177358 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ガイガーカウンター通販ショップ社長のブログ

東日本巨大地震、福島原発の事故を経験して、どうしても自分の言葉で何かを発信したくなりました。そこで、ガイガーカウンター通販ショップのブログをフルリニューアルしました。
放射線測定器に関する有益な情報を発信してまいります。
2017.06.21
XML
テーマ:気になる放射線
カテゴリ:新製品紹介
SE International社の新型ガイガーカウンターRanger(レンジャー)が販売され、早1か月が経ちました。
今日は、InspectorUSBとRangerの違い、Rangerの優位点について書きたいと思います。


上の画像はInspectorUSBとRangerが並んだところです。
画像を見るだけで、優位点が何点かわかります。

1.ディスプレイの視認性が良い
 ディスプレイが大きく、文字が大きいので、液晶ディスプレイが見やすくなっています。
 電池電圧の表示も左上に出ているので、電池交換のタイミングもわかりますね。

2.寸法が小さくなり、片手で持ちやすい
 InspectorUSBは、少々片手に余るほどの横幅がありました。
 Rangerの横幅は多少なりとも小さくなっているので、相対的に持ち運びが便利になっています。

 また、その他のメリットとして標準オプションの充実があります。

.標準オプションの充実
 Rangerにあって、InspectorUSBにない標準オプションとして下記があげられます。
 ・エクストリームブート
 ・スタンド
 ・ストラップ
 ・GM管カバー
  
 InspectorUSBと同じくObserverソフトウエアも付属されています。
 ワイプテストプレートが別売りなのは同じです。

4.電池は単3電池×2本
 InspectoUSBは四角い9Vアルカリ電池1個でしたが、Rangerは単3電池×2本となっています。
 単3電池ならコンビニなどどこでも入手可能と思いますので、これもメリットと言えるでしょう。


さあ、こうして書いていくとメリットばかりなようですが、逆にデメリットを探してみました。

・液晶画面が大きいので耐衝撃性は劣る

上記くらいしか今のところはデメリットはありません。
その他気になるところは、ボタンが押しボタン式に変わっており、従来のスライド式のスイッチと比べて耐久性がどうか、くらいです。

InspectorUSBの後継機種として、是非、Rangerをご検討ください。
もちろん、Inspector Alertもお薦めです。






最終更新日  2017.06.21 14:21:03

PR

ニューストピックス

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.