380850 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

陳氏太極拳、と、そんな生活

PR

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

海外生活

2018.05.02
XML
カテゴリ:海外生活
このブログは上海・東京・藤沢等で太極拳を指導する陳氏太極拳養芯会の塚本がぶつぶつ書いているものです。

現在、17年前、2001年・私が太極拳に関わった頃の事、中国河南洛陽での暮らしとアレコレを書いています。これが無いと、なんで太極拳?に繋がらないと思うのです。

今回も2002年の事。ただし、記憶をたどって書いていきます。

地方の荒れまくっていた学校の中でも、無気力な学生達が、何だか燃え上がって日本語班を結成し、ダラダラしているのに「カチン」と来て、てこ入れの為に焦っている所から始まります。

当時の私は、地方都市の暮らしに慣れ始め、沈老師の指導にも慣れ、1週間前に戻られた御主人の鄭老師との対話を始めたころ。

まだ、食事は一日2~3食。子供用のお茶碗に堅めの御飯を良く噛んで食べていたので、栄養が足りなかった時期のこと。

仕事をしながら、武術の練習をする。
寸暇を惜しんだ。片道1時間半の距離(当時は道が悪かった)、出勤の時間、授業の準備やら添削の時間。毎日6時間の練習をしたという事は、食事の時間以外はたいてい練習に充てていたという事。

もう一度は出来ないですね。

**************************
当時の私はどうやら学校で起きる沢山のトラブルに対して孤軍奮闘していたようです。仲の良い同僚はいたが、彼らにはどうする事も出来ない。

知恵と度胸で交渉するしかない。と言うような。

自分に対するもの、日本人だからと言うあからさまな差別、元悪い子だった学生達の境遇、クラス内での学生同士の対立。。。。等等。

こういった状況に対して、ヒタスラ厳しい練習事情だった太極拳は、当時の私にとってはよっぽど心休まる時間だったようです。


*******************************
当時を思い出して書いていくと、何しろ通うのが大変であった。

距離的に。それ以外で大変だったのが食事の確保と洗濯。

そのぐらいで、後は練習していればよかったので、何だか、凄くビビッドな思い出が無いように感じます・・・・。

現在の私は陳氏太極拳のデンジンで、養芯会と言う文化団体の総師範。

自分がメンキョカイデンになるとは当時まったく考えていなかったし、先生になるつもりもなかった。だから、当時の練習状況を文章化したり専用の撮影記録等もない。




酷いのは、当時生き残った全員、写真の記録は皆で食事をしている数枚のみ。

なのですが、中にはこれだっ!と言うような写真ががフィルムによるアルバムに残っていたりするので、それをもとに描いていこうと思います。

2002年2月の頃の事を前回書きましたが、その前後で私が練習を開始した時にいたその他2名は脱落。

その後、軍隊上りの陳君が入ってきて、その後呉さん、ピエールさん、緑豆君が入ってきて、女性問題で爆発したり、かつて鍛えていた鄭老師の第一世代学生達が戻ってきたり、破門騒動があったり・・・・

とまあ、そんな洛陽滞在2年半をイラストと文章で書いていきます。


******************************
太極拳に興味のある方は​
養芯会HP​まで御連絡ください。

東京・神奈川(藤沢)​での指導を行っています。初心者・経験者とも問題なしです。様々な他の太極拳経験者にもこれまでの技術を更に生かす講座を用意しました。

養芯会と私の太極拳の映像です。

太極拳は老若男女、体力の弱い強い、運動能力に関わらず、誰でも練習できます。

平たく言うと中国式の筋トレであり、健康体操です。練習するほど色々な事が出来るようになって楽しいですよ。

 







Last updated  2018.05.02 16:26:17
コメント(0) | コメントを書く


2018.03.19
カテゴリ:海外生活
このブログは上海・東京・藤沢等で太極拳を指導する陳氏太極拳養芯会の塚本がぶつぶつ書いているものです。

現在、17年前、2001年・私が太極拳に関わった頃の事、中国河南洛陽での暮らしとアレコレを書いています。これが無いと、なんで太極拳?に繋がらないと思うのです。

16年前か?洛陽の友人の結婚式に参列。

初めての海外での結婚式です。


度肝を抜かれる体験でしたが、今はもう、慣れてしまった。

時は過ぎ、当時はまだ小学生だった弟弟子がこの度、結婚する事に。

その時の事を思い出し、サクッと書き出してみます。




************************

5月11日
 今日は友人の結婚式。27歳。嫁さんは23歳、172cm、美人だ。現在、SARS(当時、中国全土を震撼させた伝染病)の関係でアンマリおおっぴらにパーティーとかはヤバイけど、決行。教師をしている新郎、嫁さんも公職の人なので結婚式は延期した。
 昼に学校を抜け出して式場へ。式場は洛陽のど真ん中のレストラン。僕の着いた時には彼のキョーダイ分たちは既に来ていた。友人と嫁さんはドレスアップして入り口で挨拶。ちなみに、参列する友人達は私服!日本とは違うのだ。

『おい、塚本、この式は内緒だからな!写真は他のヤツに見せちゃ駄目だぞ!』

 ってわけで、ホームページ上の掲載は不可。もっとも洛陽で僕の関係者のホトンドがこのホームページの存在を知らない。でも、どこから漏れるかわからない。 ふー残念。 すごく楽しい式だったのだけど。

かなり加工した写真!



