381420 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

陳氏太極拳、と、そんな生活

PR

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

レストラン等等

2011.01.24
XML
カテゴリ:レストラン等等
年始の話なので、少し時間が経ってしまいましたが。


年明け、3が日が過ぎたころ、日ごろお世話になっている方
(Boss)の御紹介で板橋区にあるパン屋さんに連れて行
ってもらいました。

以前から

『うまいパン屋があるんだ!』

と、言われていたのですが・・・・・

お店は高島平にある、パセリ。

320x320_rect_2877501.jpg


最初にお断りしておきますが、カメラを持って行ったのに、
パン食べるだけ食べて、写真を撮り忘れました。

従いまして、写真はネット上にあった写真を転載してます。
ゴメンナサイ。



私の親戚・親族でレストランの経営者さんやら高級ホテルの
コックさんやらが沢山いまして、ついでに私の姉はパンの先生
らしいです。

美食一家なのです。


・・・・大げさでした。


平たく言うと料理が趣味の人が多いので、必然的に私も料理は
します。ですが、パンは作りません。 ごはん党なので。
もっぱら買う側です。


話が脱線しましたが、そのお店・パセリに行ってきました。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1322/A132205/13047987/
何でも、千葉の名店で修行を積んだ店長が、思考錯誤を重ねて
千葉の御師匠さん達の味を作り出した!
と言う事の様です。


千葉のお店だと、石窯でパンを焼きますが、普通のお店では
石窯を使う事は出来ません。そこを創意工夫で・・・・・・
の様です。

さて、パンを3種類買いました。
Bossとはんぶんこして頂きましたが、こりゃウマイ。

同種のパンを別のお店で食べた事が有るのですが、まったく
別物です。

320x320_rect_2877546.jpg

例えば、ソーセージのパンですと、パンの歯ごたえはあります
が、決して堅いわけでありません。噛むと段々口の中で溶けて
行きます。喉越しも良いです。
3種類のパン、全てパンの歯ごたえから違う感じです。


仕掛(しかかり・作業途中)のパンについても、

『このままにしておくと、この種類のパンは可哀そうです
からねー』

と言って特別環境にしている置き場に移動させたり、そりゃ
心こもっています。すなわち美味しい。


出来あがった!美味しそう~・・・・と思っていたパンにも

『特性オイルを塗ると更に美味しいのですよ』

と、スタッフの方が。


何だか、童話や教育テレビの人形劇に出てくる理想的なパン屋さん
のイメージです。

320x320_411829.jpg



最近だと、より安く、手軽に、ってのがもてはやされてしまい、
こう言った手のかかる、心のこもった商品とか、サービスについて
光が当たらなくなってきた様な気がします。

イトーヨーカドーさんにも卸しているそうですが、是非、パセリの業
を味わっていただければと思います。

さて、何でも、近所の高校の給食売店での採用が決定となったとか。

・・・注意しないと量産品、工業品ばかりを手にしてしまう学生時代。
私の学生時代はカップラーメンと蟹パン(注・カニの形をしているだけ)
焼きそばパン等の、味気ない間食ばかり。

