178580 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ガイガーカウンター通販ショップ社長のブログ

全4件 (4件中 1-4件目)

1

放射線について

2007.04.28
XML
カテゴリ:放射線について
放射線に関する間違った情報が、巷に溢れています。

今回は、放射線に関する知識を無償で教えてくれる、非営利団体をお知らせします。


大阪の安心科学アカデミーです。代表の辻本 忠先生は、放射線業界では名の知られた先生です。放射線に関するいろいろな啓蒙活動の他、質問などもメールで受け付けていらっしゃるようですので、ご利用になってはいかがでしょうか?
非営利団体として、少数で活動されていますので、即回答とはいかないとは思います。
ご留意ください。

安心科学アカデミー






最終更新日  2007.04.28 17:37:05

カテゴリ:放射線について
近頃は、放射線測定器のインターネット販売が増えたように思います。
特に、海外オークションで売られているロシア製の安価なガイガーカウンタと呼ばれるものなどが目立ちます。商品説明のコメントを見ていると、放射線計測の知識がない会社が販売していることがわかります。例えば、ガイガーカウンターの紹介コメントとして、

「X線装置の漏れ測定に!」

や、

「食品の放射線汚染検査に!」

などと書かれています。

ガイガーカウンタでは、X線の低エネルギー部分は測定できません。よって、X線装置の漏洩線量測定には適していません。」

一般に食品検査に使用される専用装置は微量な放射線を測定するため、ガイガーカウンタの50倍ほどの感度を有しています。
よって、ガイガーカウンタでは、

「食品の放射線汚染を測定することはできるが、高レベルの場合のみである」

と言わざるを得ません。

今後、このように間違った表記について、いろいろとコメントしていきたいと思います。







最終更新日  2011.03.18 00:49:43
2007.04.04
カテゴリ:放射線について
興味深い記事がありましたので紹介します。


日本の原子力発電所って大丈夫なのか?

不安感を煽るつもりはありませんが、最近の原発の事故隠しで不安になっている方も多いかと思います。
10万円くらいする放射線測定器を購入して、原子力発電所の周辺監視をしている市民団体もあるようです。

原発側が測定して、その周辺を自治体が測定して、市民団体も測定している・・・。

となると、一安心のような気もします。

「それでも気になる!」

という方は、超小型!放射線測定器というものがあります。

超小型で携帯に便利で、危険のとき(50μSv/h以上)だけアラームが鳴ります。
自然放射線レベルからの変化もランプ表示で把握できるので助かります。






最終更新日  2011.03.18 00:48:16
2007.03.25
カテゴリ:放射線について
アメリカでは、テロに備えて一般人も放射線測定器を所有しているようです。
勿論、テロは放射線だけに限りませんが、少しでも安心したい気持ちの表れなのでしょう。
自分の身は自分で守ると言う国民性もあるかもしれません。

テロの危険性の低い日本で、いつ、どこで放射線被ばくをするか不安になる事件が起きてしまいました。原子力発電所の臨界事故隠しです。


放射線被ばくが気になる方は、「超小型!放射線測定器K8」をお薦めいたします!

電源スイッチをONすれば、測定を開始します。
自然放射線レベルから変化があればランプが点滅し始めます。
危険レベル(50μSv/h)に達するとアラームが鳴ります。
電池は市販のリチウム電池で交換可能です。
超小型13gですので、持ち運びは簡単です!
価格は@21,000円とお求め安くなっています。

詳細は製品紹介ページをご覧ください。

※ なお、原子力発電所周辺は、自治体が放射線監視を行っており、測定データはホームページで確認することができます。











最終更新日  2011.03.18 00:47:07

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR

ニューストピックス

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.