻りましょう。
アルテピアッツァ美唄は入場無料。
開館時間は午前9時から午後5時までで、休館日は日曜日を除いた祝日の翌日と、毎週火曜日、12月31日から翌年1月5日までです。
お問い合わせは電話:0126-63-3137 アルテピアッツァ美唄 までお願いします。

さて、アルテピアッツァ美唄停留所からはバスで美唄駅方面に戻っても良いのですが、ここからのお勧めは徒歩です。
美唄市には「アルテピアッツァ美唄ルート」と名付けられたフットパスコースがあり、アルテピアッツァ美唄の道路付近にもフットパスの地図入りの案内看板があります。



コース全体のスタート地点は美唄駅ですが、今回はいいとこ取りをしてアルテピアッツァ美唄からコースを辿っていきましょう。

尚、フットパスの利用期間は5月から11月となっておりますので、それ以外の期間は市民バスの「ゆ~りん館」を経由するバスで移動しましょう。
フットパスを歩く場合、まずはアルテピアッツァ美唄バス停から道路に向かって左方向に進み、程なく美唄川を跨ぐ東明(とうめい)橋を渡ります。



市民バス「東明5条」停留所の近く右手に「市指定文化財 4110形式十輪連結タンク機関車」と書かれている案内看板があります。



看板に従い歩いて行くと、東明駅の駅舎跡があります。



その右奥には蒸汽機関車が保存されています。





本日のお勧めの1曲は『北海盆唄』です。


※『北海盆唄』は日本の盆踊り ≪総振付≫ [ (伝統音楽) ]に収録されています。

「北海盆唄」は三笠の幾春別炭鉱が発祥と言われ、美唄でも炭鉱夫で賑わっていた頃の夏には北海盆唄で盆踊りが行われていたそうです。
その頃の歴史を今に伝える存在の一つが旧東明駅駅舎と、その奥にある4110形機関車です。
1919年から三菱美唄炭鉱が閉山となった1972年までの間、石炭輸送と住民の足として活躍していました。
この機関車の向いている方向へ目をやると、草木に囲まれた細い道路がありますので、これを進みましょう。



細い道は路線跡の遊歩道で、遊歩道の終点を右折します。
緩やかな坂を上って行くと、左手前方に「東明公園」と書かれた石の銘板がある十字路があるので、左折します。



道なりに進み、最初の十字路を右折。前方に池があり、左手に公衆トイレ、右手に階段があるので階段を上り、前方にある建物「スペースカリヨン」に入りましょう。





「スペースカリヨン」は1990年に美唄市開基100周年を記念して建てられたモニュメントで、建物の中には螺旋階段があり、これを上ります。
上り切ってドアの外へ出ると美唄市内が一望出来ます。



遠くに広がる田畑と町並みの手前には東明公園の施設が見えます。陸上競技場のトラックの右方向には穏やかな茶色のちょっと目立つ建物があります。
これが次の目的地です。

景色を楽しんだらスペースカリヨンを出て階段を下りたら池に向かって左方向へ。
左手にテニスコート、右手にパークゴルフ場があり、テニスコートが終わった辺り、右側にパークゴルフ場の真ん中を突っ切る道があります。
日によってはこの道への分岐を塞ぐように木と木の間にロープが張られている事がありますが、これは無視して良いそうなので、パークゴルフ場の斜面をS字を描いて緩やかに上る坂道を進みましょう。



坂道の終点は建物の裏側になるので、右側から周りこんで正面入口から入りましょう。



この建物は「美唄温泉 ピパの湯 ゆ~りん館」で、宿泊も出来る温泉施設です。
温泉のお湯はややとろみがある美肌の湯で、温度帯の違う多数の浴槽でゆったりとお湯を楽しめます。
また、美唄市街を見渡せる露天風呂や、夕方になると青くライトアップされる青の洞窟露天風呂もあります。
館内の1階には売店とレストランがあり、2階には休憩が出来る軽食コーナーもあるので一休みしてから出発しても良いでしょう。
ピパの湯 ゆ~りん館での日帰り入浴は午前10時から午後10時までで、定休日はありません。
入浴料は中学生以上650円、小学生300円、幼児無料、貸し出しのバスタオルとタオルのセットは310円です。
宿泊やその他詳しい情報はオフィシャルホームページをご覧ください。
お問い合わせは電話:0126-64-3800 ピパの湯 ゆ~りん館 までお願いします。