 式は12時にスタート。 出席者は約200人くらい。面子至上主義の中国らしく、こういう晴れの日は徹底的らしい。式場の前面に司会者!と新郎新婦とその両親が。横にはラッパとキーボードとドラムの生バンド。司会者を一番最初に書いたのは司会者が式の主役!だから。
 この司会者、間違いなく結婚式専用司会者・プロです。声がでかく、常に目立つ。必ず新郎新婦の斜め前。コイツ!!

(そうなのです。中国では結婚式コーディネーターと言う会社組織があって、イベントを完全に取り仕切り、その定型にあてはめて、誰であろうと会社の乗りで仕切っていくのです。)


 で、インタビューやら自己紹介をこのオッサンが延々とやって、はぁ・・・・・。

 誰が主役かワカンナイ式だったけど、友人のほっとした顔を見てこっちも落ち着いた。予想通りドカドカドカドカと料理が次々に運ばれてきて腹いっぱいの内に縁も終了。

 その後、授業用の教材を買って学校に戻る。戻る途中で野菜を買う。授業が始まる前に今週の漬物を漬けないといけないのだ!!


************************


なんと、当時の私は結婚式の後も仕事に出ていた!!

どうも、その頃に教室の生徒に火を点ける事件が起こったらしく・・・・・・

頑張っていたようですね!いいぞー


*****************************


太極拳に興味のある方は​
養芯会HP​まで御連絡ください。

東京・神奈川(藤沢)​での指導を行っています。初心者・経験者とも問題なしです。様々な他の太極拳経験者にもこれまでの技術を更に生かす講座を用意しました。

養芯会と私の太極拳の映像です。

太極拳は老若男女、体力の弱い強い、運動能力に関わらず、誰でも練習できます。

平たく言うと中国式の筋トレであり、健康体操です。練習するほど色々な事が出来るようになって楽しいですよ。






Last updated  2018.03.19 17:57:20
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.13
カテゴリ:海外生活
このブログは上海・東京・藤沢等で太極拳を指導する陳氏太極拳養芯会の塚本がぶつぶつ書いているものです。

現在、17年前、2001年・私が太極拳に関わった頃の事、中国河南洛陽での暮らしとアレコレを書いています。これが無いと、なんで太極拳?に繋がらないと思うのです。


これは一人暮らしをしていた時の一人鍋。

今回は、私が学生の頃、勘違いをして中国への冒険に旅立った頃

1993年か4年のお話。

******************************


たしか、日本では春休み、ですので2~3月ごろの事だと思います。

2~3月と言えば、春節後で、かつ、まだ寒い頃。

小さな学校で更に小さな留学生寮には人もまばら。

私はと言えば、大急ぎで基本的な中国語会話が可能になる為、朝5時から夜11時まで脳が硬直しそうなギリギリの学習をしていたと記憶。

そんななか、友人の成くんと仇くんが、自宅の火鍋に誘ってくれたのです。

鍋やるから来なよ!

・・・・・鍋??


で、初めての北京式火鍋、初めての羊肉を食べたのです。


成君は人民海保軍の偉い人の孫で、当時のカナリゴツイ系団地の一角に住んでいました。後に、彼は事業家を目指し、東西に奔走する事になりますが、その頃はまだ「学生でーす」と言う雰囲気。仇くんは共産党幹部の息子だ!

成くんの家に着くと、既に食事の用意は済んでいて、早速火鍋になった。

おおむね、日本の寄せ鍋みたいですが、決定的に違ったところは

 鍋の中に丸ごとのスパイス
 ゴマペーストのたれ(自家製)
 牛・豚ではなく羊肉
 付け合わせの野菜に大量の香菜(パクチー)






食べたことのない食材、料理が趣味で当時は食いしん坊だった私は、美味しい美味しいと食べるのですが、それを見て友人達はかなり呆れます。

 香菜って、そんなにうまいか?

