381191 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

陳氏太極拳、と、そんな生活

PR

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

旅行

2012.08.08
XML
カテゴリ:旅行
上海でひっそり陳氏太極拳の指導中。浦東太極拳教室より。


太極拳とは関係ない、錬成合宿の時に見掛けたちょっとアレな
数々を・・・・・。

先ずは人物編

P1030354.JPG


果物売りのオジチャン、荷台の上でぐっすり。
それをフランスの学生が激写している所を横から激写!!!




12歳の誕生日をレストランで♪ ポスターも作っちゃった!

P1030358.JPG

ブッチギリで勘違いな、中途半端っプリがイイっ!!





夜、洛陽駅の前で寝る人達。出発の汽車を待っているのでしょうが、
もう上海では見られない光景です。

P1030884.JPG








アミューズメント編

P1030805.JPG


なんだこりゃ~と思う様な遊具です。
洛陽、王城公園内、遊園地区画にある遊具です。

ちょっとナイトメアな・・・・・

P1030804.JPG








サウナ編

中国でサウナと言うと、アダルトな歓楽施設と言う意味合いが強いのです。

P1030355.JPG


でも、この写真の門がまえ。チープすぎます。

P1030356.JPG

お菓子のオマケみたいです。




マネキン編

P1030359.JPG


水着のマネキンを撮っていたのでヘンタイかと思われたかも。
ですが、この表情、取れてしまった手など。

夜、私の部屋に突然出てきたら、確実に心臓止まりますから。






・・・・・・・・と言う風な、太極拳一行がのぞいた洛陽の面白生活でした。


浦東太極拳へのお問い合わせはtsukamoto.hironobu@gmail.comまでどうぞ。






Last updated  2012.08.08 16:31:57
コメント(1) | コメントを書く


2011.07.23
カテゴリ:旅行
先ずは鄭州での挨拶から



上海でひっそり陳氏太極拳を教えている浦東太極拳教室よりレポート


合宿は7月16日からだったのですが、私はカミサンの御母さんの
実家が洛陽の隣、鄭州にあるので先ずはそこに御挨拶に。


リニアモーターカーで空港について、そこから飛行機で鄭州まで2時間。
久しぶりの河南は独特の暑さです。


中原・中国のへそと言うか。



鄭州市はなんでいつの間にか河南省の省都になったのか、中国の
歴史上の観点からだと開封や洛陽の方が格上なんですけどね・・・
近代の交通の要所だからでしょうか・・・・・


と、交通の要所だけあって、鄭州駅近辺の人込みは凄い。

お婆ちゃんの家は鄭州駅からほど近いのですが、タクシー拾うのも
苦労しました。


お婆ちゃん、もう、孫の顔が見たくて見たくて、いつもより元気
一杯で待っていたらしいです。
孫ってのはカミサンの事です。

設計軍人で、地方のを転々としていた岳父の事情で小さい頃お婆
ちゃんの家に預けられていたそうで。お婆ちゃんはカミサンが大好き。



私は、仕事にかまけて、ばあちゃんの最後にも会えずにいて後悔
ヒトシオだったので、喜ぶお婆ちゃんの姿を見て嬉しくなりました。


初日は3時に到着した我々を待って、遅めの昼食。親戚がドンドン
来ます。


2時間くらいでまた食事・・・・・・


もう、お腹が苦しかったです。




翌日はお婆ちゃんとオバちゃんがタップリ餃子を作ってくれました。

P1020178.JPG


お腹一杯になって洛陽に汽車で移動です。


全国ニュースには出ませんでしたが、地方のニュースでは

「3カ月で4回の事故が起きた」

と言う、鄭州~洛陽間の新型新幹線に乗るのはやめました。
怖いですから。



次回は洛陽についてからの御話です。





浦東太極拳教室へのお問い合わせは浦東太極拳教室へメールをお願いします。




また、もう一つのブログ
ご参考にどうぞ。
太極拳の練習の事とかも書いてます。






Last updated  2011.07.23 08:47:56
コメント(2) | コメントを書く
2011.07.11
カテゴリ:旅行
上海浦東でひっそり太極拳を教えている浦東太極拳教室より
レポート。

