381473 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

陳氏太極拳、と、そんな生活

PR

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

中国で仕事

2018.01.30
XML
カテゴリ:中国で仕事
このブログは上海・東京・藤沢等で太極拳を指導する陳氏太極拳養芯会の塚本がぶつぶつ書いているものです。

中国と関わってしまったのは25年前。


そして、中国で仕事を始めたのは16年前。

まだ、日本のインターネットが電話回線だった時代。
中国がまだ、ポケベルが主流でまだ固定電話主流。携帯の普及が始まった頃。

ネットの情報より、現地情報は紙媒体を探し、かつ、大手の書店でも中国語のテキストコーナーがその他外国語枠に数冊しかなかった頃。







まったくの手探り、バックパック一つ・トランク一つで地方都市にわたってからの16年間のお話です。

****************************

11月5日

 疲れた。もう、な~んにもする気が起きない。
今日は朝6時半から校長への報告書作り。絶対譲れない打ち合わせの為、完全な意思伝達が必要なのだ。10時に報告書があがって、提出。今日は午後の授業の合間に他校の中国人日本語教師とミーティングがあるのだ。議題は僕の学校の日本語授業の進め方について。

 僕の学校はマッタク、日本語の授業の予定を立てていない。ましてや、教科書も選んでいない。僕が選択した教科書も、『日本人が選んだものは信用できないなぁ・・・』ってスタンス。今日の打ち合わせは今後の僕の中国での生活と、生徒の人生が掛かる。正確な意見の交換が必要なのだ。

 午前の授業が終わると、学生が部屋に相談に来た。日本語で大学受験を受けるか、それとも英語で行くか?彼はその選択に悩んでいるらしい。と、いうより、初めて自分で人生の選択をしなくちゃいけないので真剣に悩んでいるのだろう。俺、こういうヤツが大好きなので、『明日はどうなるか解んないんだから。迷ってるんなら、自分が今一番興味があって楽しめる事を選ぶといいよ。冒険冒険!』ってアドバイス。その後、数人の中国人の社会人になった友人に電話して彼にアドバイスをしてもらった。

 そのまま、学生4人と部屋でプロレスのDVDを見ながら餃子で昼食。今日は『お化けの日』。夜はウロウロしてはいけない日。そして、餃子を必ず食べる日。僕は疲れがダイブたまっているのでユックリ食べる。彼らはサッサと食べるとプロレスに集中。
 『先生!なんでブッタリ蹴ったり、なんでもありなんだ?』
 『プロレスだから・・・・』
 『おもしれ~』
だと・・・・・・・。

 午後、授業がフタこま。既に日本語を勉強したい学生と、そうでない学生の格差が出ている。勉強したくないんだったらオトナシクシテロ!って言ってるんだけど、中国の学生は自己管理が出来ない。疲れるね。クラス分けを急がなくては。

 授業の合間に校長室で他校の先生と会議。他校の先生はこの学校における日本語教育の計画性のなさと、外国人教師の負担の大きさに驚く。彼女に、『校長に一刻も早く教科書を決めるように言ってくれ』ってお願いする。僕の口から言うより、他校の中国人教師の口から出た意見の方が重たく感じそうだしね。


*****************************

私、この時点で、「中国の仕事の進め方」を学びつつ、はまってます。
当時の中国では「責任を他の組織に上手い具合に押し付ける」手法をとり、「果実を確実に回収」する。ノウハウについて、伸びていく組織は着実に吸収と言うか、実務者・技術者から簒奪していきます。当然ながら、市場にも、ジワジワと侵食していく。

奇跡的な事に、私の場合、この時点辺りでこの危険性に気が付いて、自分の仕事やら周囲との連携についてトラップや外堀の準備を始めています。

それでも、中国人リーダー特有の「スピードで勝負する」「資金や力を借りてくる」の威力は大変なモノです。現在は金融パワーで個人の勢いは世界最強なモノです。うかうかと会話をすると、日本の未経験な人や組織は根こそぎやられるでしょう。

軋轢や議論を恐れず、対話をしっかりし、互いのメリットデメリットを確認して真の信頼関係、馴れ合いではない・・・・を作るには時間と労力が不可欠です。こればかりは、どんなに資本力や技術を準備してもダメ。飛び越える事は出来ないのです。が、多くの人が「自分達の優位性」「可能性」「直近に見える気持ちよさ」で将来のビジョンがあるべき姿と決定してしまう。

逆のパワーをコントロールするから中国人なのであって・・・・・・

と言うか、三国志とか史記とか読もうよ!