と言う反応です。彼らにとっては薬味でしかなく、ムシャムシャ食べる私が奇異に映ったようですが・・・・・


数年たって、現在の私の周囲には 香菜を専門に頼んでムシャムシャ食べる人は少なくないのだ。

強い油・癖のある味付けを楽しんだ途中、清涼感のあるパクチーはとても気分の良い付け合わせ・・・・と感じたのです。

ラジカセ(!!)に、BGMを入れようと、持参のカセットをつっこもうとしたら、

「テレサテンはやめてくれ!」

と却下され、彼らの持っている香港や日本のポップスを聞いていた。

お腹いっぱいの後、テレビ備え付けのカラオケをして、眠くなって解散。

借り物の自転車での帰路、何とも言えない感じで夕暮れを走っていました。

あの時食べた北京の味が、ずっと忘れられない。

他にも、煎餅(日本のセンベイではない)等、当時の思い出が、帰国後の私を強く再チャレンジに向かわせる原動力になったと思います。


その数年後、羊まみれな毎日になるとは知る由もなかったのであった。


*****************************


太極拳に興味のある方は​
養芯会HP​まで御連絡ください。

東京・神奈川(藤沢)​での指導を行っています。初心者・経験者とも問題なしです。様々な他の太極拳経験者にもこれまでの技術を更に生かす講座を用意しました。

養芯会と私の太極拳の映像です。

太極拳は老若男女、体力の弱い強い、運動能力に関わらず、誰でも練習できます。

平たく言うと中国式の筋トレであり、健康体操です。練習するほど色々な事が出来るようになって楽しいですよ。







Last updated  2018.03.13 11:07:34
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.08
カテゴリ:海外生活
このブログは上海・東京・藤沢等で太極拳を指導する陳氏太極拳養芯会の塚本がぶつぶつ書いているものです。

現在、17年前、2001年・私が太極拳に関わった頃の事、中国河南洛陽での暮らしとアレコレを書いています。これが無いと、なんで太極拳?に繋がらないと思うのです。


これは一人暮らしをしていた時の一人鍋。

今回は、私が学生の頃、勘違いをして中国への冒険に旅立った頃

1993年か4年のお話。

******************************

今から25年も前になるのでしょうか。

当時の私は2年連続でレポートでSをたたき出し、ちょっと勘違いが入っていました。提示された数冊の資料から課題を考え、まとめよ。と言うので、当時のロシア経済(ロシアになったばかり)と中国経済の対比を発表したのですが、S。 

       Sとは!

今は廃止になったが、当時の母校では学年から5名、A評価の中から更に上の評価として選抜されたのだ。

あまり、そっち方面が得意でなかったはずなのですが、ここで自分は「情報収集」と「分析」に長けている!と勘違いした。

更に、中国に興味を強く強く持ってしまったのです。


 中二病と言うやつ。


さて、それから、友人の誘いで中国を旅行する事になり、現場の熱に「これから、中国が伸び、経済大国になる」と確信。一方で、言語の重要性を痛感して、現場の調査を兼ねて中国への短期留学を繰り返す事になった。

その頃の中国については、別の機会に描くとして・・・・・

留学生寮はショッパク、更に自分が訪れる時分は「長期休暇」の時期なので、現地の学生も留学生も少ない。従って食堂は空いていない。電熱器での調理が基本禁止なので、内緒で卵を茹で、近所でご飯とおかずを買ってしのぐ、等の生活だったのですが、それはそれで楽しく。

当時、負けん気が強く、体格もあった私は様々な逆風に・・・・と言うのも、良い思い出なのですが、とても仲良くなった2人の友人、生粋の北京っ子に



 「うちで鍋をやろうぜ」


と誘われたのです。初めての火鍋。しかも北京鍋を北京人が作る!!

長いので続く





*****************************


太極拳に興味のある方は​
養芯会HP​まで御連絡ください。

東京・神奈川(藤沢)​での指導を行っています。初心者・経験者とも問題なしです。様々な他の太極拳経験者にもこれまでの技術を更に生かす講座を用意しました。

養芯会と私の太極拳の映像です。

太極拳は老若男女、体力の弱い強い、運動能力に関わらず、誰でも練習できます。

平たく言うと中国式の筋トレであり、健康体操です。練習するほど色々な事が出来るようになって楽しいですよ。











Last updated  2018.03.08 10:04:40
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.06
カテゴリ:海外生活