今では良い思い出ではありますが、それにしたって、味気ないです。

でも、もしですよ、母校の食堂に一流の味があって、それを体験でき
ていたら、大人になって心に残るものはとても素晴らしいものだと
思うのです。

何しろ、『もっと安いものを見つけた』

 ではなく、

『もっと良いものを見つけた』

と言う気持ちが大事だと思うのです。良いものを見つける、楽しむには
先ず良いものに触れていないといけないと思うのです。

もちろん、量産品が悪いとは言いません。でも、手のかかったものを
体験した人が携わる量産品にはきっとまた、心がこもると思うのです。



ぶっちゃけ、職人技にせよ、手を掛け心を込めたら、断然日本の
商品は素晴らしいのです。
価格勝負、量勝負の世界とは違います。




新年早々美味しいものと出会えて幸せ。


実家で皆で食べようと思った食パンですが、知らない間に親戚一同に
食べられちゃってました。

むねんー






Last updated  2011.01.24 16:57:50
コメント(0) | コメントを書く


2009.05.09
カテゴリ:レストラン等等
私、カミサンと折り合いが悪いです。

ロマンチストのカミサンと実質主義の
私ではそれはそれは、言葉の端々で。

一番言われるのは

『優しくない!!』

です。


優しくしてるつもりなんですが・・・・


忙しく疲れ切った時に言われると、もう
我慢できません。ロマンチストですが、
武闘派でもあるカミサンはパンチ(拳骨)
を仕掛けてきます。

そう言う時は迷わず外へ飛び出します。
大人は外で憂さ晴らしです。

行く先は


近所の紹興料理のお店です。


相変わらずコップに一杯飲むとベロベロ
になるので安上がりです。

IMGP8523.jpg

写真は蒸し貝と豆腐の揚げ物、煮豆。
それと紹興酒。

普段は煮豆と紹興酒だけなのですが、
この日はカミサンに見つかってしまった
上に、近所の友人もやってきて宴会に
なってしまいました・・・・・。


隠れ家を沢山見つけなければ。














Last updated  2009.05.09 10:06:20
コメント(4) | コメントを書く
2009.04.27
カテゴリ:レストラン等等
太極拳の事を書こう!!!


と、思いましたが、またまたレストランの話。

IMGP8609.JPG

このお店は、もう、コンセプトが完全に田舎の
雰囲気をお客さんに楽しんでもらう事に特化し
ているレストラン。

BGMは当たり前。 点心だけでなく、料理を作る
姿もガラス張りで見えるようになってます。


ハレの日に配る小麦細工を職人さんがその場で
作って子供たちに配ります。
当然ながら行列ができます。

御店も、日によっては予約が必要となります。


値段はその分高めですが、味も、雰囲気も申し分
なく二重丸です。価格的にはこう言う田舎料理で
は高いと言う程度です。


いい雰囲気、文化、気持を込めると、必然的に、
金額が世界中どこでも高くなります。

心こもって文化が積みあがると、人の気持ちの分
値段が変わって当たり前と思います。
こう言う文化っていうところ、今後の経済のポイ
ントになるといつも思っています。

そろそろ、安ければ好いのではなく、良いものを
当り前の金額で買うために、無駄をしない社会が
来ないかなあと、期待します。

なぜかと言うと、こちらの人の多くが、良いモノ
を手に入れる努力を始めているからです。

それこそ、日本のお家芸だと思うし。



・・・・・・で、話が戻ると。

IMGP8572.jpg


日本でギャートルズ肉ってのが発売されたと聞きます。
あれ、骨に肉を巻いているそうですが、こちらは、
羊の足の骨をあぶってます。

IMGP8573.jpg

それはそれはとても美味しいです。スパイスも効いて
ます。

一本でおなかいっぱい???






Last updated  2009.04.27 21:36:30
コメント(2) | コメントを書く
2009.04.26
カテゴリ:レストラン等等
次回こそ太極拳の事を書こうと思いつつ。


細々ながら、陳家溝の考え方と技を肩ひじ張らずに
私たち日本人が素直に学べる場を作ろうと思って。


浦東太極拳倶楽部を作ったのです・・・・・・・・


が、その前に近況をつらつらと。

伝人って、平たく言うと、看板もちと言うか、パダワン
越えて、ジェダイになったというか・・・・。
まあ、普通に生活しつつ、気持と行動理念が太極拳の
文化を内包しているのです。


・・・・・で、以下の文章だと、かなり軽い毎日な
感じですが・・・・・・




先日、仕事の用事で南翔へ行ってきました。


世界でも有名なショーロンポー(小龍包)の生まれ
た土地です。



薄い皮の中にアツアツの肉汁が出る様な製法で
包んだ蒸し饅頭の事。
syouron.jpg
御酢につけて食べます。 舌のやけどに注意です。






Last updated  2009.04.26 21:52:54
コメント(4) | コメントを書く
2008.11.30
カテゴリ:レストラン等等
蟹を食べに行きました。