武士・侍文化とは違うのだ。

で、現在、そのパワーが史上空前で、当然ながらスピード感もトリッキーな力も、様々に最高なところにいると思います。中国。

ただ、それが他の国・地域の文化圏に受け入れられると言うわけでも無く、今度は相手に合わせるという・・・・・


? 合わせた後にまた堂々巡りか ?


日本は完璧に整合性のある数値を算出して動く
  相手にわかりやすく

中国はある程度と「プラスかマイナス」を爆弾として隠して動く
  相手を事ある時は翻弄する


どちらが正しいか、は別として、正道と奇道の二つを併せ持ってするのが戦略としては正しい(孫子)

ちなみに、孫子は太極拳の戦略概念の基になってます。

******************************
太極拳に興味のある方は​養芯会HP​まで御連絡ください。

東京・神奈川(藤沢)​での指導を行っています。初心者・経験者とも問題なしです。様々な他の太極拳経験者にもこれまでの技術を更に生かす講座を用意しました。

養芯会と私の太極拳の映像です。

太極拳は老若男女、体力の弱い強い、運動能力に関わらず、誰でも練習できます。

平たく言うと中国式の筋トレであり、健康体操です。練習するほど色々な事が出来るようになって楽しいですよ。







Last updated  2018.01.30 10:02:52
コメント(0) | コメントを書く


2011.06.03
カテゴリ:中国で仕事
陳氏太極拳の先生やってますが、生活の糧は別の仕事なのです。

太極拳は自分自身の健康の為、それと伝人としての責務の為、
云わばライフワークですね。


日常の仕事は、中国で加工商社を経営しています。



主に日本のお客さんからの注文や要望に合わせて加工し、出荷
してきました。




今までは。



さて、最近ずーっと忙しかったのが、今までやりたかった提案型の
仕事が出来る様になって来た事。




ここまで来るのに、とても時間を掛けてしまいました。






さて、現在色々と忙しく準備しているのが、日本の素材を使った
抗菌・汚染物質除去の商品とサービスです。


つい先日の日本出張も、その商品の提案やら色々をしてきた次第。
勿論、既存の自転車駐輪場の事も頑張ってます。




P1010748.JPG


こう言う壁掛け業務用カートリッジ式の抗菌消臭スプレーを開発したり


P1010752(1).JPG
そこの社長さん達と。


EVAマットとEVAの椅子を抗菌処理して幼児用にセット商品を開発
P1010759(1).JPG



P1010981.jpg
大手塗装メーカーと営業協力、そこの仲介を受け、日系塗装工場と
協力関係締結~




P1010498.jpg
制御盤付きの装置屋さんと加工~営業提携したり


抗菌・匂い分解製品の開発をしながら、シックハウス対策工事。

P1020023(1).JPG





以前は知識不足であんまりどうって事も気にしていなかったのですが、
中国の
床材・家具・内装で使われる合板、壁紙用の接着剤、塗料等等。
凄くホルムアルデヒドやらベンゼンを含んでいると言う事。
一応、素材メーカーは中国の基準を満たしているのですが、結局施工・
アッセンブリー時には各素材を総合すると基準値オーバーのホルムアル
デヒドが発散されてしまうそうです。

目が痛いとか、喉が痛いとか、何だか空気が重く感じたりするあれ。


営業用に資料を整理していて勉強したのですが、
ホルムアルデヒドは匂いが取れても残留し、発がん性物質として発散
し続ける事。温度の上昇によって発散が大幅に増える事。
滞留するので、換気をしない冬は蓄積により室内空気中の濃度が・・・・


ひーーーーーーーーーー!