このブログは上海・東京・藤沢等で太極拳を指導する陳氏太極拳養芯会の塚本がぶつぶつ書いているものです。

現在、17年前、2001年・私が太極拳に関わった頃の事、中国河南洛陽での暮らしとアレコレを書いています。これが無いと、なんで太極拳?に繋がらないと思うのです。






まったくの手探り、バックパック一つ・トランク一つで地方都市にわたってからの16年間のお話です。

長期出張者若しくは長期滞在者の一時帰国にまつわる憂欝。

******************************


日本に帰って、しばらくのんびり・・・・・って思ったけど、日本語学校側の偽情報でビザを急遽取り直すことになり、いきなり最初の4日間が忙しくなる。

 洛陽に帰る数日前、地元の友達と飲んだ。ガッツンガッツン突っ込みいれられたり、とぐろを巻かれたり。

 日本の仕事のほうが安定してるし、給料もいい。将来を考えても日本にいるべきかもしれない。友達もたくさんいるし。でも、多分、僕は日本で仕事をしていると大陸に行きたくなると思う。なんだか物足りなくなると思う。だったら何年か後に行くより今やりたいのだ!僕はまだ外で戦いたいのだ。それに、今、洛陽にいる意義がある。また友達に会えなくなるのは辛いけど(プロレスが見れなくなるのも)、楽しさはこっちでも見つけられるのだ。

出発当日は、洛陽では生の牛肉が売っていないので、母ちゃんステーキ焼いてくれました。

『忘れ物無かったっけ・・・・・』
って思う。明日からまた中国なのになんか俺、ノンキなのかな・・・・・・・・

****************************
なんてのんきな。

当時の私に電話を掛ける事ができたら、さっさと日本に帰れと言いたい!

洛陽にも牛の生肉は売っています。が、一般のお店で扱うのは豚と鶏。
洛陽は地域性もあって、「回族」の集落で超新鮮で質の良い牛と羊を扱うので、当時の流通では一般スーパーや食肉店では扱っていなかったのである!

と言うのを知ったのは、数年前。

あの頃は、中国の受け入れ側も日本側も、ビザの管理についてキチンとした情報が整っていなかった。その上、ネットも一般的ではないし、通信手段はFaxと電話。必然的に齟齬がでます。

今ではSNS・電話・メールと便利な上、Web上に様々な情報があるので、当時の様なアナログでの手探りは無く、効率は良いと思います。

  効率はね。


さて、長期滞在者は年に一度、若しくは数年に一度、行政上の事等を理由に帰国し再手続等を行う事になります。そのタイミングで買い物をしたり、友人に会ったり、イベントに参加したり。

極力、そう言った楽しい時期に帰国できるように算段し、予定を立て、早めにチケットを買う。

2000年初頭頃はまだ「インターネット通販」のサービスが始まったばかりで、店頭買いが一般です。帰国すると家にモノがあると言う便利な状況ではない。必然、買い物デイと言うのが帰国時には存在します。

当時の購入する筆頭は 書籍 でした。現在の様に電子書籍は無かったので、あくまで紙。従って、運搬に苦労したのがコレだ。後は薬品類。

地域性もあると思いますが、駐在=現地での文化・流通のなかで生きる事になるので、日常生活で必須のモノは毎日の生活で困ったものを書き足していく事になります。

私の場合は調味料です。醤油はキッコーマンが時々店頭に出るので、販売と同時に大人買いでした。しかし、その他調味料・魚介を使った出汁になるものは日本から持ち込むしかない。あと、は御菓子。海外には日本人が好んで食べる味の御菓子は少ない。数か国動いて、当たり外れが無いのはポテトチップくらいです。

で、梅干し。

昔は海外に出ると無性に梅干しが食べたくなる。

と言う都市伝説があったのですが、私はほとんどなかった。
一方、持ってきて良かった!と思ったのは、インスタント味噌汁です。

基本の調味料さえあれば、現地の食材と香辛料の配合等ででなんとか工夫できます。

漬物は、たくあん、浅漬け、キムチ、野沢菜、からし菜等、洛陽時代に色々と身に着けました。
カレーも現地のスパイスで作るようになった。クリームシチューとかも。

しかし、御味噌汁とか、煮物の調味料だけは日本からのモノをカレンダーを睨みながら作っていた記憶があります。

海外在住の日本の友人を訪ねる時は、高い洋酒より、食材の方が喜ばれることがある、という事。


あと、海外に出る時は、何らかの日本の味が再現できると、強力な武器になるという事。

私、師のご家族、師兄弟、ボスのご家族等等に向け、色々な御食事を作ることが出来てとても助かったのです。

*****************************


太極拳に興味のある方は​
養芯会HP​まで御連絡ください。

東京・神奈川(藤沢)​での指導を行っています。初心者・経験者とも問題なしです。様々な他の太極拳経験者にもこれまでの技術を更に生かす講座を用意しました。

養芯会と私の太極拳の映像です。

太極拳は老若男女、体力の弱い強い、運動能力に関わらず、誰でも練習できます。

平たく言うと中国式の筋トレであり、健康体操です。練習するほど色々な事が出来るようになって楽しいですよ。







Last updated  2018.03.06 09:17:51
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.01
カテゴリ:海外生活
このブログは上海・東京・藤沢等で太極拳を指導する陳氏太極拳養芯会の塚本がぶつぶつ書いているものです。

