579017 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

サラリーマンの無駄遣いブログ

2018.08.05
XML
カテゴリ:マネー
■分配金利回り7%Overが普通に売っている
インヴィンシブル投資法人が7/17に2期ぶりの公募増資が行われた。これにより発行後の投資口数は20%増の5,748,181口となる予定。
併せて発表したないよいうによると、新たに国内のホテル4物件と、SPCを通じて海外のホテルを取得する。
8/3現在の投資口価格は48,000円で、単純計算の分配金利回りは7.01%(第31期の分配金1,683円x2 / 48,000円)となり全REAT中トップレベルの利回りとなる。仮に、公募増資直後のため、取得税などの費用のカウントが1期ずれたとして考えて、巡行配当金を第29期の1,564円をベースとしたとしても6.51%である。これでもまだ配当金利回り全REATトップ5以内であることは確実といえる。

増資によってREATの規模が大きくなり、収益性が安定することはよいことである。しかも、今回は配当金もアップできる物件を追加獲得している。それにもかかわらず投資口価格が下落するということはどういう要因か。
どうも、BlogやYahoo掲示板を見ると、新たに取得した海外のホテルが何者かわからないということが不信感を招いているらしい。対象となるホテルは租税回避地で有名な、ケイマン諸島グランドケイマン島にあるリゾートホテル2物件。
「俺たちの金を変なところに投資しやがって」といったようなコメントが見受けられたが、では、1件1件の投資目論見書に載っているホテルとビルについてどの程度理解できているのかと聞いてみたい。

仮に、このような投資口案件が出ていたらどのように判断するだろうか。
・募集会社はソフトバンクと投資子会社のフォートレス・インベストメント・グループ
・ケイマン諸島のホテル
・利回りは9.2%
・運用報告は半年に1回監査付きで行う
・小口販売で1口5万円。販売手数料は100円/口
さていかがでしょうか。
10万円くらいなら買ってもよいとか思いませんか。これでどこの誰が売っているかわからないという話であれば近寄りたくないですが、上場商品で、売買が自由にできる流動性があります。
ある程度きちっと目利きをしてくれるなら、素人としては何でもよいのが本音ではないでしょうか。<​続き​>
R_INV_20180805.jpg






最終更新日  2018.08.05 12:19:01
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.