052375 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

きっとどこかの物語

PR

Profile


祖神 禮

Favorite Blog

電車の来ない三番ホ… 黒劉犀さん
non title ta-kaseさん
桜花翔空 悠璃6257さん
☆.。.:*・゚We WILL~あ… □■ぁずさ&Exile■□さん
世の中のおかしな事… 斬り男!さん

Freepage List

Language lost the meaning.




人間みんないつかは死んでいくのに


次へ渡すために歴史を残していく


でも一番 渡さなくちゃいけないのは 命なはず


自然を守ってください。


-自然保持呼びかけ-
2008.05.06
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
どうにもならない


どうにも鳴らない鐘が
吹く緩やかな風にもベルを揺らさない
本体に呼応しているかのように
中のベルを揺らさない

どうにも鳴らないので
諦めて鐘台から遠ざかってみた
遠くに遠くに行って鐘など忘れようとした
しかし僕はまだ
その鐘を鳴らしてみたかった

遠くにいく程その思いは高まり
耐え切れなくなったと確信したときに
もう足はせわしく地面を蹴っていた
何日も何年でもいい
時間など惜しまない
あの鐘に僕はもどった

見慣れた風景
懐かしい風の感触
僕はあの鐘台の下まできていた
鳴らしたい
お前をどうにも鳴らしたい
その音を聴きたい
思いは風になるとどこかで聞いた
一陣の猛烈な風が吹きつけ鐘をめちゃくちゃに揺らした
はじめて聴く高い音が響いた
鐘の大きさに比べ
とても盛大とはいえない音だった
不恰好で心に響くような音ではなかった
けれど僕の心は躍っていた
どうやらあの鐘は
どうにも鳴ったらしいのだ






Last updated  2008.05.06 12:56:43



© Rakuten Group, Inc.