現在、17年前、2001年・私が太極拳に関わった頃の事、中国河南洛陽での暮らしとアレコレを書いています。これが無いと、なんで太極拳?に繋がらないと思うのです。




まったくの手探り、バックパック一つ・トランク一つで地方都市にわたってからの16年間のお話です。

******************************
1993年頃からレポートで中国経済の発展性について研究を始め、数回の短期留学を名目にした経済研究を経て

  これからは中国が伸びる

と確信。でも、オコチャマだったので、自分がどの業界に突っ込んでいくかは考えていなかった。先ずは、仕事の勉強と思って日本でガリガリ働いたがどうやらブラックであったらしく、仕事のあれこれは勉強できたが

  スキルス性胃癌L4

を発症。その時、北京の友人達から起業の誘いを受けていたものの、キャンセル。と言うか、人生設計全て流れた。設計してなかったけど。

・・・・・・1年後の8月末に洛陽に降り立ったのですね。北京時代の友人の「友人」が外人教師を好待遇で迎えたいとの事で。

エリート校のはずが、地元でも有名なオギコボレ高校で、政府からの拠出金が弱い為、アメニティーなどもスカスカ。

速攻で退職の予定が、父兄や生徒から、まさかの要望を得て残留を決意。その後、日本語班が立ち上がる事になり、そのハンドリングを任された。

学内で更に落ちこぼれて、今にも退学なガキどもながら、昔の自分と重なってしまった為(自分は偏差値25だったのだ)、学習のやり方さえ理解すれば、逆転の可能性は高いと確信。

早朝と昼と夕方の補講を自主的に起こし、更に専用のテキストを作成。年間の教科書は北京に赴いて100冊近い教科書から2冊を選択し、出版社と交渉して人数分をかき集めた。

予想以上に子供達24人の理解力は早く、たかを括っていたが、「暗記の仕方」を知らない事に気が付かず、学年試験は惨敗。

他教師に 「馬鹿だから仕方ない、あんたはお飾りだから無理スンナ」

と言われて、あらためて戦略を練り直す事を決意。

この間に、太極拳の先生を探し、稽古を開始。学生や同僚、隣人達との交流の中で段々と洛陽の生活を楽しむようになった。

と、まあ、そんな感じです。

関係もシステムも全部一から手探りで構築していったので、現地の人の考え方、楽しみ、怒り、矛盾等を直接体感できた。これが後々の仕事や武術の修行に直結します。

外人向けのたてまえ、同国人・同郷人向けのたてまえ、
自分自身に対するたてまえ。

何らかの組織を背景にした長期出張では経験できなかった薄膜の向こうにずっといる事になる、最初の一歩であった。

・・・・・最終的に幼い頃からの夢の一つを実現するに至るのですが、その一方で大きく失ったものやら掴めなかった喜びも多々。

人生って~♪




・・・・・次回は、一時帰国者の憂鬱
         香菜が人生を変えた


*****************************


太極拳に興味のある方は​
養芯会HP​まで御連絡ください。

東京・神奈川(藤沢)​での指導を行っています。初心者・経験者とも問題なしです。様々な他の太極拳経験者にもこれまでの技術を更に生かす講座を用意しました。

養芯会と私の太極拳の映像です。

太極拳は老若男女、体力の弱い強い、運動能力に関わらず、誰でも練習できます。

平たく言うと中国式の筋トレであり、健康体操です。練習するほど色々な事が出来るようになって楽しいですよ。







Last updated  2018.03.01 10:11:14
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.26
カテゴリ:海外生活
このブログは上海・東京・藤沢等で太極拳を指導する陳氏太極拳養芯会の塚本がぶつぶつ書いているものです。

現在、17年前、2001年・私が太極拳に関わった頃の事、中国河南洛陽での暮らしとアレコレを書いています。これが無いと、なんで太極拳?に繋がらないと思うのです。




ちなみに、この写真は私のワンコ・カンスケさんがシャンプーしているところ。


さて、今回は当時のお風呂事情の続き、

   ヘル銭湯にブッコむの巻き。



まったくの手探り、バックパック一つ・トランク一つで地方都市にわたってからの16年間のお話です。

******************************


 『塚本、今日は中国の老百姓(一般市民って言う意味)が普通に使う銭湯に行くぜ』

って。風呂代は一人5元。脱衣場は兼休憩所になっていて、フル○ンのオッサンや子供(パンツはいてるヤツもいるが簡易ベッドの上でゴロゴロしながらテレビを見ている。ロッカーに服とを押し込んで風呂に向かう。

 風呂と廊下は分厚いビニールのカーテンで仕切られていて、中に入ると熱気と一緒になんとも不愉快なニオイが・・・・。

ま、なれましょ~


って思いつつ、シャワーを浴びる。チナミニ、中国の銭湯ではビニールのサンダルを履いたまま風呂に行くのだ。シャワーといってもペダルを踏むと上の水道管からお湯が『ジョロ~』って出てくるだけ。

で、軽く体を洗っていると・・・・・・隣のオヤジも、そのまた隣のオヤジも、子供も、『ジョロー』って小○してるのだ。



 “おい!ココは風呂だぞ、銭湯だぞ!”



