000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

徒然なるままに・・・

PR

お気に入りブログ

まだ登録されていません

プロフィール


raywave

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

楽天カード

カレンダー

コメント新着

raywave@ Re:おつかれさまでした(09/08) さなたろうさん >遠い所、ありがとうご…
さなたろう@ おつかれさまでした 遠い所、ありがとうございました! 楽し…
raywave@ りんごの花333さんへ いいネーミングですね。 『影のマスター…
りんごの花333@ わたしも・・・ そろそろ名刺作らなくちゃいけないんだけ…
raywave@ Re:瞑想(08/27) さなたろうさん >今、私の中でも大きな…

ニューストピックス

2007年10月16日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

ここから 話を進めるにあたり

私の生い立ちについて少し触れていこうと思う。

私の両親は 私が1歳の頃に離婚している。

母が家を出て すぐに 祖父と折り合いの悪かった父も家を出た。

そして 物心がついた私は 祖父の事を『お父さん』祖母を『お母さん』と言って育った。

そう呼ぶ事で 自分の居場所を作っていたのかもしれない。

その祖父が 専業ではないものの 『神職』についていた。

家には六畳間を半分ぶっ潰すほどの 巨大な神棚があり、

今思えば 住宅事情の悪かった我が家で ありえん大きさではあった。

それだけ 祖父がエネルギーを傾けていたのだろう。

中学生になると その神棚の前で 私は寝起きしていた。

 『いけにえ』じゃん! っていつも笑ってた。

その祖父が建てたお塚が 京都の伏見稲荷の有名な千本鳥居を抜け 

奥の院のまだ上の 『青木が滝』 というところにある。

半年前位から やたら伏見稲荷に行きたくなっていた。

4月、主人と主人の両親と犬のらいを連れ 伏見稲荷に向ったのだが

奥の院までは行けたのだが そこから先には 結局行けなかった。

ある人に話したら 『足止めされちゃったね。』との事だ。

その後、叔母(祖父の娘)に話したら

速攻 『じゃー 行こう!』 とふたつ返事をしてくれたので約束はしたものの

結局 ふた月ほどの時間が流れてしまう。

叔母と約束した当日、京都の天気予報は 雨

それでも この日を逃すと また行けなくなる と叔母が言ってくれたので

叔父の運転で車一路 京都へ

京都に到着すると やはり雨

この日は なぜか デジカメで写真を撮ろう と思っていた。

犬のブログをしてるので 犬がいる時には カメラ持参なのだが

いない時には 持っていたためしがない。

その時に 撮った何枚かの写真に『オーブ』と呼ばれる モノが写っていた。

 

 

 

・・・つづく・・・

 

 

 







最終更新日  2007年10月16日 14時29分39秒



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.