今回も洛陽での思い出を。

16日から洛陽で太極拳の合宿が有ります。フランスの兄弟子の
学生達と合同での練習会なのです。
私にとっては教室の学生さん達が同門の学生さん達の練習風景に
触れる事、そして師父や兄弟子の技を間近で見る事が出来れば
とりあえずの責任は果たした事になる



・・・・・・・・・のではないかと。




さて、ここからは思い出の話。


鄭師父の弟子一同はほぼ全員お酒が飲めない。

のですが、一応集まると儀式の様にビールを1~2本頼んで
みんなでチビチビのみます。

その他 003.JPG

この写真の風景は、午前中に兄弟子一同が師父に挨拶に来て、
技の確認とかしたあと、近所の餃子屋さんで軽食を摂っている
時の写真。

鄭師父は質素な人であり、また、遠出どころかお出かけ自体も
キライなのです。近所の民家がやっている餃子屋さんで、みんな
山盛の水餃子を頼んでバクバク食べ、ビールをコップに半分程。

師父は一口飲んで、
  「うー、よっぱらった~」


陳氏太極拳はバリバリ練習している人にとってお酒が弱くなる様に
出来ているようです。


ワタシ、お酒 だいっ好きなんですが、やっぱり弱いですし、練習
バリバリしている日はお酒は飲めないのです。


guotie.jpg

自転車で市の中心街へ行くと通称“百科楼”と言うビルが有って、
その裏に食堂街があります。
そこの焼き餃子(鍋貼)がとても美味しい。何時も並んでいます。



あと、辛いアヒルの煮付けとか、買い食いした記憶が。


IMGP3970.JPG

洛陽には回族と言うイスラム民族が沢山すんでいるのでイスラム系の
食堂やお惣菜屋さんが沢山あります。
私がちょくちょく買いに行っていた牛肉煮物屋さん。
夫婦で経営しているのですが、時間によっては娘さんも店番に立
っていました。
wuxianniuloudehaizi.jpg


洛陽を離れた後も、帰るたびに寄っていたのですが、ここ5年ほど
訪ねていません。
あの子も今頃小学生くらいだろうなあ・・・・。

と、シミジミ。


街並みはどんなふうに変わっただろうか?

そんな事をワクワクしながら、こわごわしながらもう少しで
出発です。
良かった物がそのままでいるといいなあ。




浦東太極拳教室へのお問い合わせは浦東太極拳教室へメールをお願いします。




また、もう一つのブログ
ご参考にどうぞ。
太極拳の練習の事とかも書いてます。






Last updated  2011.07.11 21:17:24
コメント(0) | コメントを書く
2011.07.10
カテゴリ:旅行

上海浦東で陳氏太極拳の教室をひっそりやっている浦東太極拳教室より。
今回も差し迫って来た洛陽~鄭州少林寺の旅に合わせて、中国の旅事情を



・・・・・・・・最近では飛行機が発達し、いつの間にか新幹線が・・・

あーえー、今話題になってる新幹線について、

ズバリ言って、○本の技術無しには無理だったでしょう。

したたかな中国人と商売するのは相当気合を入れないといけません。
ずるいと思うのではなく、モラルをぶっちぎったシタタカサがあるので、
その辺を覚悟の上、短期利益や結果だけでなく、長期的な世界規模の
視野に立って動かないと、ドンドン中国経由で中国の価値に代わって
しまいますから。

ODA→アフリカ諸国
新幹線→アメリカ

などなど。


さてさて。



今回のお楽しみ合宿は飛行機で洛陽に入り、鄭州空港から上海に
戻るコースを取ります。

便利です。片道2時間強・・・・・・・・




以前は、片道16時間。寝台車です。

8年ほど前の記憶で書きます。


寝台車にも 硬座・軟座・硬臥・軟臥とランクが有ります。
座は文字通り、通常シートです。農村を往復するらしい、
全然生きている世界が違いそうな中国人民と一緒に乗る事に
なります。
治安面でも心配♪