って言おうと思って劉君を見たけど、やっぱり言うのを辞めました・・・・・・。劉君、オマエモカーーー






 その後、スチームサウナで劉君にその事を言うと大笑いした後、



『う~ん、ココは洛陽でも一番文化レベルの低い所だからしょうがないんだよね~。もっと良い銭湯だとああいう事はないよ』



(じゃぁオマエもすんなよ!)



って心の中で突っ込んでしまった。



 垢すりをしてもらうが、10日分の垢は凄まじく、“世の為人の為”もっと早く風呂に入るべきであったと反省した。

湯船は危険そうなので入らず、再度シャワーを浴びて休憩所へ。

休憩所でマッサージを受ける。ベッドは臭いし、おっさんはテレビ見ながらのマッサージをするのでなんとも雑な按摩で困った。


*****************************
当時の日記を読んで、なんてカオスなんだろうと。

ギリギリな記憶をたどると、端っこ、既に尿のたまり場?で小便をする奴もいれば、シャワー浴びながら盛大に放出している奴もいた。

当然、ニオイは色々混ざっている。湯舟は何か実験をする水槽の様になっていて、テレビの罰ゲームでもこれは人権にかかわる。

そう、厩舎で牛馬がお風呂に入る方が清潔であろうと思うくらいです。

サンダルが無ければ一撃で足の病気になりそうだし、サンダル自体も大丈夫か?と不安になった。


こんなところで暮らしていたなんて、今から思うとネタにはなったがもう無理!!

・・・・・・なのですが、おそらく、このレベルの風呂屋はもうなくなっていると思います。



*****************************


太極拳に興味のある方は​
養芯会HP​まで御連絡ください。

東京・神奈川(藤沢)​での指導を行っています。初心者・経験者とも問題なしです。様々な他の太極拳経験者にもこれまでの技術を更に生かす講座を用意しました。

養芯会と私の太極拳の映像です。

太極拳は老若男女、体力の弱い強い、運動能力に関わらず、誰でも練習できます。

平たく言うと中国式の筋トレであり、健康体操です。練習するほど色々な事が出来るようになって楽しいですよ。







Last updated  2018.02.26 09:41:56
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.23
カテゴリ:海外生活
このブログは上海・東京・藤沢等で太極拳を指導する陳氏太極拳養芯会の塚本がぶつぶつ書いているものです。

現在、17年前、2001年・私が太極拳に関わった頃の事、中国河南洛陽での暮らしとアレコレを書いています。これが無いと、なんで太極拳?に繋がらないと思うのです。




今回は当時のお風呂事情など

まったくの手探り、バックパック一つ・トランク一つで地方都市にわたってからの16年間のお話です。

******************************

さて、洛陽についたのは2001年の8月末。まだ暑い。
北京留学の経験があったので、取りあえずの冬支度はしていたので、その後はあったか下着と常にダウンジャケット着用で日常は乗り切った・・・・のですが。

問題は風呂です。

中国のお風呂事情と言うのが、1990年代に留学した時もさっぱり解らず、留学生寮のお湯が使える風呂場でシャワー等を使っていた。一般家庭などではどうするのか?とかは全く想定外だったのですね。

2001年から始まった中国生活では、私は常に外国人向けではなく、中国の庶民が暮らす部屋を中国の不動産屋さんで調べて入ってきたので、ちょっと普通の旅行や長期出張の人とは視点が違うかもしれない。

先ず、基本的に中国人は湯舟には浸からない。

ただし、泡躁 と言う言葉があって、それは湯舟に使って体を洗うという事らしい。実際、古代の金持ちや貴族は湯舟に入っていたようだし。

しかし、庶民の住宅事情では一般に湯舟は無かったし、あってもお湯が外に出ない様にするための設備として用いていたようです。実際、ユニットバスよりもガラス張りのシャワー設備が中流以上のマンションでは一般的に販売されていましたし。

元々、湯船につかる文化が「特殊なもの」なので、自宅に設備として使うという事は少ないみたいです。従って、入浴については〝洗躁”と言う表現、ずばり、身体を洗うと言う観点なのです。これが原因でシャワーも高温であったり保温と言う意味では

      冬場

に問題が出る。外人向けの上海の高級マンションで暮らしていてる人達の中にも、給湯・風呂についての不満は散見されてましたし。

・・・・・では2001年当時の洛陽では。

洛陽は地方都市ながら、改革開放前の中国の単位システム(街の区画に公共サービスを完備する)が点在しています。が、各区画でも経済力や重要度から設備の質に差が見られますし、その区画から外れていたりすると当然良いアメニティーは望めません。

