381326 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

陳氏太極拳、と、そんな生活

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

六本木心中

2007.09.23
XML
カテゴリ:六本木心中
のみすぎました、

海外での飲みすぎは危険です。

凄く会場が盛り上がっていた事を記憶していますが、

最初のビール一杯で記憶が・・・・・

俺、弱すぎっ!!!


その後、バンドのライブを見に行きました。

凄く盛り上がっていた記憶が・・・・・・・






Last updated  2007.09.23 11:41:38
コメント(4) | コメントを書く


2007.06.06
カテゴリ:六本木心中
どうにもこうにも。

俺は基本的に夜が苦手。

どちらかと言うと朝、沢山の物事を済ませて、
夜はさっさと寝たい。

まあ、寝たくても突然の別件の為書類作ったり
する事も多々ありますが。


anlong

写真は日曜昼間の安龍路・仙霧路交差点。
この交差点を起点にカラオケ屋さんが沢山。
新しく 天上の人間 だか言う風の店が出来たり。
そんなわけで、夜になるとキラキラします。
水橋路とここはそういった(俺)イメージ。

でも、休日の昼間はちょっと様子が変わる。

ファミリー系のお客さん達で賑わうのだ。
例えば、交差点には結構繁盛している鍋屋サン、
ナカナカの小龍蝦の店、広州料理の店、
四川の店、などなどなどなど。

ついでに、この写真は長寧区文化センターの
階段から撮影。
本日は美術展覧会と株式の公開って言う二つの
イベントがあって、珍しく沢山の人が施設に
訪れていました。







Last updated  2007.06.06 09:24:00
コメント(0) | コメントを書く
2007.06.01
カテゴリ:六本木心中
一昨日、誰をお誘いしても全員空振り。
6人誘って全員先約若しくはお仕事です。
仕方が無いので、初めて単騎にて華やかなお店に行きました。

俺が驚いたのは、独りで行ってもサービスは一緒だったこと。

やはり、行って良かったです・・・・・・
って、仕事の面です。
だって、俺、本当に夜の接待の仕組みを理解していないから
何時も人任せだったんだもん。

まあ、そう言うことで。

その日はもちろん早く帰った。10時に家に着きました。
水割りも、大匙一杯のウィスキーなので
酔うことも無く。モチロン、ボトルの量にほとんど変化無し。
早寝早起き。


翌日は午前中から打ち合わせ予定の会社を訪ねた。
・・・・っていってもそこの社長様ですが私の友達でもありまして。
その社長様、ダイブン疲れが溜まっているのと、当日の緊急事態勃発で
打合せもそこそにお昼を食べに行く事に。
・・・・うう、中国での仕事はタイヘンですね。

昼食は明治屋さんでカレーを食べました。
お連れの方は

okosama

お子様ランチ でした。ウサギさん、目が取れてます。


それから、私は一旦自宅に戻って、幾つかの資料を確認、電話を
掛けて、当日のお仕事終了。

夜は東北人→サルサクラブ のコースでした。
皆さん踊るのがとてもお上手です。

サルサもついぞ踊っていないので、感覚が微妙でした。
それと、10時を過ぎていたので眠くて眠くて。

上海人はどうしてこうも夜遊びでエネルギー全開なのだろう。


どちらにしても、2日連続の夜上海。4日連続の外食。
中国に来て初体験です。






Last updated  2007.06.01 12:06:00
コメント(4) | コメントを書く
2007.05.28
カテゴリ:六本木心中
昔からの弱点。

華やかな世界です。ま、しょうがないです。こんな容姿なので。

でもですねぇ、その分、興味アリアリなのです。


・・・・・が、武術家を名乗る限り、強かろうが弱かろうが
その先を求めて日々練習が中心です。実際現状、マダマダ弱いので。
仕事に差し支えないようにするには、朝、昼、夜、時間をしっかり
見極めて練習。仕事の合間を縫って練習。

以前の彼女に

『あんたの人生、面白いの? 坊さんみたいよ』


と、言われましたが、


ほっといてくれよっ!! 大体、俺は坊主だ。・・・・頭がね。


まあ、今月の練習を経て急激な体力の回復が見られました。
おかげさまで興味の方も急激に~

華やかな世界も見てみたいなあ~と思ったのです。
いや、仕事の為!!!仕事の為です!!!!!
・・・・実際、そう言うお店が判らないとお付き合いで
大失敗をしでかします。



そして、以前行った事のあるお店のお姐さんに
相談しようと思いました。

固まりました。電話番号が全部消えています。

何かの呪いか???

おかげで、友達の番号もミンナ無い。


困ってしまいました。しょうがないので太極拳を練習です。

華のある世界はいまだに遠そうです。






Last updated  2007.05.28 10:25:39
コメント(2) | コメントを書く
2007.05.21
カテゴリ:六本木心中
って、前回日本に帰った時、おばにアンルイスのCDを借りて、

    カッコイイ

と、思ったのが始まり。恋愛ネタのカッコイイ曲ですね。


昨日の宴席。またしても記憶が断片的。


先ほどまで、別の人の上海生活系ブログを覗いていて、ふと
思い出したのです。昨日の会話。






『付き合うに当たって、日本女性と中国女性、どうちがう?
 やっぱり、日本人の方がいい??』



  断然、日本女性が良いです!!!!!!



私、日本、中国、韓国、・・・・・留学経験のある人が
通過するパターンですが、イロイロ接して思うのが、

文化的に近いほど、生活習慣が近いほど、クダラナイ誤解が
生まれないって事。


こっちが、どんなに相手の事を思って行動したとしても、
同じ国の人同士でも誤解が生まれるのが、しかも外国語を話し
表現の仕方が若干違っただけで、ボタンの掛け違いが生まれる。


ホノカナ恋の時は宜しいのですが、ディープな愛になると、

マジでぶった切られそうな事件が多々発生・・・・


それと、日本女性の心配り、気働き。なかなか真似の出来ない
特性だとシミジミ感じます。



それから、俺が見てきた感覚。


うわべだけの気配り『愛の言葉』やら習慣的で負担の無い『プレゼント』
これが苦手ってだけで、別に薄情なわけでも、責任感が薄いわけでもない。
日本の男は日本のメディアが表現する様なヘタレじゃ無いって事。
ナカナカ素敵な存在だって事。


・・・・・・の1人、暗黒寺に素敵な話が少ないのは何故だ。






Last updated  2007.05.21 19:31:56
コメント(2) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.