576042 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

サラリーマンの無駄遣いブログ

全768件 (768件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 77 >

2020.05.02
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
■Anker Soundcore Liberty Air 2買いました
これまでAnkerのフルワイヤレスイヤホンのZolo Libertyを使用していましたが、コロナ禍でのリモートワークにかこつけてSoundcore Liberty Air 2に買い替えをしました。
Zoloは初めて買ったフルワイヤレスイヤホンで、U1万円ながら装着感も音も感じもよく気に入っていたのですが、以下の点で不満を抱えていました。
・意外にかさばるケースのサイズと重量
・混雑した電車、人混みの中で時々切れる、特に左(L)
・通話が右側(R)しか有効にならない
・microUSB端子の遺物
参考までに普段使いとしては、
・PodCastの利用が多い
・通話で利用多い
・音楽は流し聞き
といったことで、音楽にこだわった使い方はしていません。また、接続先のデバイスは、iPhone,Android,PCです。
IMG_20200502_114318.jpg


■第一印象は、小さい、軽い、長い
パッケージを開梱してみて、とにかく小さく軽いです。(本体10g、ケース込み53g)これでバッテリが入っているのか心配になるくらいですが、実際にはイヤホン単体で7時間、ケース込みで28時間が仕様になっていますので普通に考えたら十分です。しかも、Air 2は10分充電で2時間再生という急速充電にも対応しています。
つぎの印象は、長いです。うどん(伸びている部分)がWebで閲覧していた時のイメージよりも長いです。Zoloと並べてみると思ったよりも大きくはないので、縦長の形状にうまく機能を詰め込んでいる印象です。
ただ、今回の買い替えの目的の1つとして通話時の精度を高めたかったので、マイクが指向性をもって集音してくれることを期待しています。
IMG_20200502_113919.jpg
IMG_20200502_114135.jpg


■Zoloの不満点は解消されたか
全体的に期待通り解消されたと思います。しばらく使い込みたいです。<​続き​>






最終更新日  2020.05.02 15:23:43
コメント(0) | コメントを書く


2020.04.11
カテゴリ:カテゴリ未分類

楽天モバイルの1年間無料サービスに申し込みました。一応、条件として楽天モバイル動作確認機種を有していることとなっていますが、それ以外のSIMフリー端末でも動くとの報告があったので安価で3眼カメラが特徴の​P30 lite​を持っていたので挿してみました。結果は、何の問題もなくばっちり動きました!


<HUAWEI P30 lite:ご存知年間売り上げトップレベルの超有名端末。googleアプリ規制が入る前の端末なのでgoogleアプリはもちろんOK。OSのアップデートも可能。2020年3月からAndroid OS 10の配信がされている>

やり方ですが、
1.Rakuten UN-LIMITのSIMをnanoサイズで取り出す
2.p30 liteに挿す
3.モバイルネットワーク設定からAPNを開いてrakuten.jpを選択する
4.Rakuten Link(楽天モバイル用の電話&SMSアプリ)をダウンロード
5.Rakuten Linkを起動しSIMをアクティベーションする
です。
多くのSIMフリー端末で5.のアクティベーションで引っかかるようです。Rakuten Linkを起動した際に、SMSで確認コードがが送られてくるのですが、受信できないという事情になるとか。最悪、動作可能端末で一度アクティベーションしてしまえば他の端末でも動きそうです。
3.のAPN設定も直接入力が必要かと予想していたのですが、SIMを挿したらAPNの中にrakuten.jpという設定がすでに取得できており拍子抜けでした。ただ、SIMを挿しただけではAPNが選択されていなかったので、モバイルネットワーク設定から一度設定をする必要はありそうです。この選択を行っていないと、SMSが受信できず、アクティベーションに進めない可能性があります。
それでも認定端末かと思うほどの標準状態で動作したことは助かりました。