上海ガニって言いますが、実は上海ではなく、
車で2時間ほどの陽春湖(確か、こんな字です)の
特産品なのです。

そこでは既に天然ではなく、養殖で沢山沢山生産
中なのですが・・・・・・・・・・・・

その村は正に蟹の村です。

蟹御殿が沢山建っています。


そのうち、蟹音頭とかできそうです。

23465935_2126382074.jpg

先ずは湖に向かって逆タイタニックのポーズ。
    (写真提供・まーれさま)

ちなみに、当日は友人グループのバスツアーに
夫婦で参加しました。

直前まで出張の嵐でしたので、当日は朝からへと
へとでした。

が、


IMGP7546.JPG


ハジケました。




IMGP7554.JPG

カニの後、小雨の降る中映画村へ移動。



IMGP7552.JPG
ヤッターマンのポーズをしたり、


IMGP7558.JPG
マネキンに混ざって他の観光客に絶叫を促したり。


IMGP7561.JPG
映画のセットに溶け込んじゃったり。




盛り沢山の一日でしたが、終了時にはグッタリ。
電池切れでした。


当初の予定ではチャンコ屋さんへ繰り出す予定も
家に帰りました。


家に帰って鉄鍋で簡単鍋を食べたりしました。


あれから既にひと月。

banner_04.gif
上海はすっかり冬です。






Last updated  2008.11.30 09:54:51
コメント(8) | コメントを書く
2008.08.17
カテゴリ:レストラン等等
IMGP7023.JPG
オレは本来、猫が好きで犬は嫌い。実家でも猫2匹。
仕事が進んだら猫を飼うつもりだったのですが・・・・
今ではカンスケが超カバイイっ!!



昨日、浦東太極拳倶楽部の教室を終えて、部屋に戻って
掃除をしてから上海西部の繁華街、虹梅路へ。

何時もの照ノ谷で一人お食事です。暫く一人でノンビリ
していて、
『あー、オレ、疲れてるんだなあ。』

と実感したので、疲れている事を言い訳に単独で小料理屋
さんに食事に行くオレ。気が弱い。

小料理屋と言うか割烹と言うかチャンコ屋さんと言うか、
照ノ谷。カミさんが唯一食べに行く和食屋さんなので、一人
で食べに来るのは2回目。思えば、何時も食べたいものを
カミさんに合わせてきた健気なオレ。

今日は天下晴れて自由だぞっ!食べたいものをたんじゃえ。

IMGP7026.JPG

鮎塩焼き
マツタケ塩焼き
顎酒(キスの顎を焙って熱燗に浸したお酒。)


ゴクゴクに飲みました。休暇は後1日です。

何時もの様に親方に愚痴をこぼして、それからチャンコ鍋を
食べました。

IMGP7028.JPG


ここ一月ばかり、またしても駆け足だったので、ゆっくり
他の人が拵えてくれる和食を食べてお腹一杯になるのは、
トテモ久しぶりで幸せ。

ごちそうさまでした。


部屋に戻って、近所のマッサージ屋さんで肩と首をタップリ
揉んでもらいました。

おかげで今日は元気一杯。
banner_04.gif
明日はお盆明け。元気にがんばるぞ。


冒頭の写真の陰は、お店のアイドル
IMGP7025.JPG
チーちゃん(2ヶ月)
尻尾がりりしい♪






Last updated  2008.08.17 22:44:17
コメント(4) | コメントを書く
2008.08.12
カテゴリ:レストラン等等
何しろ、オレの近所はレストラン街なのです。

上海料理、四川料理、湖南料理、火鍋屋さん、地元で有名なうどんやさん
少し脚を伸ばすと、これまた有名な蘇州羊麺のお店などなど。
定食屋さんや、鴨スープのお店、中国式焼肉屋さん、勿論、ザリガニ屋さん。


本来、何時行こうが、そりゃ自由なのですが、最近になってやっと部屋に
予定を持って帰る事が出来る上、お盆で少し仕事にも余裕が出来て。
尚且つ、カミさんが実家へ!!!!!