この様に書くと、「差別だ~!!」とか「上えから目線だ!」
とか注意を受けそうですが・・・・

そりゃ、日本を基準にして中国も同じと思ったらそうかもしれんです
同じ様に考えたら中国ではやっていけないし、中国人で成功して
いる人達から変わりモンだと思われちゃいます。


何故かと言うと、中国人できちんとした暮らしをしている人自体が
やっぱり良い席に付きたいと思っているし、同時にそう言う努力を
しているのです。理由はそのフィールド毎に安心と安全と快適感が
全然違います。価格のランクで間違いない“人の違い”が有るのです。

凄い所はそう言う下位ランクの人達が虎視眈々と上を狙っている、
若しくは・・・・人生を楽しんでいるところ。

まあ、楽しみ方や狙い方は日本人のやり方や享受の仕方とは別ですが。

何しろ硬座はヤバいと言うわけです。疲れるし。16時間あの環境で
座りっぱなしは外人にとって我慢大会を超えています。


さて。




当時のワタシは飛行機代がもったいない!今でももったいない!
何故かと言うと、洛陽~上海の飛行機は一日1便なので値段が高い。
だったら寝台車で移動しようっと。

と言う流れで、上海や北京へ移動する時は寝台車に乗っていました。

軟臥は高い割にあんまりメリットないです。4つのベッドで一部屋
くくり。しかも、ドアに鍵を掛ける様になるので、万が一の不安が
ありますから、私はもっぱら硬臥を利用していました。

硬臥も 上・中・下 の三段階あって、一番下が一番高い。



上に頭もぶつからず、広い。


一番上の段は寝るのがやっとのスペースです。


一番下の段にすると、周囲の中国人が勝手に座ってきますが、

ちょっとどいてね と言うと、まあどいてくれます。


汽車.jpg


ベッドの横のせまい通りには更に備え付けの小さなテーブルと
折畳みの椅子が据え付けられています。



リュックサックの中には着替えや仕事の資料等の他に、ビール、
お菓子、スーパーとかで買ったお惣菜、CDウォークマン、
雑誌、それから任天堂アドバンス等。

そうでした、この長距離の移動で携帯ゲームにはまってしまった
のでした。


荷物をベッドに上げて、貴重品はウエストポーチに格納。


備え付けのハンガーに食料と酒を入れて、梯子を下りて下の
備え付けの椅子に座ります。


ゴトンゴトンと汽車が動き出す頃には、周囲の中国人達は酒盛り、
賭けトランプ等で盛り上がるグループやナッツをひたすら食べながら
雑談する人達・・・・・・


私は彼らを眺めながら、一杯始めます。そしてゲームをピコピコ。


しばらくすると、眠くなるので、そうしたら早めに電源を切ります。

16時間も電池は持ちませんから。


夜になるとイビキのウルサイ人がいたり、何時までも騒いでいる
奴らに、

  「うるせーぞ」

と言う注意が入る時はラッキーです。入らない時はショウが無いので
やんわり、お願いする事になったりして。

何しろ河南人は大口、大酒のみ、声がデカイ!

ですので、その辺は慣れないといけないのですが。

さて、朝になり外を見ると、中原独特の荒野を驀進する車窓です。


夏には夏の、冬には冬の趣が有ります。


ちょっとトイレの順番待ちが厳しいですが、その辺はショウが無いです。




7時頃から朝ご飯が一食15元くらいで運ばれてきます。


不味くは無いですが、上手くも無いです。ですから私はいつも自分で
お弁当を準備しています。

ちょっと食べて、また横になって、段々目的地の洛陽に近付いて行きます。





と、まあそんな感じ。


時間の流れと言うか、仕事と生活のリズムがあるので、汽車の旅はもう
なかなか出来なさそうです。

でも、いつかまた、こんな旅もしてみたく懐かしくなります。




・・・・・特に仕事抜きであれば!