申込みをして入っていたのはこれだけです。

<SIMはマルチサイズなので、標準SIM、nanoなどのサイズで取り出し可能。>

1年間無料期間があるので、4月であれば入手し次第いつ使用開始しても同じです。
参考までに、契約開始日は「楽天が契約確認できた日」とのことです。
my楽天モバイルで確認したところ、アクティベーションを行った日が開始日になっていました。
今からだと5月に契約開始としたい人は4月末くらいに申し込んで、5/1にアクティベーションを行うのは手かもしれません。
MVNOだとほかの契約もした際に会社ごとに開始日が異なるのは知っておいたほうが良いです。
<経験した2社>
・LINEモバイル:配達記録宅急便を受領した日。もし日付調整したい場合はわざと受け取らずに、あとで宅急便先に連絡をして日付醸成することは可能かも。Webで申し込んで翌日には来る迅速さ。
・Yモバイル:配達記録郵便で受領後7日以内に使用した日。8日目に自動的に契約開始となる。7日間猶予があるので、月末に申し込んで開始日は日程調整が可能。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【事務手数料3300円相当ポイント還元中】Rakuten UN-LIMIT★300万名対象★
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/4/11時点)

楽天で購入







最終更新日  2020.04.11 19:01:38
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.06
カテゴリ:家電
最近、引っ越しを計画しており、引っ越し先と自宅といずれも掃除をしないとなーとボーっと考えながら、掃除用具や洗剤などを買っています。そこで目についたのは、コードレス掃除機。ダイソンが画期的な掃除機を発売してから、これまで買い替え需要もおざなりなったのに急に注目されてきている家電の1つだと思います。

■中華掃除機がガンガン入り込んできている
引っ越し先で気軽に掃除ができるようにスティック型のコードレス掃除機を検索したところ、かつてのベストセラー商品のツインバード工業やマキタに交じって見慣れないメーカーがたくさんヒットしました。しかも、見た目はダイソンのようなデザインとカラーリングです。例えば、Amazonでコードレス掃除機を検索すると、
Proscenic P8 スティック型&ハンド型の2-in-1/サイクロン式7000Pa
「iRoom」掃除機コードレス サイクロン 掃除機 静音操作 PSE規格品
Dibea コードレス掃除機 D18 サイクロン式 9000Pa強力吸引

のような感じでまるでダイソンのような見た目なのに価格が15,000円前後です。Amazon's Choiceのアイコンが付与されていますので、すぐに発送ができて、評価が高く、お求めやすい価格の商品であることがわかります。
本家のダイソンは、最も安価なV6が約30,000円。昨年のベストセラーのV8が45,000円、最新のV10が63,000円くらいなので、半額~1/4くらいです。V10と比較するのはあり得ないとしても、V6の半額です。しかも、V6の強モードで7分しかバッテリが持たない(充電は3.5時間)に比べて、強で約20分、通常モードで30~40分くらい運転できたりします。
なぜ、こんなに安価なのかと思ったらすべて中華製ですね。ちょっと前のレビューを読んでみると、見た目だけダイソンで全く別物とか、すぐ壊れたといった投稿が目立つのですが、最新機種は評価も高めで、かなり安定してきているように感じられました。正直、世界のスマホやPCも今となっては中華が多くのシェアを占めているので(HUAWAY,Xiaomi,Lenovoなど)、安かろう悪かろう的な中華のイメージが払しょくされつつあります。
IMG_1946.jpg

■物は試しにiRoomを買ってみた
スティック型で紙パック式の一世代前の微妙なスティック型掃除機を買ったと思えば、動けばいい的な考えで、物は試しで1台買ってみることにしました。
最初に、Amazonでもっともレビュー数が多い、Proscenic P8を優先的に検討しました。
<Proscenic P8の良いところ>
・見た目がかっこいい
・オプションバッテリが売っている
・バッテリの持続時間が30分程度ある
・ブラシが複数付属している。特にカーテンブラシは期待。
・それほど重くない(2kg)
<Proscenic P8の悪いところ>
・吸引力はそこそこ(あくまでダイソンと比べて)
・故障率が高いというレビューが多い
・雑誌「家電批評」でモドキとこき下ろされていた
で、もう1つ調べてみると、P8と重複部分は抜いています。
<iRoom の良いところ>
・布団ブラシが付属している
・音が静か
・フィルタの金属化など発売後にも改善が加えられている
・故障率のレビューが少ない
<iRoom の悪いところ>
・吸引力はそこそこ(Procenicと同じ120W。ダイソンは200W)
です。最終的に、故障率のレビューの少なさと、布団ブラシ附属、フィルターなどの改良要素が決め手となりiRoomにしました。
<Dibea>も評価が高く検討しましたが、他の機種とモーターやバッテリは同等にもかかわらず、吸引力が9000Pa、稼働時間45分など誇大広告なのか、最大瞬間風速なのか信用できないスペックに見受けられたため見送りました。<​続き​>