ピパの湯 ゆ~りん館を出たら、正面の道を道なりに坂を下ります。
高速道路のアンダーパスが見えたら右折し、最初の信号を左折、道道135号線「東明通り」に出たら右折し、およそ2.2km直進します。
踏み切りを過ぎて国道12号線に出たら左折します。
3分ほど進んだ先左手に「美唄こめこ研究会」と書かれた赤い幟が立っているお店「菓子司かいや」があります。



ピパの湯 ゆ~りん館からここまではおよそ4.1km。ちょっと甘いものを買っていきましょう。
お勧めは外の幟からも分かる通り、美唄産米粉を使ったお菓子。
体を動かした後にお勧めなのは「マガンのたまご」。
「マガンのたまご」はクリーム色のチョコレートでコーティングされた卵形のお菓子で、米粉を使ったスポンジにレモンピールが練りこんであり、中には卵の黄身を表現した黄色い餡が入っており、後口がさっぱりしています。
また、お土産にお勧めなお菓子が「びば」。
平仮名で二文字「びば」と名付けられたシンプルな名前のお菓子は見た目もシンプル。
全体的に明るめの茶色の生地でやや固めで洋風に仕上げた、クッキーとお煎餅の中間でややお煎餅よりなテイストのクッキーです。
アーモンドとパンプキン、ごまの3種類で、アーモンドは細かく刻んだアーモンドが生地表面に乗っていて香ばしく、新しく、それでいて懐かしい感じの風味。
パンプキンはかぼちゃの種が乗っていて、種特有のナッツ系の渋みが後を惹きます。
ごまは黒のすりゴマが生地全体に練りこんであり、ゴマの風味が豊か。
種類によって米粉の配合量を変えており、硬さや食感が異なりますので是非食べ比べてみてください。
菓子司かいやの営業時間は午前9時から午後7時までで、定休日は火曜日です。
お問い合わせは電話:0126-63-2963 菓子司かいや までお願いします。

菓子司かいやから国道12号線を挟んで向かいには美唄市指定文化財の「旧桜井家住宅」と、その奥には美唄屯田兵屋や美唄屯田騎兵火薬庫などがあり、時代を追って建築の違いや屯田兵の暮らしの一部を知る事が出来ます。





美唄の歴史をもっと知りたいと思った方は屯田兵屋のある敷地内にフットパスの案内看板があるので、案内に従って更に進むとある郷土資料館へ向かいましょう。
尚、屯田兵屋や郷土資料館は11月から翌年4月一杯までは冬季休館となりますのでご注意ください。
郷土資料館へ行かない場合は屯田兵屋を見たら菓子司かいやの方へ戻り、国道12号線沿いに歩みを進めましょう。

菓子司かいやから徒歩およそ3分、左手にJAびばいのお店、A・COOPびばい本店があります。
国道側の出入口から入って通路奥の左側が店内となっており、通常のスーパー同様の取扱い品目の他、美唄産のもぎたて,穫れたての新鮮野菜や果物、今の時期ですとおぼろづきの新米、特に今年からは減農薬米が登場し、より安心安全なお米を買う事が出来ます。
A・COOPびばい本店の営業時間は午前9時から午後6時までです。
お問い合わせは電話:0126-63-0528 A・COOPびばい本店 までお願いします。