私が暮らしていた区画は一応”政府認可の学校の関係者が暮らす”アパート群だったのですが、中央制御型のセントラルヒーティング等は無かった。

コンクリートの床と天井。壁はレンガと漆喰。

しかし、シャワー用の電熱給湯器のパワーは短時間ながら優れもので、保温に気を付けていれば、中々快適だったのです。



が、私としては ゆっくりお風呂につかりたい・・・・と言う気持ちと、中国の銭湯に行ってみたい、と言う好奇心が募り、職場の同僚に連れて行ってもらう事になりました。


そこで私はカオスを見た。洛陽Hell銭湯は次回に続く。

******************************
太極拳に興味のある方は​養芯会HP​まで御連絡ください。

東京・神奈川(藤沢)​での指導を行っています。初心者・経験者とも問題なしです。様々な他の太極拳経験者にもこれまでの技術を更に生かす講座を用意しました。

養芯会と私の太極拳の映像です。

太極拳は老若男女、体力の弱い強い、運動能力に関わらず、誰でも練習できます。

平たく言うと中国式の筋トレであり、健康体操です。練習するほど色々な事が出来るようになって楽しいですよ。








Last updated  2018.02.23 12:15:03
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.21
カテゴリ:海外生活
このブログは上海・東京・藤沢等で太極拳を指導する陳氏太極拳養芯会の塚本がぶつぶつ書いているものです。

現在、17年前、2001年・私が太極拳に関わった頃の事、中国河南洛陽での暮らしとアレコレを書いています。これが無いと、なんで太極拳?に繋がらないと思うのです。






今回は、洛陽の庶民のあさごはんについて。


まったくの手探り、バックパック一つ・トランク一つで地方都市にわたってからの16年間のお話です。

******************************

中国の朝ごはん。

私は仕事で東西南北、色々なところを訪れて確信!

朝ごはんはどこも大体同じ。

ルーツは間違いなく河洛地帯。この辺で生まれた文化が各地の王族の支配地域に伝播、更に始皇帝の打ち出した中央集権政策で・・・・

以下略

さて、中国の朝ごはんですが、だいたい皆さん、外で食べます。
ケータリング、と言う感じ。

地下鉄駅前、主要ロータリーのあるバス停、学校や公共施設のそば

これらの地点に肉まん屋さん、おかゆ屋さん、等等の朝のお店が出店します。屋台もあれば、レストランを間借りする場合もある。

中国では肉まんは朝ごはん若しくは軽食として食べます。
日本の肉まんは種類が豊富ですが、中国の肉まんも相当沢山の種類がある。

肉まん屋と書いていますが、中国では

    蒸した小麦粉のパン屋さん

と言うのが正しいイメージです。

種類は

肉まん・・豚肉入りのオーソドックスな
野菜まん・・青梗菜とシイタケなど
大根まん・・大根と人参
あんまん・・あずきアンコ入り
春雨まん・・はるさめが入っている
タケノコまん・・たけのこ

