177073 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ガイガーカウンター通販ショップ社長のブログ

全3件 (3件中 1-3件目)

1

ガイガーカウンタの選び方

2008.04.06
XML
インスペクターと並んで人気のガイガーカウンタ、ガンマスカウトの取扱いを開始しました!
gamma scout

その性能について、率直な感想を述べたいと思います。

まず、機能面は大変優れていると言えるでしょう。
主な特徴は以下のとおりです。

・パソコンへのデータ通信機能
・約10年間の電池寿命
・α線+β線+γ線、β線+γ線、γ線の測定線種切り替えスイッチ
・μSv/h、cps表示切替
・軽量130g、中央部がくびれており、滑り止め加工もしてありとても持ち易いです。

ただ、測定性能については、ブラックボックス的な部分もあります。英文マニュアルを読んでみると、non linear conversion of pulse to ratesという記載があります。計測パルスと線量率の関係に直線性がなく、装置内部で独自の計算処理をしている模様です。

実際に、1cm角のラジウム鉱石を測定してみると、結果はインスペクター(Inspector+)と同じく、約2.5μSv/hの値を示しました。線量率の強度によっては結果は違って来るかもしれませんが、天然のラジウム鉱石など微弱な放射線測定では問題ないと言えるでしょう。
ただ、表面積の広い鉱石を測定した場合は、Inspector+に比べて、低めの値を示す傾向があります。これは、検出器有効面積の違い(ガンマスカウト1cm径、インスペクター4.8cm径)によるもとの推察されます。

いずれにせよ、ガンマスカウトの一番の魅力は、高機能で低価格なところです。
ご興味のある方は、ガイガーカウンター通販ショップまで!






最終更新日  2016.04.25 14:30:27
2007.08.03
前回書いたとおり、一般の方が原子力発電所の事故対策としてガイガーカウンターなどの放射線測定器を携帯するのであれば、小型軽量の警報機タイプをお薦めします。まず第一に自分の身を守ることが大切ですからね。

事故後、普段の生活に戻った後に、食物や身の回りの品が放射線汚染していないか気にする方も多いと思います。放射線は目に見えず、無味無臭ですから、大丈夫と思ってはいても、とても不安だと思います。

そんなときは、表面汚染検査用のガイガーカウンターをご使用になられると良いと思います。
これは、文字通り、食物や衣類などの身の回りの品が放射線汚染していないか検査するための放射線測定器です。

機種選定の注意点はというと、

・測定核種は?・・・α線やβ線は人体の皮膚表面で止まります。よってα線、β線を測定できるタイプが良いでしょう。

・測定感度は?・・・××CPM/μSv/hや、××CPM/mR/hなどの単位で表されます。××の数値が大きいほど、感度が良いことになります。なるべく感度の良い機種を選びましょう。

・アナログ表示かデジタル表示か?・・・メータ式の物が、デジタル式の物かは、結構重要です。アナログメーター式の物は、振動で針が振れて数値を読みづらいです。また、人によって読取誤差が発生することがあります。その点デジタル式は、数字で結果がわかりますし、カウント数表示などもできる機種であれば、一定時間内のカウント数を測定して、同一機種による他の測定結果との比較が正確にできますので便利です。アナログ式の方が価格は全般的に安いです。

・その他 大きさや重量など・・・取扱し易い物を選ぶ必要があるでしょう。

上記のような要求を満たすガイガーカウンターとして、Inspector+をお薦めいたします。


inspector

α線、β線、γ線に感度があり、測定感度も3500CPM/mR/hと高感度です。デジタル表示でCPM表示やタイマー付カウント数表示も行えます。大きさや重さも手頃です。







最終更新日  2015.09.15 11:24:27
2007.07.30
柏崎原子力発電所の事故のその後が気になるところです。

ガイガーカウンターと呼ばれる放射線測定器の購入を検討されている方も多いのではないでしょうか?皆さんが気になるところと言えば、以下のようなことでしょうか?

1) 外出時に原子力発電所で緊急事態が発生した場合に備えたい
2) 自分の住居周辺に放射線がないか測定したい
3) 食べ物等が放射線で汚染していないか測定したい

先に申し上げますと、2)と3)は原子力発電所のある自治体の研究所で行われています。
周辺環境の放射線測定をリアルタイムに行い、結果がホームページに公開されていますのでご覧ください。
海水や土壌の放射線量も定期的にサンプリングして測定しています。
よって、市民の皆さんが自主的にやる必要はあまりないかと考えます。

1)に関してはいかがでしょうか?これは自分で対応するしかありません。緊急事態が起きた場合に、放射線を検知できる測定器を携帯していれば、自分が被ばくしたかどうかすぐわかるので、安心できることでしょう。

このように考えていくと、一般市民の皆さんに適した放射線測定器とは、以下のような特長を持ったものと言えると思います。

・小型、軽量で持ち運びに便利!
・電池寿命が長い!
・アラーム機能がついている!
・なるべく、安価で高性能であること!


弊社としては、超小型!放射線測定器K8をお薦めいたします!

K8

価格も@23,940円(税込)とお手頃です。
重量13g、寸法2.5×3.9×1.2cmと超小型ですので、携帯の煩わしさがありません。
X線、ガンマ線、ベータ線に感度があります。

アメリカでは、市民線量計として多く販売されている製品です。
是非、ご検討ください。

今後、ガイガーカウンターの選び方について、何回かに分けてブログに書いていきたいと思います。
御期待ください。










最終更新日  2015.09.15 11:24:06

全3件 (3件中 1-3件目)

1

PR

ニューストピックス

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.