とビビってしまい、自分の家の家具に付いても逐次自分の商品で処理始め
ました。




他の外資系施工屋さんと比較して半額である事。
ローカルの成分水増し系と違い、日本の素材をそのまま使っている事。

ちなみに、ローカルメーカーは10数年研究して来たと言ってますが、
眉唾です。問題になり始めたのは最近ですので、商売にならなかった物を
研究する事はありえないので。
ついでに、巷の平米10元とか、そう言うのって
  イワユル光触媒は使っているけど、対ホルムアルデヒドの効果基準を
  満たしていない無い酸化チタンを使用している
ので、バク安なのだ。酷い所だと水増し、文字通り水で薄めて散布して
さも工事をしたような印象を・・・・・・



健康にかかわる事で、日本で問題が起こっている放射能の濃度基準よりも
現実、迫っている大問題なんですが・・・・・・

お金持ちとか、社員がビビってぶーぶー言うオフィスが率先して採用する
くらいなんですよね・・・・・・。


ただ、実績はバンバン増えている。


上海ですでに5000平米突破
北京天津東北区で6000平米突破
杭州のホテルで全面採用決定

上海のT広場でも全面採用決定
中国オフィス家具のI社でも採用決定

河南で2000平米の引き合い

等等。おかげ様で、新規の営業でもお話し易くて良いです。



中国の素材が信用できないのではなく、やっぱり使用実績と改良の歴史、
それから、施工時の丁寧さもだいぶ違いますから。

P1020027.JPG

丁寧に、隅から隅まで、家具の裏や中、カーテンまでもしっかりと施工します。
作業が終わると鼻の中まで真っ白。


戦った感が有りすぎです。




新しい仕事、新しい仕組みです。なので、今までとは違う準備を
大きく動く前にしないといけません。


てなわけで、会社ホームページ作りの準備とか、新製品のパッケージとか
まったく持っててんやわんやです。






頑張った後は、家の長椅子にもたれて、日本の御摘みで一杯やるのが
超贅沢です。

P1020035.JPG

頑張った分、日本にお金が戻るはず。そりゃ、日本の素材ですからね。


安全・安心・環境対策は日本がやっぱりリードしているって事を
頑張って広めて行くのだ。


P1020041.jpg








Last updated  2011.06.03 13:34:48
コメント(4) | コメントを書く
2011.03.17
カテゴリ:中国で仕事
日本の皆様、頑張ってらっしゃいますか!

私は今日も、上海の外れの方、工場地帯に一人顔合わせに
行ってきました。


このブログは上海で陳氏太極拳を教える浦東太極拳教室の
ブログなのですが、私の本業は小さな加工貿易商社なのです。


この10年程で、上海の地下鉄も縦横に伸び、全部で10車線を
超えました。

上海の電車は日本とは違って、地方都市内の“地鉄”と称される
地下鉄と“鉄路・火車”と呼ばれる都市と都市を結ぶ電車の二種に
大別されます。

ですので、切符の買い方が、地方に行く改札と鉄路は別。


本日の打合せ先は、事務所から2時間はなれた上海のずっと南です。

この辺に来ると、まったく華やかな印象は無く、

道路の向こうは埃っぽい家々と、畑、そして工場です。
たまにスーパーとか、食堂とか・・・・・・。


今日行った工場は、

  日系の制御盤製作~メカトロの会社

です。言わば、私が日本で働いていたころの業界。



真空ドラムとコントローラや、工場で使う大型の
乾燥機などを生産中でした。

私の大学の先輩が興した会社です。

わーっと打合せをして、1時に別の用事があったので、
上海市内に戻りました。


地鉄にのると、日本のニュースが液晶表示テレビで流れています。
苦しくなります。哀しいです。

冷静に、先ずは自分の仕事を、と思っても、やはり人間ですから。




日本の皆さん、頑張ってください。


寒いと思います。被災された皆さま、頑張ってください。
現場で戦う皆様、信じてます。



逆境の中から立ち上がる。日本頑張れ!










Last updated  2011.03.17 20:31:12
コメント(0) | コメントを書く
2011.01.04
カテゴリ:中国で仕事
昨年の秋ごろから、カミさんが私の生き方にようやく
理解を示してくれました・・・・ので・・・・・・・

急激にカミさんが私の仕事等等に協力的になってくれ
ました。

家族っていいなあ、と思える様になると、仕事も練習も
頑張ってしまいます。
P1010021.jpg

最近では、仕事が終わると外にはで無いで、家でカン
スケとノンビリする事が多くなりました。
家に帰るのが楽しみになる様になった矢先・・・・・。

新製品の決定やら実家での緊急招集やら。


そんなわけで、現在実家でございます。


10月辺りから、徐々に準備したとは言え、上海の自宅を
開けるのは何とも。第一、今回の帰国では事情あって
カミさん連れて行けません。

温泉旅行付きなのにっ!!