浦東太極拳教室へのお問い合わせは浦東太極拳教室へメールをお願いします。




また、もう一つのブログ
ご参考にどうぞ。
太極拳の練習の事とかも書いてます。







Last updated  2011.07.10 14:11:52
コメント(0) | コメントを書く
2011.01.05
カテゴリ:旅行
さて、翌朝、全然身体が動きませんよ。

眠いだけでなく、手足が重い。


温泉に当たったと言う言い方もありますが、温泉の
効用で、疲れが表面に出てきたと言うことでしょう。

つらつら時間を過ごした後、強羅へ散歩に行く事に。

P1010090.jpg



義兄の会社の保養所を宿に使わせて貰っている
のですが、そこから強羅まで歩いて移動です。

散歩の途中で、大きな犬を発見。

両親・姉家族は箱根に来る度、見かけていたよう
ですが、デカクて怖かったようです。
でも、私はカンスケと過ごしているので、何となく
交流できそうな感じがして、ナデナデ。


姪っ子3歳はビビリつつ、近寄ってきます。

だって、自分よりデカイ犬ですし。



途中から、母、姉、姪の、箱根トレイン結成。
姉お手製のオンブ紐がキシャポポ紐になるのだ。
P1010060.jpg



強羅に移動して、強羅公園へ。


強羅公園で家族でお喋りしながら、時間を過ごし。
その後、箱根で有名な餃子屋さんへ。
P1010063.jpg



中国では茹で餃子『水餃子』が普通ですので、
日本に帰ると焼き餃子が楽しみです。勿論、上海
の和食屋さんや鍋鉄と言う焼き餃子の様な点心も
あります。でも、日本の味はなるべく日本で味わう
様にしないと、

  根性が鈍る

様な気がするのです。私の場合。

さて、食後、義兄が買い物を忘れたので、代わりに
私が強羅付近で買出し。

帰りは強羅発のケーブルカーに乗って上強羅へ。

駅を降りると、まあ、驚き。

午前中の散歩の途中で会った犬が脱走して俺の
帰りを宿の玄関付近で待ってました。

P1010070.jpg
もう疲れてましたが、カワイソウなので家まで連れ
て行きました。
暴れ犬カンスケを自在にコントロールしている俺様
にとって、大型犬ごときは楽勝なのである。

たぶん。



犬の名前はムサシ。喫茶店のアイドル犬で、寂しく
て脱走し、俺様を探してきたらしい。

友情を感じ、一緒に記念写真を採った。

P1010074.jpg

ほんでもって、宿に戻り、温泉に入って、また麻雀。

申し訳なくも俺の一人勝ち。


夕食をとった後、家族カラオケ。

各曲とも全国での歌レベルを競うシステムらしく、
受け狙いで歌うと即効順位が下がります。

P1010084.jpg

しかし、私はある曲で1位をとっちゃいましたよー。

夜更けに、少し酒飲んで、ぐっすり眠りました。

P1010086.jpg


3日目は朝食後お風呂に入り、緩々と支度をして
チェックアウトしました。
昼にお勧めのお蕎麦屋さんで昼食を採って、家に
帰りました。
P1010097.jpg



最高に楽しい2泊3日でした。

が、家族からはカミさんを連れてこなかった事を
なじられました。

しょうがないじゃん!!!


おみやげも買ったし。


とりあえず、元気でました。






Last updated  2011.01.05 19:06:06
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:旅行
さてと。

帰国後、そのまま、お客さんへ御挨拶。
翌日、一応はお休みですが、家族会議。
23日の打ち合わせ等等を済ませて、25日から

箱根温泉旅行へ!!!!!

初の父母を温泉に連れて行くと言う・・・・。

スイマセン、親不孝もココマデ来れば立派なモノ。
しかも、カミさんは上海。

でも、しょうがないのです。カミさんの体調はまだ
良くないし、日本語も全然出来ない。


通訳しなくていいので、今回は楽なのです。


さて。



お昼少しで宿に着き、そのまま温泉へ。

10年前に『最悪な体調』のまま中国に渡った日を
記憶している父は、元気になっている私に感無量。


・・・・まあ、親は何時までもありがたいです。



・・・・・・数日後、母の方にボロカス小言を言われて
しまうのですが・・・・



さて、風呂の後は家族麻雀です。父・母・義兄・私の
面子でスタートですが、姪っ子が逐次爆撃に来ます。


腕の上がった私の一人勝ちでした。本場中国です。

P1010078.jpg

夕飯食べたら何だか疲れて眠ってしまいました。

そして、翌日も、とっても楽しい一日になりました。








Last updated  2011.01.05 10:24:44
コメント(2) | コメントを書く
2009.10.09
カテゴリ:旅行
なんと15年ぶりに友人から連絡があり、しかも
上海に来たいとか・・・・・・・・