最終更新日  2018.10.07 02:11:27
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.17
カテゴリ:マンション
■引っ越し後の固定電話をどうするか
引っ越しにあたり、現在固定電話として使用しているIPフォンの処遇が問題となりました。そもそも固定電話が必要かという話がありますが、家族全員がスマホを持っているわけではないとか、わずかながらFAXを使用する可能性があるとか、役所等への申請時に固定電話の記述をどうするかといった課題があり、引き続き保持することにしました。
しかしながら、現在NTT-MEのピアルフォンIIというインターネットルーターにVoIP機能がセットになった組み合わせで使用しており、現在の契約を維持することができません。
また、引っ越し先のマンションでIP電話が使用できることは確認が取れたのですが、
・レンタルVoIPアダプタ代
・IP電話基本使用料
が追加で1,000円/月程度発生します。ピアルフォンIIはVoIPアダプタは不要だっただけに、固定電話に追加で費用が発生することは納得できないものがあります。
そこで、Webで検索していたところ同じことを考えている人がいるんですね。
スマホで使用しているIP電話を固定電話として使用する方法が存在していることがわかりました。

■ブラステル 050 Free + HT801 で基本料金を無料にする 
スマホで使用する050電話を固定電話として使用する方法として、
・楽天電話のSmartTalk
・ブラステルの050 Free
の2つがあることがわかりました。いずれも月額使用料が不要なので、格安SIMと組み合わせて敢えて音声契約しないで使用したことがあります。
SmartTalkは契約済みだったのでそのまま使おうかと思ったのですが、実はブラステルのほうが通話料が安価であることが発覚しました。よって、今回はブラステルで設定を行います。
<参考>
ブラステル 固定電話宛 8.4円/3分、携帯宛 14.58円/分
SmartTalk 固定電話宛 8.4円/30秒、携帯宛 8.4円/30秒
※いずれも月額基本料は無料

次に、スマホ向けのこのサービスを固定電話に接続するためにはVoIPアダプタが必要となります。ネットで検索すると、Grandstream HT801というVoIPアダプタが実績があることがわかりましたのでこれを調達します。Amazonで6,800円でした。楽天やヤフーでも買えます。
舶来品ですが、国内に電話をかける方法も特に変わりません。(+81を付けるとかそういった面倒さはない)
HT801_05.jpg

■ブラステル 050Freeの登録から利用開始までのざっくりとした手順
1.ブラステルカードを入手する コンビニに置いてあるらしいが、オンラインカード(Webで契約する方法)があるので基本的には不要。オンラインカードの場合でも後で記名されたプラスチックのカードを送ってもらうことも可能。私の場合、物理カードがあっても保管が面倒なので発行は不要としました。<​続き​>







最終更新日  2018.09.17 23:15:14
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.16
カテゴリ:マンション
マンションの住み替えで一番の課題は売却
■そうだ引っ越ししよう
そろそろ、自宅としてマンションを購入してから10年が経過し、手狭になってきたので引っ越すことにしました。
新しい家を決めることは自分自身の意思で何とでもなるのですが、問題は売却のほうです。こればかりは自分の介入する余地は少なく、相手の意思に任せるしかないからです。
購入より売却のほうが難易度が高いですね。当然ですが、住宅ローンを使って購入しているため、売却しない限りは2重ローンになりますし、管理費や電気代他が毎月使用していないのに積みあがってきます。

・今回売却する自宅の概要:首都圏近郊、JRの駅から徒歩5分、築約16年、大規模修繕工事1回済
※写真はイメージ
Mansion_01.jpg
Mansion_04.jpg