P1010024.jpg

出発直前、カミさんが羊鍋を用意してくれました。


感激です。



現在、日本の実家を基点に活動中。
明後日上海に帰ります。


P1000817.jpg

カンスケに会いたいなあ。






Last updated  2011.01.04 20:40:04
コメント(2) | コメントを書く
2011.01.02
カテゴリ:中国で仕事
ダイブ以前の事になりますが、上海でデザイナーさん達主催の
フォーラムを見学した時の事を少し。






これからの世界で、見直されていく事と言うか。



太極拳とかにも関係するかもしれません。

と言うより、文化と経済のお話なので関わって当然
かもしれません・・・・・

昨今の世界の事情


  世界経済の事情


と言う観点で見られる事が多いと思います。





これって、どうも段々行き詰っていくのだと感じています。




そもそも、経済って

経世済民 の略だったかと思います。

段々、マネーゲームと言うか、価格や貨幣価値、付加価値の
発生などのみに使われるようになってきた様な・・・・。




そんでもって、価格破壊だか言う言葉が生まれて、

同時に価値と文化と歴史(商流による信用と保証)の破壊が
始まりました。

段々段々世の中が、


     安ければイイ!


        激安!!




・・・・・でもですね、私が感じるのは、







激安が無かった時の日本の方が暮らしは豊かだったと。

モノは溢れ返ってなかったけれど、そんな気がします。







価値のあるものには、必ずそれだけの価格と言うハードルが
あって、それに向かって皆努力する。

別にそれが無くても良い場合は、別のモノを使うなり、我慢。


でもいつの間にか、価値のあるものも安くないとダメ。


安い=何時でも捨てる


何でも安くなる→どれもこれも捨ててもイイモノ


これに近いイメージはやっぱり起こっていると思います。





単なる安い!と言うモノを生み出す時、既に日本は近隣諸国には
太刀打ちできません。

先ずは付加価値。そしてパッケージされた仕組みでなければ、
国のアイデンティティーと言うか、そう言うものは生まれないと
思います。企業でも、学校でも。単一の商品だけでは駄目で、
広い目と範囲に及ばないといけない。





・・・・と。








先日、私の上海の友人が


デザイナーフォーラム


と言うのを主催しました。



上海の美術街のど真ん中を借り切って、中国に滞在中の有名
デザイナーさん達(建築、内装設計、商品等)がディスカッ
ションしたり、発表したり交流すると言うイベントです。

P1000887(1).JPG
今回の内容は 都市とデザイン が中心だったそうです。


イベント入場料を払うと参加できるのですが、当日は大学の
先生も招かれていたので、その分学生さん達が沢山いました。


学生さん達はタブン、

  何だか面白そうな、
 
  何となく華やかな

  何となく~

P1000897(1).JPG

と言うノリで来られた人が多かったように思えました。

また、イベント自体も混沌とした感じもしました。折角の
ディスカッションの内容よりおしゃべりに夢中な人もいま
したし。


ですが、間違いなく、次の世界の息吹を感じました。内容も
ナカナカ濃かったです。


P1000895(1).JPG



経済と文化は自転車の両輪。


経済はあくまで人の生活を潤すものであります。
その道しるべになるべきものが、文化です。

そして、文化を具現化するツールの一つがデザインではないか
と私は最近凄く感じています。

モノづくりに携わっている、と言う事も原因しているのでしょう。
デザインと言うか、作り手の気持ちがこもってこそ初めて価値が
生まれると思うのです。ぬくもりと言うか。
ぬくもりが伝わる範囲が広ければ広いほど、それは明日につながる。


文化は混沌と秩序の中で生まれる。コンセプトのない、通り一辺
倒なモノは淘汰されるけれど、しっかりしたものは段々はぐくま
れると。

現在の安売り、使い捨て中心の文化から、昔の様な次の世代に伝え
たい価値と言うのは、彼らの様なデザイナー達、設計者達からならば
ダイレクトに世の中に

 “商品として”
 “パッケージとして”