本日お勧めのゲームは「風雨来記3」です。
※放送ではこのゲームのBGM「風は丘をこえて」をお聞き頂きました


PSVITA風雨来記3

風雨来記とは株式会社フォグから発売されている旅行アドベンチャーゲームのシリーズで、風雨来記3は北海道全域が舞台となっています。
駆け出しのルポライターである主人公が、出版業界のオリンピックと呼ばれる展覧会へと参加するためにカメラを片手にバイクに跨り最高の一枚を求めて北海道中を旅する というゲームです。
ゲームでは開発スタッフの方が実際に北海道中を周って撮った合計1万枚を超える写真が使われており旅行気分を味わえます。
パソコン版とPlayStation Vita版がありますので、ゲームをされる方は是非チェックしてみてください。
そんな風雨来記3では美唄も旅先の一つ。
美唄市内では実在するトマト農家の方がモデルとして作中にトマト作りに執念を燃やす青年として登場しており、「風は丘をこえて」が美唄の農家を訪れたときにかかるBGMです。
今回は風雨来記3に登場する美唄の農家のモデル、トマト農家の高橋さんにお話しを伺って参りました。

田邉:本日は美唄市で農業を営む高橋さんにお話しを伺い致します。高橋さん、こんにちは。

高橋さん:こんにちは。

田邉:早速ですが高橋さん。高橋さんはトマトを栽培されていますが、高橋さんが育てるトマト「桃太郎」の特徴を教えてください。

高橋さん:青臭さが無いという評価は頂いております。また酸味と甘みのバランスが良いんじゃないかなと、こちらの方では思っています。

田邉:はい。ではお勧めの食べ方がありましたら教えてください。

高橋さん:まずは生で食べて頂きたいなと思います。それに飽きてしまったら加熱処理してみても面白い結果になると思っています。

田邉:ではまずはサラダですとか、洗ってそのままという事ですね。それ以外にパスタとか加熱調理も美味しいよ、という事でよろしいですか?

高橋さん:是非、お試しください。

田邉:はい。では最後に、高橋さんが育てられたトマトはどこで買う事が出来ますか?

高橋さん:そうですね、6月末から10月末まで、地元スーパー,JAで「美唄市 桃太郎トマト」と書かれた箱の4603というコードナンバーが振ってありましたら、それは私が作ったトマトですので是非探してみてください。

田邉:はい。コードナンバー4603ですね。高橋さん、ありがとうございました。

高橋さん:ありがとうございました。


高橋さんへのインタビューでした。



インタビューは朝にお邪魔してトマトを育てているビニールハウスで行ったのですが、その日は少し蒸しており高橋さんは「ちょっと時間をください」と、数多く並ぶビニールハウスの側面を急いで開けて回ってらっしゃいました。
後で調べて分かった事ですが、トマトは雨に弱いのでハウス栽培で、温度管理にも気を配る必要があるそうで、高橋さんのトマトへの情熱を目の当たりにしたひとコマでした。





ハウス内のトマトの茎は人の背丈を軽々と超える立派なものでしたが、それでも先端を切っているとの事。
切らないでいると3mや4mにもなるそうで、長いビニールハウスが幾つも並んでいながら一つ一つの苗を丁寧に育てている様子が伝わって来ました。
高橋さんはインタビューでさらっと「酸味と甘みのバランスが良い」と答えてましたが、実はそのバランスを整えるのがトマト栽培の難しいところ。
農家の朝は早いとはよく聞きますが、全てのトマトをしっかりと美味しく育て上げるのは並大抵の努力では成し得ない、まさに執念のトマトがそこにありました。

そんな高橋さんのトマトですが、イトーヨーカドーの「顔が見える食品。」としても出荷されており、パッケージには頭にバンダナを巻いて眼鏡をした高橋さんの顔のイラストが付いて北海道美唄地区と書かれています。
小樽市内にはイトーヨーカドーはありませんが、札幌の琴似やすすきの,アリオ札幌,屯田,福住に店舗がありますので、美唄や札幌に訪れた際には是非探してみてください。

さて、A・COOPびばい本店を出たら左方向へ。
二つ目の信号を左折して100m先が美唄駅です。札幌行きの特急に乗って帰りましょう。











Last updated  2020.05.11 21:40:31



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.