で、ずっと狙っていた

紹興名菜に行ってきました。


このお店は、古越龍山系のお店なので、当たり前ですがお酒は甕だし。
ついでに、客足が絶えないので、甕の開く回転も速く、酒の鮮度も良い。
古越太王、女児紅、加飯酒の甕が並び、ソラマメ、鶏の爪、鶏の塩茹で
等が店先に並ぶ。
当たり前の様に当日仕込みの売り切り。



あの日はカミさんを駅まで送った日曜の昼間だったので、午後は完全
フリー。従って、手ぶら、チャリンコで乗り込みました。


『おねーちゃん、軽く一杯だ。先ずは彫王半斤(250mm)、茴香豆
 油炸臭豆腐、曹糖爪、それから、葱油里芋よろしくっ!酒は冷でね!』


15年前くらいの紹興を思い出します。



やかんに入った紹興酒、御椀でグイッと呑みました。


  ウマイっ!!!!


茴香豆一皿最初に来ました。ソラマメの香り煮込みです。
煮込んだ鍋から直ぐ持ってきているので、出来立て、ホクホク。
湯気が出てます。
やわらかく、トロリと溶ける感じ。抜群にウマイっ!!この
レベルの茴香豆は初めて食べた。紹興の名店よりウマイよ。

次出てきたのは、曹糖爪。鶏の爪を青唐辛子と塩などで茹でて
漬け込んだ家庭料理。
これまたウマイっ!! 味がくどくないし、硬さも絶妙。


ゴクゴク一杯目・・・・・・オレ、酒が弱いのですが、もういいや。


2杯目の頃に、やっと臭豆腐が来た。
紹興酒といえば、臭豆腐。小ぶりにカットした臭豆腐の油揚げです。
唐辛子を砕いたタレで食べます。臭豆腐は豆腐を更に発酵させた
中国独特の食材です。18年間、初めて食べた臭豆腐は最近の上海
紹興で食べる様な上品なニオイじゃないです。ホント、
   
   ナンダこりゃ~

な、感じでした。このお店の臭豆腐も今風のニオイレベルですが、
いや、味が良かった。タブン、更に下処理をしているのでしょう。
ここ3年くらいで食べた臭豆腐の中でダントツにウマイ。
速攻、カミさんにショートメールをすると、
『上海に帰還次第、速攻、連れて行くように』との指示が。
   
   ラジャーっ



葱油里芋が最後に出てきましたが、これは、小ぶりな里芋を皮を剥いて
茹で、ワケギタップリの特性油ダレを掛けた料理。
その他3品に比べるとパンチが弱いのですが、濃い味ばかりでもキツイので
まあ、これも美味しい。





不覚にも、お腹一杯の上、2杯目が飲み切れない。酔っ払っちゃいました。
ちなみに、紹興酒はお茶碗で飲みます。


残りはお持ち帰りです。紹興酒も700ml購入。勿論、甕出しです。
今日開けたお酒ですよ。


タップリ楽しんで、合計80元少し。




高いお店に入らなくても、ちょっと知識を駆使すると、それはそれは
最高に贅沢が出来ます。


残りは、自由な時間!!!あー美味しかった!!!




IMGP6993.JPG


持って帰った分、器に並べてみました。この後、部屋でDVD見ながら
紹興酒、がぶ飲みっ!!!!
banner_04.gif
気力がドンドン溜まって行きます。休憩をくれたカミさんに感謝。






Last updated  2008.08.13 09:38:47
コメント(2) | コメントを書く
2008.03.24
カテゴリ:レストラン等等
乞食鳥=叫花子鶏

1.JPG

かつて、鶏盗んだ乞食(叫花子=乞食)が、捕まりそうになって
鶏を殺して葉っぱで包んで土に埋めといたら、その家が火事になって

で、残骸を掘り起こしたら美味しい鶏が出てきた


って言う伝説っ!!!!

正しい???