<Tips1>
・売却前の自宅の電気・ガス・水道:内覧があるため、不動産会社からガス・水道は止めても電気は止めないようにとの助言を受けました。わずかながらの節約方法として、ブレーカーの容量を下げておくというテクニックがあります。50A→30Aに下げると500円/月くらい基本料金が安価になります。賃貸物件の場合は、不動産管理会社が空白期間の電気を契約する可能性がありますが、売却の場合は売り主責任になります。
また、電力計がこれまでのアナログメーターであればブレーカーを上げれば勝手に電気が流れてしまいましたが、現在はスマートメーターに切り替えが進んでいるため、スマートメーターの場合は電力会社によってリモートで切断されてしまいますのでインチキはできないです。もちろん、アナログメーターでも計量はされているのでインチキはできませんが、次の入居者にしれっと内覧時の電気代が請求されているということもゼロではないようです。


■販売価格をどうするか
販売価格は自分で好きに決めることが可能です。自宅なので高く設定しようが、激安だろうが本人次第だからです。
とはいえ、普通はなるべく高く売りたいですよね。そこで、一般には不動産会社に自宅を査定してもらいます。大抵、近隣の同種の物件価格を参考に査定価格が試算され、そこから売却想定額が、幅を持って3つの組み合わせで提示されます。
Mansion_03.jpg
Mansion_02.jpg

私の場合は2社から査定を取りました。<​続き​>






最終更新日  2018.09.17 16:19:43
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.05
カテゴリ:マネー
■分配金利回り7%Overが普通に売っている
インヴィンシブル投資法人が7/17に2期ぶりの公募増資が行われた。これにより発行後の投資口数は20%増の5,748,181口となる予定。
併せて発表したないよいうによると、新たに国内のホテル4物件と、SPCを通じて海外のホテルを取得する。
8/3現在の投資口価格は48,000円で、単純計算の分配金利回りは7.01%(第31期の分配金1,683円x2 / 48,000円)となり全REAT中トップレベルの利回りとなる。仮に、公募増資直後のため、取得税などの費用のカウントが1期ずれたとして考えて、巡行配当金を第29期の1,564円をベースとしたとしても6.51%である。これでもまだ配当金利回り全REATトップ5以内であることは確実といえる。

増資によってREATの規模が大きくなり、収益性が安定することはよいことである。しかも、今回は配当金もアップできる物件を追加獲得している。それにもかかわらず投資口価格が下落するということはどういう要因か。
どうも、BlogやYahoo掲示板を見ると、新たに取得した海外のホテルが何者かわからないということが不信感を招いているらしい。対象となるホテルは租税回避地で有名な、ケイマン諸島グランドケイマン島にあるリゾートホテル2物件。
「俺たちの金を変なところに投資しやがって」といったようなコメントが見受けられたが、では、1件1件の投資目論見書に載っているホテルとビルについてどの程度理解できているのかと聞いてみたい。

仮に、このような投資口案件が出ていたらどのように判断するだろうか。
・募集会社はソフトバンクと投資子会社のフォートレス・インベストメント・グループ
・ケイマン諸島のホテル
・利回りは9.2%
・運用報告は半年に1回監査付きで行う
・小口販売で1口5万円。販売手数料は100円/口
さていかがでしょうか。
10万円くらいなら買ってもよいとか思いませんか。これでどこの誰が売っているかわからないという話であれば近寄りたくないですが、上場商品で、売買が自由にできる流動性があります。
ある程度きちっと目利きをしてくれるなら、素人としては何でもよいのが本音ではないでしょうか。<​続き​>
R_INV_20180805.jpg






最終更新日  2018.08.05 12:19:01
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.09
カテゴリ:マネー
このブログでも何回かスマホの製品レビューを行ってきたシャオミが、7/9(月)、香港取引所に上場しました。香港市場で今年最大のIPOとして注目されている小米(シャオミ)科技(Beijing Xiaomi Technology Co., Ltd)ですが、なんとIPOの価格は下限値の17HKDで決まりました。
本日の値動きは、
初値:16.6HKD
終値:16.8HKD
という振るわない結果に。
fig_agency.png
<初日のチャート:出所 中国株投資サイト 二季報Web>

