332071 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

陸上競技をおおいに楽しもう!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ためすえくん

Calendar

Favorite Blog

KAZNY オランダ日記 KAZNYさん
FAM. FREJ OF STOC… Frejaさん
たけぞうわるあがき たけぞう1959さん
 ブログ版・一杯の… eco-windさん
最速への道 スプリンター56さん

Comments

Freja@ Re:日本選手権陸上を観戦して(06/29) オリンピック楽しみですね。 ロンドンは…
ためすえくん@ Re[1]:アジア大会を予想してみると !!(11/19) KAZNYさん >ヨーロッパでは陸上競技はと…
KAZNY@ Re:アジア大会を予想してみると !!(11/19) ヨーロッパでは陸上競技はとっくにシーズ…
ためすえくん@ Re[1]:アジア大会を予想してみると !!(11/19) Frejaさん >アジア大会が今開催さ…
Freja@ Re:アジア大会を予想してみると !!(11/19) アジア大会が今開催されているとはちっと…

Freepage List

Rakuten Ranking

Headline News

2007.11.27
XML
カテゴリ:陸上競技
1978年の第32回福岡国際マラソン大会で中村監督と喜び合う 

瀬古利彦選手(早稲田大3年時)



   『 瀬古利彦選手の喜び(~感涙)の出来事 』 その1


瀬古利彦選手は中学校時代は野球部に所属していましたが,校内マラソン大会で優勝し,陸上

部の応援出場に狩り出されました。(三重の中学1年生のとき---1969年)これがきっか

けで本格的に陸上競技を始めたようです。


そこで引退(1988年のソウル五輪~国際千葉駅伝)までの20年間が陸上競技の選手生活

だったようです。


1. 【 高校2~3年生時代は全身でガッツポーズのゴール 】


高校時代(1972年~1974年の四日市工高)での8月のIHでの活躍は眼を見張る活躍

ぶりでした。

1年生のときには800mで3位に,2年生では1500m,800m(この順に出場)では

2冠を達成しました。スピードに自信があるので,ほとんど前の方に付きあと100m(~1

50m)でスパートしての勝利が確実なレースをしていました。

3年生では1500m,5000mだけ2位,800m(この順に出場)では三冠に挑戦しま

したが,5000mは後にSB食品で同僚になった中村孝生選手の3000mからの超ロング

スパートに20mほど追いつかず,大変惜しいことをしました。

自身がレースの作戦を失敗したことを後で悔しがったそうです。


当時の瀬古選手は,常に勝負に徹したレースをしていました。1,500mでの優勝時(タイ

ムは4’数秒かかり,遅かった)には,こぶしを握り,両手を力強く挙げてっ眼をつぶっての

懸命なゴールシーンでしたが。まさに若さ溢れる歓喜の表情をそのままの表れでしょうか。



2. 【 福岡国際マラソンで涙の初優勝 】


その後,1年間の私費での留学生生活では,アメリカの中距離選手のスピードをみて,本格的

な長距離選手を目指すことになります。

早稲田大に入学してからの瀬古選手は中村清監督の公私における援助と指導で「 マラソン中

心の選手生活」を送ることになります。


福岡国際マラソンは初回が1977年(2年生)でしたが,35km以降に追い上げるレース

で5位に入賞しました。これでマラソン界へのめどが立ったレースだと思われました。

1978年(3年生)には,外国の強豪---モントリオール金メダルのチェルピンスキー(東

ドイツ)(後にモスクワでも優勝し2連覇)などを相手に,36km過ぎで先行していた宗茂

(旭化成)(2月の別府大分で2.9’5”6の世界歴代2位を記録)を抜き去り,そのまま

ゴールしました。ゴール後に待っていた恩師の中村監督と感涙にむせびながらも,喜びの抱擁

をしました。


中村監督はこう言っています。(このときは,周囲のマラソンをできる状況が厳しかったとの

ようです。)

「 自分のために泣かない。私のために涙を流し続けたのです。」と。

瀬古選手の中村監督との(マラソン漬けの)二人三脚の生活は,このマラソンでの優勝で一層

強くなったといわれています。




次回は《 その2 》をお伝えできたらと思います。








Last updated  2007.11.27 23:14:19
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.