で、これを求めて有名店へ上海から蘇州へ。
前回は売り切れ。
そして、この度はめでたく美味しく食べられました。
IMGP5940.JPG
banner_04.gif
詳しくは次回~






Last updated  2008.03.24 20:42:44
コメント(4) | コメントを書く
2008.03.21
カテゴリ:レストラン等等
食べ放題飲み放題にはちょっぴりビビッてます。

特に和食では。自分で調理できるので、原価を考えると、
自分で作った方が安心だな~と、思ったりします。
ですので、探すお店はコースか単品のお店、カウンター
から、調理場が見えるところがイイっ。
行きつけのお店、写真をこっそりとって見ました。
IMGP5894.JPG
banner_04.gif
近所で良かった♪
IMGP5893.JPG






Last updated  2008.03.21 21:46:51
コメント(6) | コメントを書く
2008.01.31
カテゴリ:レストラン等等
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・
・・

・・・・・・・・・寒い。


昨日は珍しく、仕事が早めに終わったのです。


雪もやんで、もっと寒くなってきましたが、カンスケは
ブラッシング中に溶けちゃってます。
IMGP5609.JPG



犬は雪で庭を駆け回れよ~



と、思いつつ・・・・・・・・・はたと。



そうだ、今日はチャンコ屋さんに行こう!!!


で、保護者さんの同意を伺う。

『あのぉ~、外に食べに行きたいんですが』
『お金ないでしょ。節約しましょう。それに、寒いから嫌だ。』
『大丈夫です、近くです。それに、春節が近いので景気良く・・・。』
『・・・・・・で、何処に行くの?』
『(よしっ!!もう一押し)チャンコ屋さんですが・・・・』
『お相撲さんのお店!!!!クロウサさんは?来る???』
『(よしっ!!!)確認いたします!!!!』

で、クロウサさんにお電話。

クロマヨさん、クロウサさんともにお店に行かれるとの事。

『だったら行く!!!行こうっ!!』

とのカナリ強い同意を頂、泣き叫ぶカンスケを後に、寒風吹く夜の
上海を歩きました。



       照ノ谷


上海DEデート
上海Citylife
ちゃいナビ
クロウサ上海トホホ日記

(皆様勝手にリンク張ってます。ごめんなさい。)



今日はお店満員です。カウンターに行きたかったのですが、既に埋まってます。


3階座敷でお食事開始となりましたが、既に保護者さんは雰囲気で
出来上がっちゃってます。さっきのカンスケと同じ、ぐったりわんこ状態。
ふにゃふにゃです。


くろまよ、くろうさ御夫妻がお見えになって、お酒、お食事。


前回、???と思ったイカの塩辛。ちょっとこの間意見しただけで、
抜群に美味しくなっています。

上海DEデートに書かれていた、“進化と改善を続ける”ってのが
本当だと分かります。

チャンコ、サーモンチーズフライ、イカの姿焼き、等等等。
くろまよくろうさ御両名の豪快話を聞きつつお酒が進みます。
うちの保護者さんのテンションも上がります。
鰭酒(顎?酒)旨かったです。この辺りから記憶が飛んでます。


親方が近くにいないと、何となく4人とも嬉しくないっ!!
と、言う事で、途中でカウンターに異動しました。

でも、親方、今日はとっても忙しかったようで・・・・


ところで、ガブリ四つに抱きつかせていただきましたが、さすがに
お相撲さん。肩から腰から岩のようでした。


・・・・・・・・・・・・で、いつの間にか時間も過ぎて帰宅と
なりました。



ご存知、オレはあまり外で食事をしません。
特に和食は外では食べない。

理由は食の安全と、“味”“雰囲気”“心”。

総合すると、正直言って自分で作って食べた方が手間はかかるけど、
その分、料理に心が乗ります。心の乗った食事は栄養素だけではない
力と味が加わります。丁寧です。

日本でも通っていたお店は2軒しか無かったです。寂しいヤツです。オレ。


でも、上海でついに見つけちゃいました。通いたいお店。
オレの両親が上海に来たら連れて食べに行きたいお店。
banner_04.gif
チャンコ万歳っ!!



追伸:私のお友達皆様へ。近々、照ノ谷で本物チャンコで宴席しましょ。






Last updated  2008.01.31 11:32:39
コメント(4) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.