生まれて来る気がするのです。



文化というと、音楽、芸能、文学、絵画、各種芸術、料理、
スポーツ等など、イロイロあると思うのです。
その中の一つ、デザインの世界の人達が、混沌の中を突き進む
上海で集まったと言うのはとても意義があると思いました。


そう言う風に当たった学生さん達の中の何人かが、数年後、ふと
した事で色々な新しい価値を生み出してくれるのではないかと。
凄く期待してしまいます。



是非、このイベントが毎年継続する事を期待します!




ところで、量産品を手がける仕事をする私の立場としても。
量産品や安売り品も決して悪ではありません。でも、安く
出来るモノとそうでないモノがあって・・・・・、と言う
世界の姿が生まれるのではないかと期待しているのです。
量産品の中にも心を込めないと作れないものも一杯ありま
すし、それにみんなが気づく日が来るといいなあと。






Last updated  2011.01.02 20:26:38
コメント(0) | コメントを書く
2010.12.17
カテゴリ:中国で仕事
もう、大分時間がたってしまいましたが、沖縄へ出張した
時のお話。


私は上海で加工屋さんをやっているのですが、上海の起業家
さん達の集まりで、沖縄の会合に誘われ行ってきました。


沖縄と言えば、サトウキビ、泡盛、豚肉、等のほかに、文化面
ですと、空手とか沖縄民謡とかを思い浮かべます。

私の場合。






古くから貿易都市として栄え、歴史の波に翻弄されながらも、
強固な伝統文化と地域性を保持しています。



そこに、香港、シンセン、広州、上海、シンガポール、モンゴル
オーストラリア等の海外、日本各地からいろいろな人が集まりま
した。


P1000691(2).JPG
今、日本は確かに不況です。でも、不況の原因は沢山あると思い
ますが、その一つに、何でも安売り、激安を求める風潮にあった
と思います。

ある一定水準の品質はそれ以下に下げた場合、劣化若しくは変質を
生みます。

少品種大量生産の世界では近隣諸国に日本は元から達うち出来ない
と思います。ある一定水準の品質と管理が要求され、他品種・多様
性に対応する時、初めて日本の力が生きてくると思うのですが、
何だか知らない間に、全部の生産を海外に出そうと言う雰囲気に
なり、国策もなく・・・・・・


と。

ですが、そうは言っても、今はそれを乗り越えないと行けない。
日本の製品、日本のサービスは世界に通用すると言うより、超A級
だと思います。
この水準を下げず、なお且つ市場に合った形に変えなければいけま
せん。


そう言う当り前の事に気がついて、世界に営業を仕掛ける事が出来る
様になった時、また日本の景気と言うか、生活、自信がとり戻るのだ
ろうと思います。
新たな仕組みを見出して、国にお金が帰ってくる=生活が潤う、そう
言う事を改めて考えてしまう沖縄出張でした。

P1000705(2).JPG
ところで、今回私を誘ってくれた上海の友人たちは、“アパレル”を
キーワードに、各業界と連携取りながら新しい仕組みを作ろうと
模索中の様です。

一過性の話題や価格勝負ではなく、仕組みとブランドで勝負!



応援してます。








Last updated  2010.12.18 15:48:38
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.11
カテゴリ:中国で仕事
エコステーション21
コミュニティーサイクル

って知ってますか?