現在、新規案件を抱えている俺にとって、一番
動けそうなのが中国の建国記念日である国慶節
10月1~8日。
もっとも、俺の場合、仕事が点々と入っていた
ので連休とはならなかったのですが。


仕事の合間と言う事もあって、満足に招待したり
連れまわす準備も体力もなく、気後れしつづけ
ちゃいましたが、意外と面白かったのが、



田小房 と 言う新しい観光地。

上海の古い町並みを美術品とテラス式のカフェで
整えた一角です。

IMGP9490.jpg

まあ、急場でこしらえつつ、コンセプトも

 伝統Meets現代 的な感じなのでしょうが、

いかんせん中途半端な感じです。


が、まあ、それでも何となく楽しめました。


久しぶりですが、また来よう!!と思ったのです。


夜は外人が全然いない衛山路(普段は外人であふれてます
連休で外人さんはみんな旅行中?)で最後にカクテルなんぞ
飲んで、上海ナイトもお開きでした。

15年たっても、笑い方も喧嘩の流れも変わらなくて、
慌ただしくも楽しい数日間でした。

次回はしっかりレストランを選択しますよー






Last updated  2009.10.09 19:25:55
コメント(4) | コメントを書く
2009.06.05
カテゴリ:旅行
翌日・・・・・・

体が重くて起きられなかったですが・・・・・・

午前中からおばちゃんの案内で、寒山寺へ。

お祈りをしたり・・・・・・

IMGP8872.jpg

お祈りをしたり・・・・・・

IMGP8890.jpg

お祈りをして・・・・・・
IMGP8899.jpg

精進料理を食べて帰りました。


お昼寝して、夜は郷土料理を食べて・・・・・・・。その後、
カミサンはおばちゃんとお買いもの。

オレはカンスケと散歩。


旅行に来ても普段と同じリズムですね。






Last updated  2009.06.05 17:49:44
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.03
カテゴリ:旅行
端午の節句

ってのが日本にもありますが、中国の場合はゴールデン
ウィークがバラけた分、端午節として3日の連休となっ
たのです。

で、暗国寺一行は・・・・・・

紹興
洛陽
蘇州

三択の結果、蘇州へ行く事に。
理由は、車で行くのに手頃と言う事。なぜなら、今回は
カンスケを連れて行くからです。


そして、わたくし、中国での運転です。


まあ、カミサンの車ですが、一応家に自家用車があるのは
いいもんです。



????いえ、日本の交通事情で生活してきたオレにとって
中国の荒れまくった路上を走るのはかなり勇気がいります。

行きは高速から現地まで、帰りは高速から自宅までオレが
運転する事に・・・・・・・・・・・・

走っていて感じたのが、どいつもこいつも、抜き去る時は
容赦しないってこと。相手が危険な状態になろうが、前の
トラックで前方確認ができなかろうが。



ひー。


で、到着したのが昼の3時。1時に出て2時ですよー。


近い近い!!!