要因としては、シャオミの成長に対して評価が割れていることと、米国の中国への関税引き上げ問題でハードウェア製品を取り扱う企業はネガティブ要素の中といったところでしょうか。
私はIPOのエントリはしていなかったので、本日初値で購入しました。
買おうと思っていた身としては、適切な価格で買えてよかったです。もしもうちょっと下がるようなら追加で買いたいくらいです。<​続き​>






最終更新日  2018.08.05 12:22:53
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.08
カテゴリ:PC
Google Homeには竹筒のような標準版と新たに発売されたMiniがあります。ちなみに日本では標準版が10/6で、Miniは10/23です。Miniは標準版の半額以下なので購入しやすいのですが、違いはどこにあるのかGoogle Homeの体験コーナーのあるショップで聞いてみました。
l_kf_homemini_00[1].jpg

※Miniは発売していませんが、10/6より予約受付が始まっています

■スペック的な違いはない
10/8現在ではMiniは国内で購入することはできません。よって店頭に置かれているものはすべてモックです。HomeとHome miniの違いは相当質問されているらしく、説明の開口一番に「HomeとMiniで性能的な違いはありません」と言われてしまいました。
本当に違いがないのであれば、Miniのほうが半額以下なのでねらい目です。しかも、6,000円(税抜)ですから、外しても最悪諦めがつきます。
そもそもGoogle HomeはGoogle アシスタントをスマホ以外の機器で使用できるようにしたと考えれば違が出にくいのは当然といえます。​<続き>






最終更新日  2017.10.08 23:30:41
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:PC
スマートスピーカーといわれるグーグルの新商品、Google Homeが10/6から国内でも発売されました。すでに本国である米国では昨年から販売されていましたが、日本語化対応していなかったのでずっと待っていました。
Ghome_01.jpg

■Google Homeは画面のないスマホ
スマートスピーカーと呼ばれますが、これまでにイメージしてきたスピーカーとは異なり「画面がないスマホ」と考えたほうが良いです。本体そのものに価値があるというよりも、裏で連係しているグーグルのサービスやAIエンジンが重要な役割を果たしています。
もしかしたら、自宅での生活スタイルが変わるのではないかというのが最大の関心事項です。
<開封の儀。外箱を取り除くと、斜めにカットされた内箱におもむろに製品が出てくる>
20171008_132237.jpg
<今回購入したGoogle HomeとChromecastに同梱されていた一式>
20171008_132635.jpg

■Google Homeで一体何ができるのか
とりあえず買ってきて、半日ほど「OK, Google」と話しかけまくりましたが、正直なところできることは少ないというのが本音です。
常に待機してくれているので、朝のバタバタした時間や、料理中、掃除中など手で操作したくない時には便利です。​<続き>






最終更新日  2017.10.08 23:30:24
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.07
カテゴリ:PC
久しぶりにWindowsマシンを購入しました。最近のスマートツールの発展からAndroidかiPadがあれば事足りると思っていたので、この購入には自分自身でもびっくりしています。12インチというタブレットとしては大きめであり、持参するとしてもちょっと大きめのサイズだからです。
Matebook_02.jpg

購入したのは初代Matebookで7月28日に発売されたMatebook Eのほうではありません。理由は、先日のBlogの通りですが、Matebook Eが発売されたおかげで、Matebookのリーズナブルさが明確になったためです。
最終的にSurfaceやiPad Proでもなく選択した理由は、リーズナブルな価格設定であるにもかかわらず、エッジレスに近いデザインと6.9mmという薄さ、メタルフレーム、指紋認証によるLogin機能というトータルデザインに惚れたといえます。HUAWEIのキャッチコピーでいうならスマホメーカーが作ったPCというコンセプトがそのままヒットしてしまったわけです。HUAWEIというメーカー自体にはそんなにイメージが良いわけではないですが、初めてのWindows機からこのレベルの製品を作れるのだなぁと感心します。

【よいところ】
・スリムなデザイン
・タブレットなのにキーボードを含めてフルWindows環境

【残念なところ】
・キーボードセットでの重量が1.1kgとノートPC並み
・事実上専用の充電器が必要
<続き>









最終更新日  2017.08.07 18:58:39
コメント(0) | コメントを書く

全768件 (768件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 77 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.