俺はダンゼン自転車派。


自転車は坂道だとキツイ、でも、坂を越えた後の風景はとても嬉しい。

学生の頃、学校に通うのに自転車は禁止。

でも俺は途中の駅までは自転車。


だって、バスは高いし、時間も掛かる。乗継って便利な時とそうでない時が有って、オレの家から駅までだと、乗り継ぎは不便。朝の渋滞が凄いのだ。


自転車なら自分の時間をコントロールできる。

小回りも可能。



買い物の時も凄く便利。


カゴやザックに入る分しか買わないので無駄が無いし。







中国に来て、最初にほしいと思ったのは自転車。


バスに乗っても、駅名がわかんない、
タクシー使うと、通り過ぎた場所に興味がでてどうしてももう一度行きたくなる。


そうこうするうち、上海でもオレのメインの足は自転車。

ちなみに、洛陽で師父の元へ太極拳の修行に行く時・・・・と、言うか師父の家まで毎日往復2時間強、チャリンコ。当然ながら寄り道も楽しい。


mitibata.JPG



でも中国では自転車は残念ながら労働者の乗り物という認識が強いのです。

車を持っている事が成功の証と言うバカげた風潮が有る。


例えば、上海では元々バスが発達していて地元のサラリーマンであれば、バスに乗った移動を中心にしていればそんなに面倒は無い。

と、思う。


しかも、今では地下鉄が凄く発達していて、地下鉄の駅を起点に動けばそれこそ自由自在。


でも、皆、自動車を買う。

高級車が流行りだけど、でも、同じ銘柄で品番でも、日本とは色々な所で質が違う様です。。


んなのを横目に、オレは自転車でさっそうと街に繰り出すのだ。



長距離の時は自動車を利用させていただく時もあります。

自由自在は自転車。


カンスケも乗せて走るオレのチャリである。

IMGP9495.jpg


私の会社は日本に向けて自転車駐輪場向けの構造部品を製造し輸出しています。
加工商社として、様々なモノを扱っていますが、その一つが駐輪場です。

自転車大好きな私は一生懸命になってしまいます。


と、


私のお客様と言うか、御世話になっている方達がずっと構想していたのがコミュニティーサイクル。フランスやオランダでは既に導入済みで、中国杭州でもなぜか導入されている

「自転車を公共のモノとし、皆で使いましょう」
「自転車をバス、タクシー、電車に続く第3の公共
 交通機関にしましょう」
「そうする事で、渋滞や排気ガスを無くしましょう」
「無理に自転車を購入したりせず、共有する事で
 違法駐輪等をなくしましょう」


と、言うコンセプトだったかと思います。

東京で試験運用が始まり、新たに名古屋でもスタートしました。

名称は

 名チャリ2010
http://meichari.jp/index.html

すげぇセンスです。でも、一度聴いたら忘れそうに無いです。




私は個人的には

小回りが利く=フローの回転が速くなる=
      
      街が活性化される


と、思うのです。


私の駐輪場がそれで無くなったり、個人の自転車所有が無くなる事は無いし、車の利用や購入が無くなると言う事は無いでしょう。

第4の交通手段として共生が始まり、更に自家用車等の利用の仕方も変わる。


そう感じています。




私は、近い将来、地元藤沢・鎌倉・逗子でこの仕組みが導入されるといいなあと。


管理運営の皆さん、頑張ってください。
名古屋の皆さん、
  神奈川にフィードバック宜しくですー


ところで、この自転車駐輪場の仕事にかわかる事になったの、出会いに太極拳も少し関係していたりします。
縁ってあるものです。






Last updated  2010.09.11 13:56:23
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.10
カテゴリ:中国で仕事
もう、上海に戻ってそろそろ20日近くになるかと思うと、