現場は、カミサンの友達。実業家のおばちゃん。豪快と言うより
痛快な感じで朗らか。

現場は彼女が出店を出している大型高級住宅開発地。工事現場の
ど真ん中に工員さん用に雑貨屋さんを含め数店舗を経営。

パッと見、普通の元気のいいユニークなおばちゃんでしかない彼女
ですが、この数日後紹介してもらった人達がそれはそれは驚きな
アッパー軍団でした。

そして、彼女の事業スタイル、生活スタイル、信条は学ぶべき事
沢山ありと感じました。


なーんだ出店かー・・・と、思いますが、どうやら純利でこちらに
駐在する日系出張者の給料より利益を出しているようです。
安定した利率、しかも、みんなに喜ばれ、次々と次回の事業が舞い
込みます。

で、本人は今回の雑貨屋さんについて
 
 「利率はまあまあだけど、何しろ仕事がきつい!!」

とこぼしています。

でも、完璧に現場のマドンナです。おばちゃん。

蘇州.jpg

現場長やら施主さん、建築会社の担当者まで、用も
無いのに遊びに来ます。
したがって、次のビジネスにもつながるし、現場の
作業者達もおばちゃんに下手な態度はとれません。

完璧に自分の意思を回す、楽しさと嬉しさを分け合う
スタイルで仕事をしています。

着くや否や、おばちゃんは私にビールを進め、アヒルの
醤油煮やらいろいろ進めてきます。

ビールひと缶で即効酔っぱらってしまい、ホテルへ直行
です。

3時間ほど休んで、今度はおばちゃんの子分(!)に
車で送ってもらって唐山街へ。

IMGP8828.jpg

IMGP8836.jpg

一年前もカンスケを連れてきましたが、当時は子供。
今は立派な大人の犬です。毛並みもいいし、道行く人の
注目の的で、飼い主のオレ様も鼻高々です。道行く人が
カンスケと写真をとります。

IMGP8829.jpg

各店のワンコと交流したり、水辺に佇んだり。

IMGP8843.jpg


うろうろした後は、少し街を散策。

IMGP8849.jpg

そして、海鮮が食べられる屋台村で食事会。

IMGP8852.jpg

IMGP8866.jpg
ザリガニやカニ、小エビ
IMGP8867.jpg

抜群にうまかった流しの兄ちゃん
IMGP8868.jpg

いやー、盛りだくさん
翌日のお話に続く!






Last updated  2009.06.04 11:34:34
コメント(2) | コメントを書く
2008.07.25
カテゴリ:旅行
お昼過ぎで、長々追っかけてきた仕事に目処がついて、
残りは御土産プロジェクトの遂行。


・・・・・・・・・・これがタイヘンでしたが。


ビジネスパートナーさんが、

    オレは海に行きたいっ!! 海でビールが飲みたい!!

と言う男なリクエストを受け、カミさんの車で一路、三甲港へ。




三甲港は上海市外の遥か東。って、まあ、オレの家から30分くらい
でついちゃうけど。



浜辺に着くと、ナゼか入場料50元/一人を取られちゃいました。
ビールとポテトチップ、そしてデカメの浮き輪を二つ借り、浜辺へ
突入ですが・・・・・・・・・

なんか、海って感じではないです。

巨大な池の様な。


『おい、壱級、これ大丈夫か、この水っ!!ケロイドにならねーか??』

と、先程までやる気満々の御客様が、突如クレーム。


まあ、そりゃ、海っぽくない割りに、水上自転車とかバギーとか色々
レジャーアイテムはあって、ドデカいプラズマ画面があって、なんか
あやしげ。

しかし、ゴザを借りているうちに、お客様は浮き輪に尻を突っ込んで
水に浮かび、ビールを飲み始めました。

リゾートです。  男だっ!


それにしても、このクソ暑いのに、人がまばら。平日とは言え。
日本では、海水浴はタダ。しかも、ここより設備はととのってるし。


2008-07-25-2 009.JPG

二本目のビールを開ける頃には、たまに脚に当る魚の死骸にも慣れ、
いい気分になってきましたが・・・・・・・・・


『おい、あれ、何だ??上海夏何とか? 夏のイベントか??』

で、浮き輪の上から入り口ゲートの看板を見ると。

 
     上海夏威嶋



・・・・・・・・・・・・・上海ハワイ岬????




剛毅である。



まあ、楽しむ人の気分で決まるので宜しいです。




感想を言うと、痛快な一日でした!!!
banner_04.gif
2008-07-25-2 008.JPG
カンスケも満足






Last updated  2008.07.25 23:44:55
コメント(4) | コメントを書く

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.