047142 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Rainbow Lagoon 3

2009年10月06日
XML
カテゴリ:アクアリウム
貯めてた「ねた」を連続投稿です。


どんなにもメイン水槽の調子が上がらない。

そこで、昨日400L換水。
すごいペース。

そして本日、予てより計画していたオゾナイザーの設置をした。
メーカーはアデックス。ポンプもとりあえずアデックス(水作)。
コンセントはヒーター用に取っておいた差し込み口が余っていたのでそれを利用、
エアー(O3)はスキマーのエアフィルターに差し込み。
よって、凄く簡単にポン付けでした。
それにしても本体は以外にコンパクト。
もっとデカくて重い…ごっついのを想像してました^^;;


~今回、オゾナイザー設置に踏み切った理由~

調子を崩し始めてからORP(酸化還元電位)が下降停滞気味。
450前後で推移していたのに、最近では300チョイ。
しかも換水後下がるとは言え200チョイまで落ち込み、なかなか上がって来ない。
魚、サンゴともに過密になって来た代償か???

そして、疑うべきは溶存酸素量。
某お世話になってるブログでたまたまエアレーションが話題になっており、うちはどうなんだろう?そういえば、ずっとORP低目だな…というので、今回の作戦です。

溶存酸素量も酸化力を示すORPに非常に関係するので、早速店ちょが持参してくれたレッドシーのO3試薬(今回初めてその存在を知った試薬、汗)で測ってみると、やっぱり低い。
ちなみにNo3、Po4も一緒に計ったけれどほぼ問題無し、というか適正値。

という訳で、サンプの改良口(発展性を持たせる為に、最初からいくつか差し込み口や開口部などが設けられている、さすが店ちょ)に、市販のエア(クール)ファンを塩ビ管に加工接続した物を装着!これもポン付け!素晴らしい!!
電源はオゾナイザーポンプのコンセントをタコアシに。ファンはDCなんで1個で、そして廻しっ放し。なんてアンチエコな…。

改良口はオーバーフロー管から落下水が集まって轟音を出しているところ。
そこに新鮮な空気を常時送り込み、O2を混ぜ込もうという訳です。
飛沫が凄いですが、差し込み口とファンの間に塩ビ管を使う事で少し距離が出来、大丈夫でしょう。

考えてみれば、うちって水音を消す為にフロー管に蓋をしています。
更にサンプはセンサーやヒーターコードなど必要な穴を除いて密閉形。
サンプ内に、新鮮な空気を取り込む場所がなかなか無かったみたいです。
なるほど。


~設置後の感想。
まだ直ぐで分かりませんが、ORPは早速上昇傾向。
素晴らしい!いきなり半日で200から300強まで順調に推移しました。
溶存酸素も増えている事でしょう。
明日試薬で測ってみたいと思いますが。


O3、ORPともに、これで適正値まで上がらなければ、更にサンプ内にカーテンストーンによる直接エアレーションですね。

これで復活して来たら今までの考察は何だったんだ!って感じですが、おかげで色々と調べまくり勉強にはなったので良しとします。笑






最終更新日  2009年10月07日 15時06分59秒
コメント(6) | コメントを書く
[アクアリウム] カテゴリの最新記事


PR

楽天カード

プロフィール


れっどてーるきゃっと

お気に入りブログ

aqua field wario7さん

コメント新着

ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! <smal…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! <smal…
hiroyuki@ Re[1]:散財(01/12) 親方~さん めちゃくちゃ返信が遅くなり…
親方~@ Re:散財(01/12) 水槽画像はないんかい=3 いよいよなん…
れっどてーるきゃっと@ Re:お噂はかねがね・・・。(11/08) シロチェさん ご無沙汰してます。 スイ…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.