饅頭・・・中には何も入っていない蒸しパン
黒い饅頭・・・食べたことないので不明
花巻・・・分葱のみじん切りを散りばめて蒸した饅頭

焼売・・・シュウマイ形状だが、中身は味付きのもち米

茶葉卵・・・茶葉と薬草と醤油で味付けした煮卵

豆乳
おかゆ・・・五穀がゆ、緑当、いろいろあるが甘いのが特徴
豆腐脳・・・・絹ごしより更にトロトロな豆腐のスープ

上記の「蒸しパン屋」にはだいたいこの位のメニューがあって、通勤通学の忙しい皆さん、めいめいに買っては目的地へと急ぎます。

美味しいお店には人だかりができて、パッとしないところはチラホラ。

養芯会の研修地である洛陽の武術館近くも大体同じような感じです。

他の地域とちょっと違うのが



おかわり連発で、店の人も驚き。養芯会は食欲が凄いのだ。
左から二番目の爺さんが私の師父・鄭旭東。



幹部の皆さん、朝ごはんの最中に打ち合わせ。
農村ど真ん中で何故日本人が?と最初は驚かれてましたが。



洛陽人の食の好みです。

洛陽人・・・・中原は乾燥しているうえに黄河のほとり。春夏秋冬の気候の変化が緩やかには変わらず 春!夏!秋!冬!と言う感じで変わります。

おそらく、これが原因で、朝は体調を整えやすい食材や香辛料を使った調理方法が伝統的に多いようです。

他の地域と中原一帯が極端に違う朝食が

  スープ料理

です。スープの解説はとても長くなるので、これは別の機会に。



大急ぎでスープご飯を食べる面々。気温は既に30度を突破。




******************************
太極拳に興味のある方は​養芯会HP​まで御連絡ください。

東京・神奈川(藤沢)​での指導を行っています。初心者・経験者とも問題なしです。様々な他の太極拳経験者にもこれまでの技術を更に生かす講座を用意しました。

養芯会と私の太極拳の映像です。

太極拳は老若男女、体力の弱い強い、運動能力に関わらず、誰でも練習できます。

平たく言うと中国式の筋トレであり、健康体操です。練習するほど色々な事が出来るようになって楽しいですよ。
 









Last updated  2018.02.21 09:28:30
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.19
カテゴリ:海外生活
このブログは上海・東京・藤沢等で太極拳を指導する陳氏太極拳養芯会の塚本がぶつぶつ書いているものです。

現在、17年前、2001年・私が太極拳に関わった頃の事、中国河南洛陽での暮らしとアレコレを書いています。これが無いと、なんで太極拳?に繋がらないと思うのです。


今回は、例のシャワーを使う事と、マラソンの応援、

それから、洛陽の庶民のあさごはんについて。


まったくの手探り、バックパック一つ・トランク一つで地方都市にわたってからの16年間のお話です。







******************************


1月3日
 さみしい大晦日を痛々しくクリアーして、既に今日は正月3賀日最後の日。

 1月1日は、10日ぶりに風呂に行った。って言うか、10日ぶりに体を洗った。11月から小覇王やら学校の小事やらで、風邪をシッカリ直す時間も無く、終いには先週ギックリ腰まで併発し、31日の舞台では直前までほとんど声が出ない状態だったので、風呂どころではなかったのだ。
 僕の部屋にはモチロン風呂がある。でも、アジア式(和式って事)のトイレと一緒の部屋でしかもシャワーのみ。一応ユニットバスなのか??なので、少しも気持ちよく無いのだ。日本に帰ったらツムラの入浴剤入れたお風呂で週間ゴング読みながらノンビリする! 地元の友達と銭湯に行く!

 早く帰りたいよ~


 
 先ず、朝は洛陽市が20年の伝統を誇る元日市民マラソンを見に行った。って言うより生徒の応援に行く。参加する生徒の中に、僕ととても仲の良い生徒が出るので疲れてるのにワザワザ早起きをしたのだ。

黄色い服ジャンパーの生徒が僕と仲良し。
チナミニ、プロレスファン。小橋健太のファンらしい。

 僕の学校からは参加希望者が男女合わせて30人ほど。引率に来たのは体育の先生と校長・書記・運転手だけ。他の先生はチョッと冷たいね。なんでも、このマラソンの参加者は学生・老人・障害者等等、合わせて2万人(タブン大げさ)が走るのだそうな。生徒が準備運動してる間に、校長は帰ってしまった。まぁ、激励に来るだけ良いヤツだ。


で、残りのセンセイと僕は朝ごはんを食べに路上の食堂へ。



 初めて駱駝の肉を食べる。感想を言うほどおいしい肉ではないし、マズイ肉ってわけでもない。駱駝肉のスパイシーなスープ。その上に中国風のクレープを薄切りにしたヤツを浸して麺のように食べる。この食べ方はナカナカおいしい。








 食べ終わって戻るともう学生達はスタートしていた。丁度、入れ替わるように内の女子学生がゴールしてきた。人数が多いからスタートが分けられているのだ。学生に豆乳をおごってもらった。写真を撮った後、速攻で帰った。なにせ、部屋にエアコンの修理が来るのだ。
 エアコンの修理が終わってから、今度は漬物作り。29日に漬けた白菜漬けが“塩喰ってるみたい”な失敗作だったので、速攻作り直したのだ。 そのほか、細々した整理をして、劉君と公衆浴場へ。

******************************

そもそも、私もこの時マラソンの応援なんぞいく必要は無いのですが、生徒のやる気を引き出すには・・・と思って出向いたのです。

なんていいやつだ!

でも、仲の良い生徒、と言う感覚を持っている時点で甘ちゃんだと、今は思います。

さて、次回は中国の朝ごはん事情と、洛陽での場合 について。

その次は 大衆浴場でカオスを見た。


******************************
太極拳に興味のある方は​養芯会HP​まで御連絡ください。

東京・神奈川(藤沢)​での指導を行っています。初心者・経験者とも問題なしです。様々な他の太極拳経験者にもこれまでの技術を更に生かす講座を用意しました。

養芯会と私の太極拳の映像です。

太極拳は老若男女、体力の弱い強い、運動能力に関わらず、誰でも練習できます。

平たく言うと中国式の筋トレであり、健康体操です。練習するほど色々な事が出来るようになって楽しいですよ。






Last updated  2018.02.19 09:21:50
コメント(0) | コメントを書く

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.