ああ、5年くらいたった見たいと・・・・・



8月19日の夜中、寧波工場の社長を東京まで送り、
実家へ帰ったのが12時半。

メールチェックして速攻寝ました。


翌日、もう疲れて動けません。

tyuurinki.jpg

ですが、まだ午前に1社、午後2社の打合せが残ってます。



根性と言うか、もう流れのままの気持ちで東京へ。



最後の打合せ・・・・と言うか、御挨拶に伺った駐輪場の
ボスに見せてもらったポートランドの情報に驚愕。
盛り上がってしまい、そのまま飲みに行く事に。


ボスも韓国から帰ったばかりだったので、ヘトヘトだったそう
ですが、様々な話で盛り上がって時間を過ごしてしまいました。

盛り上がって閉店に間に合わず、iPadは買えなくなりました。
だったら香港で買えば良いと、思いなおしました。




でだ。


姪っ子と姉夫婦が待っています。約束していた、藤沢で
一番美味しい焼鳥屋でお土産を焼いてもらいました。

yakitori.jpg

待つ間、神奈川の地酒でもう一杯。


お土産を持って帰ると、家族でまたもう一杯。


とても楽しく温かく感じました。

この度の出張は出ずっぱり、走りながら作戦を立て、変更し、
実行の毎日でしたのでヘトヘトになってしまいました。

でも、どうやら良い結果が沢山出そうだし、なにより、日々
家族のありがたさを感じる事が出来たので凄く力を貰った
気がします。


翌日21日、少し回復しつつもグッタリ感残ったまま日本窓口の
代表者が早朝から車で成田まで送ってくれる事になりました。

って、そのKトレック代表も、連日の現場対応でへろへろのはず。

まったくもってありがたいです。

でも、その分、今回の出張は成果が有ったと信じてます。
(神奈川の1件はどうやら注文になりそう。愛知の件は既に
 受注済みで、対応中!)


その時はまだその後の処理が、戻った後も現在まで続くとは
思ってませんでしたが・・・・・・・


ま、仕事は楽しいので没問題っ!










Last updated  2010.09.10 12:14:05
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.08
カテゴリ:中国で仕事
上海の太極拳教室のブログだぞー・・・と、再開したものの
やはり、普段の生活の方も書いて見ます。


一昨日から寧波出張中です。

初めて中国を訪れたのが21の時、あれから何年でしょう?
そろそろ17年になります。
22で最初の短期留学、当時は国際電話を掛けに自転車で
近くのホテルまで15分ほど。

帰りに、寮の近くの売店でお菓子を買って帰る・・・・・・


それが今じゃ、出張先で楽勝、メール打ったりしてます。

午前中は普通にホテルで仕事の処理が出来て、今はブログ
の更新準備です。


何だか、道具で便利・デジタルが先行しています。でも、また
芸事や職人芸や経験が必要なアナログも重要な時代がやって
来ると思います。

ちなみに、ホテルの金額は一泊70元(2400円)のビジネス
ホテル。、3星以上じゃないと外人は駄目とかあったり、5年位
前の安い宿だと、勿論インターネットはつながりません。
ちなみに、この宿も、日本のビジネスホテル6~7000円と対
して変わらないです。



で、寧波。


寧波料理と言うのが実は和食に近いのではないか?と思って
ます。まあ、海鮮が多いからそう言う印象なのかもしれません。

昨日、午前中にのんきに処理を終わらせてから、ホテルの隣の
ファーストフードと言うか、定食屋さんで食事をしました。
neiha1.JPG
食券を先に買って、食べたいお惣菜を選びます。

スゴイ人だかりです。


俺は、海鮮砂鍋(鍋焼きうどんの鍋の様)と沢蟹のニラ炒め。

neiha2.JPG

24元(340円)です。一人で食べるには少し贅沢メニュー。
お腹一杯です。

その日の夜はマイナス6度でした。


ところで、寧って 穏やかと言う意味らしいですよ。






Last updated  2010.01.08 10:46:40
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.16
カテゴリ:中国で仕事
出張2週間目です。


さて。


大阪へ出て、帰って東京で打ち合わせを2回、あっという間
にお盆で、お盆も今日が最終日。


お盆中は、新宿の中国武術教室と交流したり(後日レポート)
新橋で飲み屋街を散策したり、まあ、いろいろと遊べちゃいま
した。

そして昨日は古くからの友人たちと横浜の花桃月で宴会して、
馬鹿みたいに笑って、夜中帰ってきました。


花桃月はおしゃれなお店ですが、ちょっとワレワレ、場違い
かもしれないです。が、好きなお店なので、毎回利用してます。


今日は、これから地元の商店街で買い物。夜は親戚も加わって
春巻き大会。


で、本題。


昨日の昼間、久しぶりに江ノ島に泳ぎに行きました。姪っ子と
遊ぶのが目的です。

浮袋(浮輪じゃない)とゴムボートに空気を入れ、波にプカプカ
されていると、何とも平和で、幼いころを思い出しました。

義兄がタープというか、簡易テントを持ってきていたのですが、
それはそれは日差しが強く、テントがなかったら、今頃大変な
日焼け=やけどだったと思います。


上海では、それっぽい処はありますが、実際の海は無いようです
ので、湘南、佐渡で育った私にはとても寂しいです。


それにしても、こういう、『海水浴』って、日本独特の文化なの
でしょうか・・・・・






Last updated  2009.08.16 10:41:42
コメント(2) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.